「ほっ」と。キャンペーン
カテゴリ:やっこのプロフィール( 1 )
やっこと家族のプロフィール
 
  家族構成 ♪ 

やっこ 日本人 岐阜県は飛騨生まれ、育ち 何とか60年代生まれ)
マイケル スコットランド人 ダンディー生まれ、育ち やっこより1歳年下)
ノーマン ビーグル犬 岐阜県は飛騨生まれ、育ち 多分2001年生まれ)

    ************ やっこ とは? ***********

    飛騨の看護学校を卒業後、看護婦として5年勤めるも、
    このまま結婚してみ良いかな?と思いかけている頃に、
    彼氏からの一言 “なんか、自分の夢とか、ないの?”
    で、目が覚めた。
    
    そう言えば、夢があった!外国に長期で住みたい、
    英語が喋られるようになりたい、って夢が!!!
    で、数ヵ月後には日本脱出、オーストラリアはメルボルンへ。
    そこで、運命の出会いが待ち受ける!!マイケルとの出会い!!                  
    オーストラリアからマイケルと2人で日本に帰り、
    1997年に結婚、式はしなかったが家族だけのパーティーに感激!
    新婚旅行は、昔から忘れられない思い出のある穂高岳へ。
    京都にて1年半過ごした後、99年、スコットランドへ移住。
    スコットランドはエディンバラにて、
    最初の1年半は、メインストリートのホテルのレストランにて
    ウエイトレスとして働き、日本人団体客などと接する。
    その後、日系会社のアドミニとして採用され、
    1年半を念願の会社勤めする。          
    3年間をスコットランドで過した後、
    日本でのワールドカップのチケットをゲッツしたのを機に、
    というか、実は、私のホームシックがきつかったこともあり、
    2002年、マイケルと2人で日本へ移住。

    思い出の詰まった、飛騨に住み、更に愛する思い出一杯の
    病院に再就職して、愛しい人々と再会、楽しい日々を過す。

    2003年1月、(推定1歳半)のノーマンが我が家に仲間入りする。

    ノーマンとの生活が始まり、生き物に対する愛情がとても強くなり、
    ハエもゴキブリも、生きている者は皆、愛しいとさえ思うようになる。
    人に押し付けるのではなく、自分への約束、契りとして、
    2003年10月1日、旅行中のアメリカはヨセミテにて
    ヴェジタリアンになる。

    楽しい日本での生活ではあったが、マイケルが自国に帰りたがり、
    2年間の凝縮した日本での滞在を終えて、
    2004年6月、ノーマンと共に、飛行機でスコットランドに戻ってくる。 

現在、2005年11月より、
    動物病院の看護婦としてスコットランドで奮闘中!!!

    2006年の3月、37歳の誕生日に、
    動物素材を一切生活に取り入れない生活(Vegan ヴィーガン)を
    決意し、色々、奮闘しながら現在に至る。


 “ ここでは、結構、隠し事をせずに思っていることや、
    抱えている思い出などをぼろぼろ落とすと思います。
     そういったものが結局は私を形作っているわけで、
      忘れられない思い出、特に、ある人と私が過した貴重な日々は、
       今でも私の生活の中の大きな大きな心のせせらぎの如く、
      さらさら、さらさら、流れ続けています。
        そんな身勝手な思いや思い出も含めて、
        正直な私と、今、目の前にある大切な人、
     そしてノーマンとのこと、綴って行きたいと思います。”       

c0027188_5123970.jpg

           マイケル と やっこ 2005年 
by yayoitt | 2004-06-25 04:34 | やっこのプロフィール | Comments(14)