2008年 02月 24日 ( 1 )
また、外れた顎 ・・・ でも落ち着いてぇ
クリスマス直前の週末の夜、救急病院にタクシーで駆けて行ったのは、14ヶ月も前のこと。

それからもちょくちょく、何らかの拍子には、右の顎が外れていた。

その度に、救急で担当してくれた女医さんの方法を思い出して、自分で両手を口の中に入れては治していた。

              ・・・ のに

今回、犬たちと遊んでいて、笑った拍子に外れた顎は自分の力で治まらなかった。

右顎が外れているので、左に顔が歪んでいる自分 ・・・。

マイケルは買い物に出掛けたまま、まだ帰ってこない。

尻尾を振って、口を開けたままでうろたえる私を見上げる犬たち。

両親指を口の中に入れて、奥歯をグイッと下に押し下げて後方に押すけど治らない。

          ほへはほー はいへふほはふひははい
(外れア語直訳 : これはもう ・・・ マイケルを待つしかない)

顎が外れ、歪んだまま口を開き、涎(よだれ)が出るのを時々、上を向いて飲み込む。

1人でいると、なかなか寂しい。

待つこと20分 ・・・ 救い男 マイケル のお帰りだっっ

犬たちよりも先に、玄関のドアに駆け寄る私。

 ただいま、おうおうおう ・・・

と、だらしなく口を開けている私に気が付かず、犬たちに挨拶するマイケル。

 はいへふ~~、まは、あほうぁはふえふぁぁ~~~
(マイケル~~、また、顎が外れたぁぁ~~~)

 えっっ? 何っっ?

 あほうぁ~、はっふっへはほっっ
(顎が~、外れたのっっ)

口を開けて、明らかに様子がおかしい私をしばらく見つめたマイケル ・・・

ようやく、顎が外れたという事実が飲み込めた様子。

     ってか、この顔とハグハグ言ってる自体で、異常と気付いてくれっっ

キッチンに行き、買い物袋をテーブルに置くマイケルを、尻尾を振って見上げる2頭の犬と私。

 よしっっ、どうしたら良いんだっけ?

 まふ、へぇほ、あはっへ
(まず、手を、洗って)

汚い手が口に入るのは嫌だと、冷静というか、ちゃっかりな病人。

言われた通りに手を洗う使用人セバスチャン、マイケル医師。

 よしっっ、で、どうするんだっけ?

手袋したいかと尋ねたら、マイケル医師は 素手のままで良いよ と言った。

手を洗え、と真っ先に指示した自分を、ちょっぴり反省する。
c0027188_5365051.gif

             これが普通の状態の顎関節
c0027188_538578.gif

        顎が外れた状態、もう少し前の窪みに入り込むことも

ハフハフ語のまま彼の腕を掴み、親指を奥歯の当てさせ、グッと下に押し下げるよう伝える。

が、最初の数回は力加減がわからないらしく上手く行かない。

 ゆっふい、ふうぅっとはへえぇ、でぇ、おふ
(ゆっくり、ぐうっと押さえてぇ、で、押す)

上手く行かない ・・・。

ふと、大切なことを思い出した。

背中と頭を壁に付けて、ヤブ医者マイケル、マイケル医師が押しやすいようにした。

 ゆっふいぃ~~
(ゆっくり~~)

 ええええぇ
(でえええぇ)

 おふううう
(押すううう)

                カクッッ


小さな音と共に、マイケルが手を離した。

 おうおうおう、入った入った!

 はははははっ、カクって音がしたからわかったよ!

上機嫌の私と、もっと上機嫌のマイケル名医。

 もうこれで、僕は顎を外れた人を救えるなぁ~

 やっぱり、顎がはまっているって素晴らしいぃ~

私以上に有頂天になっているマイケルが言った。

外れた顎を、治します で仕事が出来るかなぁ~

顎が入ればすっかり恩など忘れて冷静な私は ・・・

 あぁ、でもさ、需要がないだろうし、お金にならないんじゃない?

そんな言葉も耳に入らないくらい自信満々のマイケル。

  そっとしておいてあげよう ・・・ まっっ、あたしゃ顎が元に戻ったしなっっ

なんだかウキウキしているマイケルを、尻尾を振り続けて犬たちが追い駆けて行った。
by yayoitt | 2008-02-24 04:47 | やっこは、こんな人 | Comments(28)