虚栄の為に血を流してはいけない
日曜の午前、日本帰国に向け、お土産を求めて街を歩いた。

どこからこんなに集まってきたのか、と思うほどの人の波 ・・・。

幅広いメインストリート一杯に、人が行き来している。

人込みが苦手な私は、隅の方ばかり選んで歩いていた。

チャリティーだと言って、寄付金を集う若者が、大袈裟なジェスチャーで通行人を誘う。

沢山の紙袋を抱えて、興奮しながら足急く人々が、大声で笑う。

ふと、目に入った数人の人々。

手作りの板に、何か写真入の紙が貼ってあるのを抱えて、立っている。

遠くから徐々に、その写真と言葉が、何を現しているかが見えて来た。
c0027188_5263649.jpg

       毛を剥がれ、血に染まった動物の残骸

      FUR IS DEAD(毛皮は死である)


たった2人が、それを抱えて立っており、側にもう2人、白い紙を配っていた。
c0027188_527369.jpg

           虚栄の為に血を流してはいけない

オレンジ色の頭の女性から、その紙を貰った後、話し掛けてみた。

 直接、私も何か行動がしたいんだけど ・・・

彼女は少しだけ驚く様子で、詰まり詰まり、でも笑顔で答えてくれた。

 このサイトを訪れてみて、そこに色々な情報が載ってるから

そして、ありがとう と彼女は言った。
c0027188_5291685.jpg

        世界中で4千500万の動物が毛皮の為に殺されている

渡された紙を読みながら歩き出し、彼女たちを振り返った。

ちょうど、さっきのオレンジ色の頭の彼女が、若い男性にチラシを渡そうとしていた。

男性は、一瞥もくれず、肩で彼女の手を乱暴に振り切った。

彼女の手から、白い紙が何枚も、汚れた地面に、落ちた。
c0027188_532585.jpg

ずっと思ってきて、ぐずぐずと出来なかったことがある。

      自分自身の体を使って、動物のことを訴えるということ
c0027188_5331949.jpg

決して攻撃的な方法ではなく、だけど、確実に誰かの心に残るような ・・・。

100人のうち、2人だけでも、それを見て、ハッとしてくれたら ・・・。
c0027188_5343215.jpg

Edinburgh the Fur-Free City(毛皮のない街エジンバラ)。

彼らに出会えて、通りすがって、良かった。
by yayoitt | 2008-09-01 04:51 | 愛する動物のこと | Comments(13)
Commented at 2008-09-02 10:07
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ユリカ at 2008-09-02 20:37 x
非常に残酷で・・動物がどうしてこんな風に殺されなければならないんでしょうか?私は昔から毛皮がなぜか嫌いでした。 人間は爪を剥がされただけでも我慢できない程痛い。 動物は悶え苦しみながら死んでいく。そんな残酷な・・。これが人間でも同じことをするんでしょうか?ツライ・・。
Commented by tui at 2008-09-02 22:29 x
4500万か・・・・毎年毎年・・・・4500万。
毛皮か・・・「Fur is dead」
ほんまに、勇気ある2人。
2人の小さなラセンを、やあこがさらにひろげている。
俺も何かしなきゃな。

ありがとう、やあこ。
俺も真実を伝えていくよ。


Commented by yayoitt at 2008-09-03 02:59
鍵コメ at 2008-09-02 10:07 っちん

さすがだねぇ ・・・。
いつもだけどさ、驚かされるよねぇ ・・・。

ふふふふふ

確かになぁ、低気圧のまま、ずっと来てて、それに慣れてきた
感じだったからなぁ ・・・。

やっぱり、何かを始める良い時期かな!!

ありがとうね、鍵コメっちん!!

あなたのは ・・・ ?? 
Commented by yayoitt at 2008-09-03 03:11
ユリカさん!!

こういう事実を知った時に、残酷だと感じられる人と、
何も感じられない人と、実はいるのだと思います。
もしくわ、かわいそう、と感じても、それと自分の欲望は別で、
消費には関係ない人が、多いのかも、しれません。

だから、これを、残酷で、そして毛皮や革製品を使う、買う、
という行動をしない、できない私達は、幸せだと思う ・・・。

以前、機械に長い髪を挟まれて、頭の毛が皮ごと剥がれて
血だらけで病院に来た女性がいました。

その苦しみようと言ったら ・・・。

動物だから、良いということは、絶対にないですよね ・・・。

辛い思いを、共に、伝える力に変えて行きませんか?
支えながら、ちょっとでも、微力でも、続けて行きましょう ・・・。

本当に、ありがとうございます!!
Commented by po-chan0702 at 2008-09-03 05:11
ふとした街角で ステキな出会いでしたね。
頑張っている人がいる・・勇気づけられますね! !

皮を剥がされて売られるその商品が、不特定多数の消費者に向けて作られている以上、全く関係のない人間なんて 今やいないんですよね。。
センターで起きている事も同じ・・・わん・にゃんを捨てたりしていないから関係ない・・とは違う・・。 買ってないから・捨ててないから・・ではなく、買う人が、捨てる人が回りにいる以上、『そうなんだぁ~』と ただ知っただけにとどめず、無関心でなく感心を持って生きていかなければ。。
人は流され易いもの・・でも、だからこそ、常識を変えてゆければ、人々の行動は虐待撲滅へと動いてゆくんですよね。

続けてゆく・・大切な事ですよね。頑張りましょうね。
今日立ち止まってくれなかった人も 明日は足を止めてくれるかもしれない・・明日は目に留めてくれるかもしれない・・ ねっ♪
Commented by yayoitt at 2008-09-03 05:19
tuiさん

こういう活動って、なかなか実際にできることではないです。
殆どの人が、それを無視したり、何も気に留めなかったり、
むしろうとましい目で見られる中、本当に大切なことを、勇気を持って
訴えかけるって、素晴らしいですよね ・・・。

今まで、なかなか出会えなくて、また、きっかけがないと、
言い訳してたことを、今年は、この身体で、経験してみたいと、
この身体を使って、行ってみたいと、思えたのです。

本当に、ありがとうございます。
共に、伝えること、諦めずに続けて行きましょうね。
Commented by yayoitt at 2008-09-03 05:27
みるくまま

そうなんですよ、出会えて本当に、嬉しい。
よかったって、思ってる、勇気を貰った、きっかけを貰って。

うんうん、その通りです。
思わぬ商品、可愛い縫いぐるみ、可愛いアクセサリー、小物に、
その血みどろの毛皮は使われているんだよね ・・・。

毛皮のコートだけじゃ、ないんだよね ・・・。

そうだね、センターのこと、日本で起こっていること、
それに直接関わっていなくても、もしもその事実を知らないのなら、
また、知っていても黙って見過ごしているのなら、きっと
それは、知ってて捨てる人と、同じ罪とも言えるのかも知れない。

ちょっと厳しいかな ・・・。
Commented by yayoitt at 2008-09-03 05:27
続くね


・・・ 常識を変えてゆければ人々の行動は虐待撲滅へと動いてゆく

正にその通りだと思います。

正義を疎ましく思う風潮、真剣になることを恥ずかしいと思う文化が
日本の私たちにはあるものだけれども、1人1人の頭と心で
考えると、何が本当に大切で、正しくて ・・・ ということが
理解できるはずだよね。

みるくまま、ありがとうね。
とても心強いです、私には、こうして共に励ます友がいる、
ここを訪れ、知ってくれる勇気のある人たちがいる ・・・。

続けること ・・・ だよね。

ずっと、ずっと ・・・ね!!
Commented by ひろみ at 2008-09-03 19:09 x
9月って街に秋冬商品が並び始める月だから、キャンペーンすることが更に大事になってくるんだろうね。

一番最近のファッションショーなんかにも、ファー(フェイクと本物のどちらも)のアイテムが沢山登場してて、そういうのを見ると、いつになったら毛皮=動物の残酷な死っていう図式が広く理解されるようになるんだろうと思ってしまう。キーリングの毛皮のポンポンだとか、ああいう小さなアイテムも、実はどす黒い血にまみれてるんだってことを皆に分かってもらいたいよね。

訴えかけても、「そんなの知ってるから」「残酷な話を聞くと嫌な気分になる」とかのネガティブなコメントが返ってきたりもするけど、一生懸命訴えて行くしかない。地道に頑張っていこうね!
Commented by ユリカ at 2008-09-03 19:34 x
微力ですが、少しでも知ってもらいたいので何かしていきたいと思います。
本当にいつもありがとうございます。
人間も動物も命は大切です。
よろしくお願いします。
Commented by yayoitt at 2008-09-04 03:05
ひろみさん

そうだよね、冬物を売り始める時期だもんね ・・・。
うんうん、でも、この季節が来る度に、胸が痛むよね ・・・。

現在、いくらフェイクファーと言っても、リアルファーの方が
安かったりして、結構、本物ファーが混ざってたりするそうです。

ファッション業界は、本当に怖いなって思う、結局はお金の虫だし、
彼らが気にするのは、ただただ 名誉、お金だけだろうなぁ ・・・。

それでもきっと、少しずつ意識は広がってきていると思うんだ。
大衆が知らず存ぜずで通り過ぎる中、きっと、立ち止まって考える
人も、増えてきてるんだって ・・・ 信じてる。

きっとね、もうすぐに、毛皮 = 時代遅れ になるよ。
ファッション業界の打撃だよね、そうなる、絶対に!!

うんうん、どうして自らが使う物がどんな形でそこに来たかを、
知らないで良い理由があるだろうか ・・・ だよね。

生かされていることの、義務、だよね、知ることはね。
ひろみさん、本当にありがとうね。元気そうで嬉しいよ。
Commented by yayoitt at 2008-09-04 03:07
ユリカさん

ありがとうございます、力のでる言葉!! ふふ

そう、微力で良いんです、微力で当たり前だから。
ただ、全くゼロと微力とでは、それは大きく違うこと ・・・ 
だから、ちっちゃくても良いから、伝えて行くことが大切なんだと
思うんです ・・・。

私たちが生かされている、その背景にある物を、知らなくっちゃ、
だよね ・・・ だから諦めないで、ずっとずっと、伝えましょうね。

ありがとう!!
<< そうならねばならぬのなら ・・・  エジンバラの夏の終わり >>