カテゴリ:スコットランドって...( 134 )
スコットランドの幻獣、ケルピーに会いに行く
スコットランドには、昔から伝わる幻獣がいる。

それは、ケルピーと呼ばれる、水の中にも住める馬だ。
c0027188_337982.jpg

忙しい週の終わり、週末の土曜、マイケルのお父さんがやって来た。

彼の運転で、ケルピーに会いに行くことに。

エジンバラから車で20分ほど …

Falkirk(フォルカーク)という町に、そのケルピーが佇んでいる

高さ30メートル、重さがそれぞれ、300トンを超える …

Duke(デューク)と Baron(バロン)。
c0027188_3475486.jpg

俯いているのがデューク、空を仰いでいるのがバロンだ。
c0027188_3484363.jpg

この広大な公園内は、犬を連れてくることができる。
c0027188_3495541.jpg

週末の家族連れに、犬との散歩を兼ねた人々。
c0027188_350236.jpg

幻獣の前で、最初のチーズは父と息子。
c0027188_405947.jpg

そして、父は、息子の可愛い嫁とチーズ、ギューっっ。053.gif
c0027188_42734.jpg

写真で、テレビで、何度も見ていたケルピーだけれど …
c0027188_431758.jpg

実際に目の当たりにすると、とても圧倒されるし感動する。
c0027188_433464.jpg

私は、どうしてだかわからないけれど …
c0027188_463136.jpg

サイズ的に大きな彫刻とかを見ると、気分が悪くなったり、不安に駆られる。
c0027188_465259.jpg

太陽の塔など、近付くのも苦手である。
c0027188_471739.jpg

けれど、このケルピーには、ただただ、感動させられた。
c0027188_473655.jpg

多くの人々が集う理由が、よくわかる。
c0027188_482723.jpg

犬が走り回る空間が、心地良い。
c0027188_485097.jpg

敷地の外側を、小河が流れ、ボートが停留している。
c0027188_493850.jpg

幾つかあるお土産屋さんに入って …

例のごとくのファッションショー。
c0027188_4105994.jpg

シャーロックホルムズになったつもりの、父と息子。
c0027188_4114252.jpg

私は普通に いえ、私、女優ですけど?  
c0027188_4124214.jpg

そして、お別れ際に

デュークとひそひそ話をするマイケル。
c0027188_41339100.jpg

私は、鼻先にキスを。
c0027188_414896.jpg

鼻を持ち上げようとしたけれど、ちょっと失敗。
c0027188_4145191.jpg

ケルピーたちよ、遊んでくれてありがとう。

ここは是非、スコットランドを旅行に訪れた人々にも行ってもらいたい。

そんな、嬉しい土曜の午後。
by yayoitt | 2016-04-23 01:18 | スコットランドって... | Comments(2)
あるバスの中での、白黒ドットな光景
ある仕事からの帰り道。

いつものバスの中。
c0027188_434082.jpg

こんな乗客が乗ってくると、私はワクワクして嬉しい。
c0027188_4334489.jpg

この乗客は、バスに乗り慣れていないらしくて …
c0027188_4332925.jpg

ちょっと緊張/興奮気味。
c0027188_4341555.jpg

愛しの、乗客さん。
by yayoitt | 2016-04-15 04:26 | スコットランドって... | Comments(2)
雑踏の中で
車が忙しく我先にと行き交う

人々が小さな機器を見つめて歩いている

足の裏が踏みつけるのは、土ではなく人工のアスファルト

聞こえるのは、やはり人工的な音ばかり

見上げる空

両手で丸を作って覗くときだけ

人の気配のない、人が関わったもののない、空が見える

すべての感覚から入ってくる情報は、人工的で

本当の意味の自然は、いったい、どこに存在するのだろうか

果たして、存在するのだろうか

渡る石橋の下の川辺に佇む鳥に

哀しいほどの愛しさを感じる

c0027188_40246.jpg

by yayoitt | 2016-04-04 03:30 | スコットランドって... | Comments(8)
ある朝が焼けて
開け放したままのカーテン。

そこから差し込む朝の光が、赤かった。
c0027188_0535546.jpg

朝焼けは、雨が降る兆候。

濡れても良い生地の靴を選ぶ。
c0027188_0541119.jpg

傘は …

フードがあるから、大丈夫。
c0027188_0542641.jpg

真っ赤な空を見ながら、少しだけ計画を立てる。

そんな
c0027188_0544727.jpg

慌ただしくても、燃えるような美しい色に魅了される朝。
by yayoitt | 2016-04-02 00:48 | スコットランドって... | Comments(2)
ある春の夜の、帰り道
寒さは残っていながらも、エジンバラなりに春らしくなって来た …

この頃。

仕事の帰り道に、バス停数個分、前にバスを下りて。

歩いてみる。
c0027188_5152835.jpg

すると、月夜。

鼻歌、自然と出てきて。

それが、ユーミンだったりすると …
c0027188_5154828.jpg

幸せな気分になるもの。

 春よ 遠い春よ

 まぶた閉じれば そこに

 愛をくれし君の 懐かしき声がする

c0027188_5161171.jpg

春が来た

やっとで来た







 
by yayoitt | 2016-03-23 04:34 | スコットランドって... | Comments(4)
春らしさは、これで知る
とにかく、長かった。

毎年のように、思うのだけれど、長かった。

暗く、寒い、じめじめの冬 …。

寒いのは冬だし、飛騨で鍛えられているから、仕方ないって思うけど。

この、エジンバラの 冬の暗さ が、もう~堪えるのである。

朝、仕事に行く7時頃、真っ暗で。

仕事から帰って来る6時頃、真っ暗で。

日中の明るい時間は9時から4時くらいまでと短くて。

しかも、いつも曇り空だから太陽の光を見ないまま、数ヶ月。

 これは、身体に悪いわ

と確信する。

ここ2週間ほどだけれども、日の長さを感じるようになってきた。

朝の7時はまだ、ほぼ、暗いままだけど。

仕事帰り、バスに乗る頃まではまだ、明るさが残っている。
c0027188_4171777.jpg

バスの中の明るさが、外の暗さに反映して、えらく、てらてらして見えない。
c0027188_4181795.jpg

 わぁ~ これって もしかして …

バスを降りて、家の向かいの公園を歩きながら感じる。
c0027188_419183.jpg

 6時をだいぶ過ぎてるのに、こんな感じって ...
c0027188_4202994.jpg

 いやっほう~ いやっほう~


アロットメント(市営の借畑)も、既に人々が仕事した痕跡があり。
c0027188_420313.jpg

 待ってたよ~ 待ってたよ~ はりっほう~~っっ ♪

と、不気味な不明言語で歌う声も高らかになり。

思わず、スキップしてしまうのである。
c0027188_4233139.jpg

春が到来したらしいから。

そう、春らしさは、日の長さで知るのである。
by yayoitt | 2016-03-10 04:07 | スコットランドって... | Comments(4)
年中、おばけ
たしか

去年のハロウィーンの夜に現れた …

その幽霊。

それからずっと、その場所を離れずにいる。

そして、こっちをずっと見てる。

身動きひとつせず …

ずっと

ずっと。

c0027188_575235.jpg


今夜も、バスを降りて家までの数分 …

こんばんは。
by yayoitt | 2015-11-03 05:05 | スコットランドって... | Comments(0)
午後から雨になる …
早朝。

そういう天気の予報。

c0027188_234390.jpg


朝焼けは、雨が来るという。
by yayoitt | 2015-10-31 02:31 | スコットランドって... | Comments(8)
秋の深まり 
短く寒い夏が、それなりに幕を閉じると

するりと入れ替わる、秋の気配。
c0027188_5385531.jpg

秋の気配は、感じたらあっという間に深まる。
c0027188_5354578.jpg

そして、ながく暗い、寒い晩秋、冬へと滑り落ちる感じである。

ノーマンと散歩の時に、いつも歩いた道。
c0027188_5363357.jpg

枯れて湿った葉たちを踏みしめる午後 …

私が向かうのは …
c0027188_5373954.jpg

この子に会うため。

ご主人が1週間のホリデーで留守の間、彼に会いに。

甘えん坊なのに、突然、猫パンチしてくる可愛い子。

そんな、忙しいけど心ウキウキする週。
by yayoitt | 2015-10-30 05:31 | スコットランドって... | Comments(0)
The wee shop
スコットランド方言で

小さい の意味で wee というのがある。

これは、実に良く広く使われている。

発音は we(私たち の意の)と同じ。

ウィーである。

ほんの少し Just a little bit の代わりに

ほんの少し Just a wee bit とか

ちっちゃい子 small one の代わりに wee one とか。

普通に、よく使う。

最近、私が勤める動物病院の近所に The wee shop が再オープンした。
c0027188_2364377.jpg

何十年も前にあったこの店、この町の人々の熱意でもって再び現実となった。
c0027188_23727.jpg

ベイカリーとケーキが売られているらしい。
c0027188_2371628.jpg
 
名前も響きも、そして、見た感じも、なんか、とっても良いな。
c0027188_2373130.jpg

by yayoitt | 2015-10-17 02:27 | スコットランドって... | Comments(6)