死への 長く辛い道程
おびただしい数の家畜動物が、死を目の前に苦しんでいる。
c0027188_617741.jpg

屠殺場所に送られる道中を、何時間も、何日も、何週間も、または何ヶ月も、
それは狭くて窮屈なスペースで、ただ耐えている。

彼らは、ストレスと疲労、人間による粗雑な扱いを受け、空腹と渇望、気温の上昇と
汚れっぱなしの排泄物の中で、生きたまま世界各国を送られる。

その結果、動物たちは、目を覆いたくなるようなひどい怪我をしたり、病気になり
蔓延し、多くの命が、目的地に到着前に死んでいる。

こちらで他の家畜動物映像が見られます)

何時間も、何日も、何週間さえも、身動きの取れない窮屈な空間と糞尿、嘔吐、
または死体で汚れた場所で過ごすなんて、人間の想像をはるかに超える苦しみである。

毎年、何千頭もの馬が、とても信じられないような残虐な旅を、スペインからイタリアに
向けて、屠殺される為に強いられている。
c0027188_642159.jpg

この 虐待 は、不必要なことなのである。

家畜動物を動かさなくても、地元で、人道的に屠殺することができるのだから。

また、冷蔵、冷凍肉は現在、既に多く行なわれているのだから。
c0027188_6184448.jpg

人間は、新鮮なまま冷凍、もしくわ冷蔵して遠距離を運ぶテクノロジーを持っている。

そして、地元にて人道的に屠殺することに、福祉的恩恵があることは証明されている。

これらの理由からも、家畜の長距離移動は残酷なだけでなく、不必要なのだと言える。


            家畜移動で苦しむ命の数  

         週に 1,000,000,000 頭以上
 


人間の為に屠殺される家畜動物たちへの、不必要な長い生き地獄を終わらせたい・・・






WSPA などでは、署名活動と啓蒙活動を行なっています。

入り口は こちら から。

トレードマークの ハート は 動物たちの怯え苦しむハート を示しています。

画面右の動物の絵を選ぶと、その動物がどこからどこへ、どれくらい時間を掛けて
運ばれるのかが、小さな写真と共に見られます。

その下、TAKE ACTION をクリックして下さい。

この画面右側 ・・・

Title  は Miss Mrs Ms Mr です

First Name は 名前(やっこ) です

Last Name は 苗字 です

その下の Please keep me informed of your progress with this important initiative. は、この動きに関して
その都度メール配信を希望するかどうかです。 

そして、Submit を押して完了です。

・・・ 私たち人間の為に、どうか不必要な苦しみが、家畜動物に与えられぬように。

・・・ どうせ殺される命であっても、人道的で苦痛のない生活を。
 

ありがとうございます。
by yayoitt | 2008-10-11 04:04 | 愛する動物のこと | Comments(13)
Commented by pokkunnnj at 2008-10-12 10:34
やっこさんへ
新鮮なまま冷凍、冷蔵して遠距離を運ぶテクノロジーを持っている
ほんと、その通りですよね・・
移動で苦しむなんて本当に虐待です。
必要な分だけ、食べる分だけ・・
人間はどうして、こんな無駄なことをしてしまうんでしょう?
Commented by kworca at 2008-10-12 14:35
安価で安全で安定したタンパク質を確保する為に、家畜産業はどんどん工夫されてきましたよね。
でも「命を頂く」という観点からすると、無駄な苦痛を与える事や贅沢は必要ありません。
もっと謙虚な気持ちで、頂く事を忘れがちになっている気がします。

生き物には、予感する能力が備わっていますよね。
人間はだいぶ鈍くなっているでしょうが、こういった家畜動物はもっと鋭く感じ取れると思うんです。
不自然に他者からもたらされる自分の“死”という予感…
それだけでも、どれだけの恐怖を感じるだろう…

私も含め多くの人は“肉”は美味しそうに感じても、実際に自ら家畜を殺し、それを獲ることはしませんよね。
でも食べる以上は、こういう事実を知る責任があると思います。
やっこさん、ありがとう。
Commented by akibrandy at 2008-10-12 17:46
そうなんだよ。
今は色んな手段もあるし、技術もある。
命を頂く私たちだって、無用に苦しめたり痛めつけられたりしたくないと思う人は、本当は、たくさんいると思うんだ。(もちろん、そう思わない人もたくさんいるでしょうけど、さ)
必要な分だけを、最小限の苦しみで頂きたい。そんなシンプルなことが難しいなんて、やっぱりオカシイんだよ。
ちょっと話が変わっちゃうけど日本の食料自給率もそう。
日本では、美味しくて安全な米を作ろうとすると、作れば作るほど赤字になるというのに(でも頑張っている人たちがいるというのに)、わざわざ、海外から毒入りの米を輸入しているんだよ~。輸送のためにCO2を排出してさ、燃料も使ってさ。な~んでこんな無駄なことするかなぁ~。ね。

命を頂く、食べ物を頂くって事がどういうことか、もっとちゃんと知るべきだよね。んで、無駄で邪悪なことは止めていこうよ。と思う。
Commented by tui at 2008-10-12 22:09 x
take actionしたぜ!!

あの羊の眼・・ヒトも殺される前はあんな眼をするんだろうか。
こういう表現をすると、ヒトは頭の後ろの方で恐々とイメージできるのだろうか。
誰が悪い? システムが悪い? 無知が悪い? 何をどうすれば?
訴えるしかない。 継続して。 継続して。ケイゾクして。
もはや、てっとり早い解決法は存在しないと思う。

きれたり、やけくそになったり、感情的になったり、ごり押しせずに
冷静に力強く、間違いを正そう。
やあこという発信源とともに広めることを誓う。
訴え続けることを誓う。

ありがとう、やあこ。



Commented by kumatenosofu at 2008-10-12 23:40
命を「いただきます」
そう込められているんだと小さい頃から教わってきた。

命を「いただきます」って気持ちを
人間はどこに捨て去ってしまったんでしょうね、、、。
命を頂き、命を繋がせてもらっていることを、、、。

切り身が海で泳いでいると思っている子供。
肉は動物の体だと知らない子供。

その先にはいったいどんな世界が待ってるんでしょうね、、。

Commented by yayoitt at 2008-10-13 02:17
ポッキーママさんへ

うんうん、そうなんだよね。
不必要な虐待 ・・・ それは、それが安価だから。

人間の為に、生かされ、殺される動物が、生きている間を
苦しむべきではないんだよね、しかも、不必要に ・・・。

この消費社会で、私たちが考えなくてはならないことは、
知らなくてはならないことは、実に沢山、あるのだと思わされる。

ポッキーママ、本当に、ありがとうね。
いつも、理解してくれて、感じてくれて ・・・ 嬉しいよ。 

ずっと諦めないで願い続けたい、訴え続けたい。
Commented by yayoitt at 2008-10-13 02:27
桂子っちん

うんうん、安価 ・・・。

この安価で怠惰で、命を命と思わない人間の行動はいつも、
動物を虐げ、苦しめるんだよね。

殺すのなら、どうでも良い ・・・ そう思ってるんだろうか。

・・・ 命を頂く

感謝する、手を合わせて頭を下げる。

そんな消費者の私たちに、こんな風に扱われる動物の命を
頂くことは ・・・ 本当に、できなくなってしまうよね。

生き物の予感する能力 ・・・ 

うんうん、そうだろうなぁ。
最期のデッドウォーク(屠殺場所に向かう時の最期の歩み)の
牛の目を見たことがあるけれど、彼らは知ってるんだよね、
あの恐怖に満ちた表情、抵抗、そして叫び ・・・。

せめて、その最期の歩みまでは、幸せに暮させてあげたい。
あげるべきだって、思うよね ・・・。それが人道だと ・・・。

こういう大量生産、消費社会で生きる私たちだからこそ、
桂子っちんが言うように、事実を知る責任があるんだって、
本当に、そう思う。

桂子っちん、いつも理解してくれて、感じてくれて、ありがとうね。 
Commented by yayoitt at 2008-10-13 02:34
亜紀ちゃん

本当に、そうだよね、手段があるのにね ・・・。
安価で、怠惰なんだよ、命を命と思っていないんだろうね。
人間、数が多くなると、その価値感が薄れるって傾向が、あるよね。

うんうん、私たち、消費者が、声をあげたいよね。
頂く命が、その生涯をせめて、幸せで苦痛なく生きてくれるように。
声を、あげ続けたいよね ・・・。

・・・ シンプルなこと

本当に、そう思うよ、それが難しいと言うのは、難しいじゃんくて、
きっと経済の絡みとか、時間の無駄とか、人手不足とか全て、
人間の都合によるものなんだろうにね。

日本の食料自給率 ・・・ 最近の汚染米浮上で、なんだ?って
日本で思ってたけど、本当にそうだよね、全てさ、安易と安価、
人間の都合で、結局は、人間自身の首を絞め、そして地球を
犯してるんだろうなぁ ・・・。

無駄で邪魔なこと ・・・ あぁ、そうだね、本当にやめなくっちゃだ。
亜紀ちゃん、本当に、ありがとうね、訴え続けたいよ。 
Commented by yayoitt at 2008-10-13 03:26
tui さん

ご署名を、本当にありがとうございました。
嬉しいです、とっても。

上で桂子さんも言ってるように、動物たちの予知能力、それによる
動物たちの感じる恐怖、抵抗、それを思うだけでも辛いですね。

それなのに、殺される前の長い時間を、こんな苦しみを
与えられるなんて、どう考えても人道からは外れていますよね。

人と、動物、とを全く別のものとして理解する人もいますよね。
感情とか、痛みとか、まったく、無関係であるとして ・・・。
そうでないことを、きっと知っているはずなのに ・・・。

お金 ・・・ 時間 ・・・ 全ての言い訳は、人間の都合ですよね。

うんうん、そうですよね。
訴えるしかないんですよね、消費者に、私たちに、政府に、そして
彼らを扱う人々に ・・・ 命を命として丁重に扱うことを ・・・。 

そうですね、時間が掛かるようで一番、早期の解決は ・・・

啓蒙活動、そして、訴え続けること ・・・ だと思います。
だから諦めることもない、怯えない、やめない、ずっと
一緒に訴え続けますよ、Tuiさんっっ!!

ありがとうございます!!嬉しいです。
Commented by yayoitt at 2008-10-13 03:32
kumatenosofu さん

当たり前のように手を合わせてきた、その意味が今になって
とてもよく理解できる。

・・・ 命を いただきます 

確かに私も、知らなかったんだ。
そこに、どんな形で犠牲になる命があるかなんて。
給食で出たら、鯨を珍しがって食べて、硬くてまずいって、
残していたもの ・・・ 手は合わせても、感謝しなかった気がする。

命に対して、手を合わせ 頂きます と頭を下げること。

本当に、便利と希薄な人間社会の中で、私たち ・・・
どうやって、こんなに大切なことを、置いてきたんだろうね。

動物にも、同じ血が流れる、痛みがある、恐怖におののく、
病気にもなる、精神も病む、そんなことも当たり前のことも、
知らない振りをして、気付かない振りで、行きたくないよね ・・・。

今の消費社会の大人へ、そして、子供たちへ、
伝えなくてはいけないことは、ちゃんと伝えなくてはね ・・・。

ありがとうね、諦めずに止まらずに、ずっと伝えて行こうっっ。
一緒に、共に、感じてくれて、とても嬉しいよ。
Commented by ももこ at 2008-10-13 09:19 x
署名しました。

色んな事を知らないままで生きている自分。
やっこさんのブログに辿り着かねば、きっと知らないままで人生を終えていたかもしれない。

やっこさん、ありがとう。

Commented by yayoitt at 2008-10-14 03:46
ももこさん

ご署名、本当に嬉しいです。
ありがとうございます。

生かされているのはわかっていても、なかなか、
実際、現実、どのように、生かされているのかって、
知りえないものですよね ・・・。

ことに、その業界は、隠したがることでしょうし。

知らないことを、ふと、何かのきっかけで知れると、
本当に驚き、動揺させられます。

私も、知れて、良かった ・・・。

ももこさん、読んでくれて、知ってくれて、
本当に、本当にありがとうございます。
Commented by もか王 at 2008-10-15 09:49 x
おひさしぶりです。
飽食の時代というものの、無駄使いをしすぎる日本人です。
なんても使い捨てになってきて、「感謝」の気持ちが希薄になってきていると感じるこの頃です。
畜産動物への感謝の気持ち一つとっても、スーパーに不必要に大量に積まれている肉魚を見て、最近は??と思うようになりました。
このような流通で食卓に運ばれていたんですね。
署名いたしました。
我々いかされているものほど「謙虚な心」がないといけないと思います。
<< 掌の中の天使たち (日本滞在紀... ドキドキカメラ >>