猫のコーキーとご主人

元動物病院のクライエンツで、今は友人付き合いをしているステラ


愛するトビーにお別れを告げてから8ヶ月。

彼女には、一緒に暮らしている2猫がいる。

彼女のご近所さんたちの多くが、犬や猫と暮らしている。

とても友好的で、動物のことを愛する人々が集まって。

c0027188_04190728.jpg

理想的な素敵なご近所さんなのである。

お向かいに独り暮らしする Mr.M も、元は私の病院のクライエンツ。

彼は、オスの猫のコーキーと暮らしている。

c0027188_04173120.jpg

今まで動物と暮らしたことのない彼だけれど …。

コーキーと暮らし始めてから、泊りがけで旅行に行くのも躊躇うほど。

彼は、コーキーを愛して止まないのである。

そんなコーキーが、ステラの家のテラスのドアの外に …。

c0027188_04174408.jpg

Mr.M が私たちと一緒にスープを飲んでいるのに気が付いたのだろう。

c0027188_04175688.jpg

ずっと座っている。

c0027188_04180714.jpg

コーキーは今まで一度も、ステラの家の中に入って来たことはないと言う。

それなのに今日は …

ドアを肉球でぽんぽんと叩き …

ドアを開けると、躊躇しながらも …

c0027188_04183718.jpg

 お邪魔しますよ

と。

c0027188_04185667.jpg

動物好きの人々の周りには、ちゃんと動物が集まってくるもの。

c0027188_04182332.jpg

彼らは、しっかり感じている。

そう、しっかり。


# by yayoitt | 2017-10-20 03:59 | 愛する動物のこと | Comments(0)
Tit と Knob

職場の休憩室。

壁のボードには

クライエンツから貰ったカードが飾ってある。

その中のひとつは …

c0027188_04065681.jpg

私が、同僚の獣医師の女性に渡したもの。

以前、新しい体制で始めた1年前くらい。

彼女は、すごく辛くて、泣いてたこともある。

そんな彼女に、笑って欲しくて渡したカード。

彼女が、壁に飾ったままに、今もそこにある。

c0027188_04070770.jpg

このカード …

私的に、かなり 好き なのである。

Tit は、シジュウカラ系の小鳥のこと

Knob は、ドアノブのこと

それぞれが相手の名前を呼び合ってるのだが …

Tit には 乳首 という意味もある。

また、Knob は おちんちん の意味もあるのだ。

 くっくっく …

 じわじわくる


# by yayoitt | 2017-10-19 03:56 | English | Comments(2)
死に逝く59歳のチンパンジー、ママと友の再会

これは、ある死に行くチンパンジーが

初めての友に気が付いたときの

とても感動的な瞬間である

59歳のチンパンジー ママ

彼女は、オランダの動物園で暮らしていた

けれど、2016年の4月に不治の病に罹ってしまう

彼女の身体はとても弱く、病状が深刻で

食べものも、飲み物も拒否してしまった

Jan Van Hoof 教授は、ママのことを1972年から知っている

そして、彼が彼女の面倒を、みていたのである

ママが病気と知った彼は

彼女が亡くなる1週間前に、彼女に面会を試みた

ビデオでは 

最初のうちママが、彼の存在にちっとも気が付かないのがわかるだろう …

けれど

彼女が彼に気が付いた瞬間 …

とてもはっきりとした、悦びの表情を顕にしたのだ!

彼女は、初めての友に最高の笑顔を見せ …

どれほどに弱っていたかにも関わらず

教授が差し出す食べ物を食べもしたのである

Jan は、ママとのお別れの言葉を彼女に伝えた

穏やかな眠りの中でおやすみ …


文章は、英文の説明文を、私なりに訳させて頂いたものです


# by yayoitt | 2017-10-18 04:12 | 愛する動物のこと | Comments(2)
Mommy's boot

ぼくの名は Buster (バスター)

毎日、マミーと一緒に動物病院にやって来る

マミーは、獣医で働いているから

時々、マミーはそこにいるのに

忙しそうにしてるから

ぼくは寂しくなって

マミーのブーツを持って来る

c0027188_03133931.jpg

それは、マミーの香りが一番に強くする物だから

c0027188_03140736.jpg

これを抱いてるとまるで …

c0027188_03141851.jpg

マミーをぼくが、守っているように感じるんだ


# by yayoitt | 2017-10-16 03:05 | 迷い犬、犬のこと | Comments(4)
キリンにて、朝の散歩と携帯電話

9月の休暇の際にKillin)キリン という小さな町に宿泊をした。

町には大きな湖がある。

その周辺を、散歩ができるようになっているので、朝の散歩をした。

c0027188_03445356.jpg

人はカップルが一組、ジョギングして通り過ぎて行っただけ。

湖の畔は静寂が根を張っている。

c0027188_03450457.jpg

羊だけが、動きと音の元のような。

 あぁ …

 なんて静かなんだろう …

と。

 たらりらりららん~ たらりららららん~~~♪

文字通り、静寂を破る機械的な音。

 おい!

 マイケル!

c0027188_03451597.jpg

お客様からの電話だった。


# by yayoitt | 2017-10-15 03:36 | 2017年 9月の休暇 | Comments(2)
ノーマン伯爵の犬物画
以前に、この絵を知ってからずっと思い続けている。
c0027188_04031628.jpg

是非ともノーマンの絵を描いてもらいたいと。

この構図と洋装で。

ノーマンの。
c0027188_04050291.jpg

同僚の、ボーイフレンドが画家で。

同じ描いてもらうのならば …

彼に描いてもらいたいと願っている。

そしてきっと、その願いはもうすぐ … 

叶う!

ノーマン伯爵に会える!

# by yayoitt | 2017-10-14 04:01 | 愛犬ノーマンのこと | Comments(2)
ロビン

c0027188_05004049.jpg

ロビンとは

なんて素敵な響き

ロビン

なんて可愛らしい

オレンジの胸を持つ小鳥よ

ロビン 

c0027188_05002516.jpg



# by yayoitt | 2017-10-13 04:58 | 2017年 9月の休暇 | Comments(2)
時々

時々

迎える

思い出

時々

高鳴る

時々

香る

あの午後

c0027188_04532670.jpg

時々

満ちる

切なさ

時々

襲う

断腸の思い

時々

蘇る

ひとりぼっちの夕暮れ

時々

耳を覆う

冷蔵庫の音

時々

肩を叩かれる

幻想

時々

さまよう

あの人を探して

時々

崩れ落ちる

閉めた車のドアから始まる

さようならの時間

20数年を経ても

今なお

時々

生き返る

あの日々


# by yayoitt | 2017-10-12 04:26 | 穂高の恋人達 | Comments(0)
ホラー映画のシーンではない
c0027188_04371191.jpg

これは

ホラー映画の一シーンではありません

これは

あなたの食べるお肉がやって来る場所です


(私なりに訳させて頂きました)

私からの言葉は、ありません。

ただ、その写真と文字の通り。


# by yayoitt | 2017-10-10 04:36 | 愛する動物のこと | Comments(2)
キャバリア仔犬、ケイティーのこと

Mr and Mrs.T は、トースティーというキャバリアの女の子と暮らしていた。

キャバリアには、高い確率で見られる心臓病。

トースティーも、やはり不整脈を現し、心臓の薬を服用していた。

そして、ある日 …

食べなくなった。

食べなくなっても尻尾は振っていた。

だけれども、瞳の輝きが失せた。

何かを、語りかけていた。

そして … そのメッセージを受けて …

Mr and Mrs.T は、彼女とお別れをした。

断腸の思いで、けれど、彼女にとって最善の選択をした。

あの日から、泣いてばかりだったという70代のご夫婦だ。

数ヵ月後の先週のある午後。

同僚が手術室を掃除していた私を呼びに来た。

言われて待合室に行くと …

Mr and Mrs.T が、その小さな子を抱いて万遍の笑顔で立っていた。

c0027188_04560820.jpg

彼女の名前は、ケイティー

トースティーと同じキャバリアの女の子。

今、生後8週間。

c0027188_04551554.jpg

 トースティーを初めて抱いたのは、やっこだったのよ

 だから、ケイティーも、やっこが初めて抱いてあげてね

と。

c0027188_04562376.jpg

13歳で虹の橋の袂へ行ってしまったトースティーが …

赤ちゃんの時に私が抱っこしたことを、私はすっかり忘れている。

なんて …

なんて …

心動かされる言葉だろう。

風邪をひいて咳き込んでいる、こんな私の腕の中で …

ケイティー は、私の匂いを嗅ぎ、鼻を舐め、キスをしてくれた。


# by yayoitt | 2017-10-09 04:35 | 動物病院レポート ケースから | Comments(4)
松井五郎という人に …

うううう~ん

と唸らされることは、数え切れず。

これも、その一つ。

こういう詩が作れるって …

まったくに感嘆! 

c0027188_02292085.jpg



瞳に風が吹いて 坂道を
ひとりで 下りてみたい気がしてた

愛称(なまえ)で呼べそうな 履き古した靴からは
忘れかけた詩が聞ける

ふりかえると 何もない空なのに
僕だけが むずかしくて
もしもここで 君に逢わないでいたなら
心まで 渇いたろう

涙をあつめてきたハンカチに
迷路の地図ばかりを 描いてきた

それぞれに過した わずかな物語には
なくせない場面もみてた

なにもかもが ためいきをつく一瞬(とき)に
やさしさを 逃がしている
あきらめれば 泣かなくてすむだろうけど
微笑も消えるはず

遠くふたり みえないほどはなれて
あの夏に生まれてきた
君の髪が綺麗な秘密を教えて
しなやかな ささやきで

瞳に風が吹いて そのときに
誰にも かなえられる夢がある

# by yayoitt | 2017-10-07 02:23 | やっこの思想 | Comments(2)
お年寄りのグレイハウンドと歩く

義姉のグレイハウンド、ガスとグレイス。

c0027188_05210199.jpg

高齢の彼らとの散歩は、時間を掛けてゆっくり。

c0027188_05212138.jpg

できる限り、なるべく柔らかい草の上を選んで。

c0027188_05213428.jpg

田舎の空気を一緒に。

距離は短くても、大切な散歩の時間。

c0027188_05211161.jpg


雨でも、風でも、彼らの散歩への気持ちは変わらない。

c0027188_05214488.jpg

一緒に歩くという、大切な意味の散歩は、変わらない。


# by yayoitt | 2017-10-06 05:20 | 2017年 9月の休暇 | Comments(0)
やっぱり、ネコも好き
最近、食が進まないと動物病院にやって来た9歳のネコ。

オスカー
c0027188_05290802.jpg
口腔内の状態が思わしくない為、痛みがあって食べられないことがわかった。

そこで、全身麻酔にての歯と口腔内の手当てをすることに。

口の中が痛いのは、色の着いた涎(よだれ)が

口の周りや首の毛を汚していることで、よくわかる。

オスカーは、とても友好的なネコ。
c0027188_05303180.jpg
人が傍にいたら、嬉しいネコ。

人と、人の温かみが大好きなネコ。

手術の前に、独りでヶネルの中で鳴いている彼。

顔を見に行くと、私の目を見て懇願するように大きな声で鳴く。

彼をヶネルから抱いて出し、一緒にいると安心して歩き回る。
c0027188_05301892.jpg
なんて、可愛い子。

手術後は、しばらく出血があったが …

大好きなご主人の顔を見て、すっかり静かになり。

元気に帰っていったオスカー
c0027188_05304053.jpg
なんて、愛おしい子。
c0027188_05294103.jpg


# by yayoitt | 2017-10-05 05:27 | 動物病院での出来事、仕事 | Comments(0)
風邪ってもの

今週は …

一週間の休暇から帰った途端に

ひいた風邪がひどくて

声がまったく、出なくなった

それでも

仕事には休まずに行き

いや、休みたかったけれど

ベッドに横になっていたかったけれど

月曜日から、フラット内のパイプ工事で

男性12人が出入りして

とてもベッドに入っていることはできないと悟り

仕方なく、重たい体を引きずり

仕事に行ったけど

でも、働いてると、なんだか元気になる

そんな、げんきんなのが、風邪ってものなのだ


# by yayoitt | 2017-10-04 05:47 | やっこは、こんな人 | Comments(0)
ガスとグレイス

賭け事の為の

グレイハウンドレース犬

英国のペットのグレイハウンドは

ほぼ全てが

元レース犬(レースに出たとは限らない)で

レスキューされた犬たちばかり

義姉夫婦のもとで 

c0027188_04245180.jpg

ガスもグレイスも

c0027188_04244039.jpg

彼らしか知らない過酷な幼少時代を送り

この老いのときを

穏やかに過ごしている


13歳の彼ら

血の繋がりはない

ただ、幸せを共有している

もしかしたら、過去の痛みも確かめ合っているのかも


# by yayoitt | 2017-10-02 04:19 | 迷い犬、犬のこと | Comments(2)