2017年 03月 28日 ( 1 )
しかし、今もなお続いているアザラシ猟
11年前に、このブログで何度か載せた記事です。

毎年、反対運動が続いているものの …

アザラシ革製品、アザラシ毛皮(日本語では、シールと表されるので、
それがアザラシの毛皮とは気付かれません)を買う人々がいるがために、
この猟は廃止されません。

c0027188_481220.jpg


今年も、真っ白な氷の上で、人間の衣類となる為だけに、
生まれて間もないアザラシの赤ちゃんが殺されます。

彼らが欲しいのは、数多くのアザラシの皮... 

棒で頭を叩き割り、その場で皮を剥ぐ。
c0027188_4121534.png

我が子を守ろうと立ち向かう親アザラシをも殴り殺します。

消費者がいる限り、こういう無残な殺しは、終わりません。

とても残酷な写真、しかし、これは、現実です。
c0027188_4124610.png

毎年春になると、カナダは西海岸にて、何百、何千ものアザラシが
商売用のアザラシ猟として、残虐に殺されています。

100万以上のハープアザラシが、たったこの3年間で殺されました。

この猟は、それは受け入れがたく残酷で、そして継続されるべきものではありません。

今こそ、この猟を過去の歴史の本の中にだけ収める時なのです。

アザラシ猟反対運動は毎年行なわれていますが、今年こそ、今年こそ、と
多くの人々が願いつつも、また、殆どのカナダ人がそれを反対
しているにも関わらず、“ カナダのエコノミーには欠かせない ”と
カナダは言っているのです。
c0027188_4131162.jpg

人間のお金の為に、非人道的なやり方で殺される命を、
もう、完全に過去のこととしたい!!

殺されるアザラシの95パーセントは、生後数日の赤ちゃんです。

その、水をはじく毛皮を売るために流される真っ赤な血... 

真っ白な雪が今年も真っ赤に染まるのです... 

by yayoitt | 2017-03-28 04:03 | 愛する動物のこと | Comments(2)