わたしには、ないものばかり
わたしには、空に旅立てるような羽根がない

わたしには、喜びを現すべく尾がない

わたしには、高く飛び跳ねるバネのような強い足がない
c0027188_5545251.jpg

わたしには、軽やかに平衡を保てる度胸がない

わたしには、裸足で歩いても傷付かないような強い皮膚がない

わたしには、何キロも向こうの香りを知る、鼻がない

わたしには、冷たい水をはじくような羽毛がない
c0027188_5523821.jpg

わたしには、手も足もないのに地を這うように、動くことができない

わたしには、繰り返しても繰り返しても、明日にはまた喜びと思えるような素直さがない
c0027188_5582975.jpg

わたしには、後姿を見送った後、何分も、何時間も、何日も待ち続ける忠誠心がない

わたしには、何があろうと、その人を信じる心がない

わたしには、叩かれても蹴られても、それを受け入れ逃げ出さない、そんな勇気がない
c0027188_5553084.jpg

わたしには、共に歩くだけで、こんなに嬉しいと思える誰かがいない

わたしには、頭を撫でられるだけで喜びを感じる感覚が、消え去ってもう、ない

わたしには、ただ無心に子供を育てる意志がない

わたしには、文句を言わずに、与えられた時間を暮らして行く強さがない
c0027188_55603.jpg

わたしには、自らの食料を手に入れる力がない

わたしには、二本足の陰が近付いてくるのを恐れる ・・・ 優しさがない

わたしには、二本足の陰の為に、自らの生涯を捧げる ・・・ 度胸がない

わたしには、二本足の陰の為に、痛みに耐える ・・・ 強さがない
c0027188_5563395.jpg

わたしは、そんな真剣な目を持っていない

わたしは、そんな真っ直ぐな目を持っていない

わたしは、そんな素直な目を持っていない

わたしは、そんな悲しげな目をしない

わたしは、そんな歓喜に満ちた目を持っていない
c0027188_557132.jpg

彼らは、わたしの持っていないものを、それは沢山持っていて。

わたしなどは到底、彼らの生には、その神秘には、近付けなどしない。

彼らには、敵うものなど、何もない。
c0027188_5575321.jpg

by yayoitt | 2008-08-27 05:23 | 愛する動物のこと | Comments(8)
Commented at 2008-08-28 06:11
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by じゅんこねえ at 2008-08-28 07:45 x
でも、あなたには、それを感じる心がある。
でも、あなたには、それを知ろうとする勇気がある。
でも、あなたには、それを守ろうとする努力がある。
数え切れないほどの「ない」よりも
ほんの少しの「ある」が・・・
私は素敵だと思える。
Commented by tui at 2008-08-28 22:26 x
「死」という詩・・・「生」という存在・・

行き詰まり、途方に暮れ、自分の無力さと苛立ち、
周りに無を感じ・・存在の意味。

NZのトンガリロNPで慣れない雪山を登った時、迷い、
行き詰まり、途方に暮れ、自分の無力さを知り、辺り一面半端に溶けた雪とむき出したゴロゴロした岩と大地、誰もいない・・
一体、何があるんやと目を閉じた。

冷たい風が手のひらを戦ぎ、足元に雪解け水が流れる微かな音。
目をゆっくり開き、その隙間を太陽が滑り込んで、眩しさに後ろを振り向くと・・・白月が背中を包んでいた。

「なにもない」と思った時に、すべての「ソンザイ」を知るのかも。
なにもないんじゃない、生きるために必要な最低限なものは全てそろっていたんだと気づいたんだ。 ソンザイの意味を知る。

それから、俺は雪山が好き。
穂高にも雪降らないかな~~(笑)



Commented at 2008-08-28 23:27 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by yayoitt at 2008-08-29 06:35
鍵コメ at 2008-08-28 06:11 っちん

っちゅう、ことで、ヨロシクな!! 
Commented by yayoitt at 2008-08-29 06:37
じゅんこねえ~~

うんうん、それを感じる心、それを知ろうとする勇気、
あぁ ・・・ そうだなぁ ・・・
それを守ろうとする努力 ・・・

うん、それが、できますように、いや、できる、やれる、
やるんだ、うん、そうだね。

ふふ じゅんこねぇ、ありがとう。
Commented by yayoitt at 2008-08-29 06:42
tui さん

命と向かい合って生きることって、本当に、無力を再認識させられる
こと、自分のちっぽけさを思い知らされる、そういうことが、
常にありますよね ・・・。

掌にあまる物はきっと、大き過ぎて、幸福な時には見えないのかも
知れませんね、それが零れて失いかけた時にきっと、
その ソンザイ を知るのかも ・・・ 知れませんね。

その意味は、とてもよくわかるような気がします。

雪山に惹かれる人は、いるのですよね。
雪山だけを写す為に登る写真家とか ・・・ きっと、同じように
感じてみえるのかも、知れませんね ・・・。

ありがとうございます。
Commented by yayoitt at 2008-08-29 06:45
鍵コメ at 2008-08-28 23:27 さん

正に、その通りだと思います!!

・・・ 与えられた境遇で、与えられた運命を、一生懸命生きる

本当に、その姿に、唖然とさせられること、あるよね。
尊敬してしまう、自分には到底、できないんだと。

比べない、今の今を、生きる命たち、なんだよね ・・・。

ふふふ

ちょっと参考になってよかった良かった ・・・。
おうおうおうおうおう、そのあたりは、近すぎず、遠からずで、
友達も住んでるし、バスですぐに行けるし、実は今、マイケルも
そのあたりの友人の家に遊びに行ってるよ。

あぁ ・・・

日本から帰ってきたら、早速!!!

楽しみができて、嬉しいわぁ ・・・ 帰って来る楽しみ!!
うふふ 
<< パンを踏むと ・・・ お腹がすいたら ・・・ これっっ >>