伝統 の名の下で殺される
イギリスはバッキンガム宮殿を守るべく護衛隊の姿 ・・・

誰もが一度は、映画やテレビ、写真などで見たことのあるその姿 ・・・

         赤い制服 黒くて大きな長い帽子
c0027188_510576.jpg

その帽子は、熊の毛皮である。

英国では年間、50から100もの新しい帽子を購入している。

この熊の毛皮は、高額でカナダから売られている。
c0027188_5142521.jpg

カナダでは毎年、何十頭もの黒熊たちが、その帽子の為に殺されている。

ハンターは、餌で野生の黒熊を誘き寄せ、餌を求めてやって来た熊を射殺する。

殺される熊たちの多くは母親熊で、残された小熊の70%が、
母親を失くしてから1年以内のうちに死んでいる。
c0027188_5145733.jpg

殺される大人の熊たちのうち、全てが即死するわけではなく、何度も繰り返し撃たれ、
もがき苦しんで死んでいる。

この 伝統 の始まりは、200年前のウォータールーの戦いに遡る。

フランスはナポレオン皇帝が率いる軍隊の護衛たちは、
その姿をより高く驚異的に見せる為に、熊の皮の帽子をかぶっていた。

1815年、フランス軍が敗北した際、英国軍はフランス護衛隊から、
その帽子を奪い取った。

それが、現在のバッキンガム宮殿の護衛の伝統的姿となった。

c0027188_5165023.jpg

伝統の帽子 の為だけに殺される命 ・・・
c0027188_5191797.jpg

PETA(People for the Ethical Treatment of Animals 動物の倫理的扱いを求める人々の会)を中心に、英国の政治家も参加して、数年前から、この熊の毛皮を使った防止の廃止を訴えている。

彼らは、熊の毛皮に代わるヘイクファーで、より質の良い物を考案し続けているが、
まだ起用はされていない。

しかしその成果により、2005年から現在まで、新しい熊の毛皮の帽子は購入されていない

   (3月11日のThe Scotsman新聞より抜粋、私なりに訳させて頂きました)

伝統 という名前の下に ・・・ 着飾る為に ・・・ 命を侵すことは愚かで浅はかだと ・・・。
by yayoitt | 2008-04-02 04:19 | 愛する動物のこと | Comments(33)
Commented by azuretime at 2008-04-03 06:52
全然知りませんでしたが、熊の毛皮だったんですね。
毛皮を尊ぶ文化は要らない…
極寒の地で、生活するのになくてはならないものというのなら、まだしも・・・
それですら、命への尊厳を無視したとり方は許されないと思うのに

PETA…たまに、毛皮反対運動をしている人が全裸で講義をしたりする団体ですね。
やる事は過激だけれど、それだけ強く人々にアピールすることが出来るって、凄いなぁ…。
2005年から新しい毛皮の帽子が購入されていない…
このまま、ずっと購入が見送られ続ければ、需要がなくなれば、殺されなくてすむんだ…
Commented by Neko at 2008-04-03 08:06 x
需要がなければ、殺されないはず・・・
そうだよね、そして現在、フェイクファーもあるんだし。
それで、何が問題なの?って思うんだけどね。
熊の毛皮じゃなきゃいけない理由?
思いつかないよ。

例えばイヌイットの方が生活上必要として捕るのは否定も禁止もできないと思う。
それは、その人達の生活を無視することにほかならないから。
イヌイットの人達の生活が、徐々に変わっていく(その是非はさておき)のならともかく、「明日から生活様式はこれ、他は認めない」てのは無茶というもの。
日本人だって、「明日から○○人の生活にしなさい」なんてできないじゃない。

子供の頃、キツネのしっぽが欲しかった。
あのふさふさした、あれを触っていたくて、凄く欲しかった。
今、道路脇で時々亡くなっているのを見ると、切ない。
もっとドライバーが気をつけていたら、事故に遭わず死ななかったのに。
(動物が飛び出してきても、「迷わず跳ねろ」「ブレーキを踏むな」って、追突防止という理屈は分かるけど、他になんか手段ないのかと思うよ。)
Commented by martini_glass at 2008-04-03 10:08
初めて知りました。
イギリス王国として贅沢を施した帽子だったのですね。
変わっているとは思っていましたが、それほども興味はありませんでした。
良かった。帽子のために殺される数が減っているのだったら。

でも、ロシアの人達がかぶっている帽子も何の毛皮なんでしょうね。
真冬になるとよく見かけます。
ごっついコートも、アメリカ人が着ないようなのを着ているのですぐにロシア人だと分かります。
Commented by akibrandy at 2008-04-03 17:41
そっかぁ、あの帽子は熊さんの...
確かに言われてみれば、毛皮はむか~しむかしから権力の象徴でもあるよね。肖像画とか見ても、あちこちに毛皮や羽がつけられてて。珍しさも権力を象徴していた感じ。
狩りをしてその副産物として毛皮を利用していた昔ですら、トップの人たちの部屋や衣装には平民(?)よりもふんだんに取り入れられてきてるもんね~。(絵とかでしか見たことないけど)

そういう意識は未だにあるね。連綿と続いてきたことだから疑問に思わない人たちも多いんだろうな。
でも、↑みたいに、「嫌だ」とか「おかしい」とか感じる人たちの力で、ストップさせることは出来る。
副産物としての毛皮や生きるために必要な毛皮には反対しないけど(私はね)、それ以外の毛皮は本当にやめて欲しい。先日も「ファーオブザイヤー」の受賞がニュースになってどんよりしちゃった。こうやって見たくない芸能人が増えてゆく...
Commented by yayoitt at 2008-04-04 07:14
苺ちゃん

私も新聞を読むまで知らなかった。

うん、毛皮を尊ぶ文化は、要らない。

今の現代社会で、ことに経済的に豊かな国で、
本物の毛皮ではなくても幾らでも代わりがある世の中で
本物の毛皮をファッションや飾り、見栄の為に使う、
それはやっぱり、要らない。

PETAは、強く訴え続けているよね。
確かに時に、人々の目には過激に見える訴えではあるけれど、
でも、そうしなければ、誰かの心に届かないことも、
あるのだろうね ・・・。

本物の毛皮を、絶対に買わない、使わないという
消費者の態度が ・・・ 何よりも効果的なのだよね、
メッセージとしても、そしてビジネス側に訴えかける ・・・。

ありがとうね、苺ちゃん。
Commented by yayoitt at 2008-04-04 07:19
Neko ちゃん

そう、需要がなければ ・・・

全ては、お金、欲。

うん、代用品がちゃんとある。

熊の毛皮でないといけない理由は、多分、その昔の
強さを誇張する ・・・ それだけなのだろうね、今は、言い訳。

イヌイットの人達は、感謝して、自分が生きる分だけ、無駄にせずに
使っていた、だけど、この現代社会の乱獲などは、その意味が
全く違うよね。欲と自慢、そして遊びとしてのハンテイングだ。

キツネや野生動物、この人間社会に追いやられて、
仕方なく人間の住む場所に迷い込む彼らが、人間によって
殺される、車に轢かれる、って、とっても悲しい ・・・。

彼らは、何も知らない、慣れるなんてありえないものね。
ありがとうね、Nekoちゃん。 
Commented by yayoitt at 2008-04-04 07:25
martini_glass さん

私も新聞で初めて知ったよ ・・・。

イギリス王国として、贅沢を施した、うん、そして伝統としての
無意味な物だった ・・・。

うんうん、良かった、ちゃんと反対者の、地道な訴えが
成果を実らせているのだものね。

極冬のロシア、あれも何かの毛皮じゃないだろうか ・・・。
今度、検索してみよう ・・・。

ファッションではなく、それが必要で、ビジネスの為ではなくて
本当に必要で、感謝して使われているだろうか ・・・。

この冬、こちらで流行った、バックスキンみたいなのでできた
女の子のファッションのブーツ ・・・ 

寒さも酷くないこの場所で、見るからに変だ、って思うのに
流行だからって、ミーちゃんもハーちゃんも履いてた ・・・。

あんなおかしなファッションの為に本物の動物の皮が
使われているのは、悲しい ・・・。

ありがとうね。
Commented by yayoitt at 2008-04-04 07:34
亜紀ちゃん

うん、カナダの熊さんだよ。

私も知ったばかりだ、ショックだった。
知らないことが、多すぎる ・・・ 知る度に、悲しみが増すね。

毛皮が権力の象徴 ・・・ そうだよね、特に熊となると、
大きな熊と戦って獲得した ・・・ ってイメージなのかな?
熊としたら、我が子を守る為であったり、自分の住む場所を守る
為であって、決して力を誇張するとかではないものね。

こちらのお屋敷などには、シカの角がよく飾られている。

あれも、同じだよね、死体を飾る、屍を人に見せるのが
どんなに、喜ばしいことなのか ・・・

私にはわからない、ただただ、軽蔑してしまうだけだ。
Commented by yayoitt at 2008-04-04 07:34
続くね


何も考えない人が、怖い。
何も考えようとしない人々、知識もないし、知ろうともしない、
人間が一番大切と思っている、それを覆すきっかけもない。

うん、声をあげること、考えを口に出すこと、態度に出すことで
確かに少しづつ何かは変わって行くはず。
自分の考えは何なのか、持つことから、それは始まるよね。

ファッションや、生活に必要のない、命の副産物を
何も考えずに購入するのは、恥だとさえ、思えるよね ・・・。

ファーオブザイヤー ・・・

そんな受賞、何を思って、どう考えて、作ったのか?
そして、それを見て、素敵!と思う人が、何も考えず、感じず、
そのチャンスをも与えられず ・・・。

1人1人が、考えるチャンスだね。
そして、行動する ・・・。

ありがとう
Commented by nekokenネコケン at 2008-04-04 18:30 x
こんにちわ~。  以前、どんな名前で投稿したかわからんないっす。
洋服の仕事やってて、ベジタリアン(にせっぽい)で、岐阜県各務原市出身で。。
過去の自分の投稿ってまとめて検索して表示させれるんでつかね、こういうブログは。

とにかく、!私は、洋服業に携わっているけども、毛皮系のものは絶対に販売しない、という主義なんであります。

そんな私が、4月22日、ヒースロー空港に日本から降り立って、5月22日まで一か月英国に滞在しますよーん。目指すはグラズゴーですよーん。

ブリティッシュ・エアウェイズ6便(BA-6) エコノミークラス   2008/04/22(火) 10:55発 NRT:東京(成田)  2008/04/22(火) 14:55着 LHR:ロンドン/ヒースロー空港  予約状況:OK ブリティッシュ・エアウェイズ7便(BA-7) エコノミークラス   2008/05/22(木) 15:45発 LHR:ロンドン/ヒースロー空港  2008/05/23(金) 11:10着 NRT:東京(成田)  予約状況:OK
Commented by ネコケンつづき at 2008-04-04 18:34 x
こないだ、国道沿いで車にひかれて倒れているネコがいまつた!その時のダイナミックかつ、喜びと悲しみにあふれるお話はまたいつか。。

ロンドンにいる友達が2,3日泊まっていけ、というので、2,3日か、滞在した後、スコットランドに向かう予定ですが、予定は別になく、かなりゆきあたりばったりの一カ月にする予定です。 うほっ うほっ
岐阜県から何かおみやげでももっていきますか?
て、考えたら岐阜県の物って一体何だ。。。頭に浮かばない・・・だめだな岐阜ケン
Commented by またねこけん at 2008-04-04 18:37 x
店はこんなかんじですよう

http://www.rakuten.ne.jp/gold/inthecloset/
Commented by ゆき at 2008-04-04 20:03 x
あ~この帽子…うん熊さんの毛皮だっていうのは知ってました。
真夏でもこれ被ってるらしいね。
ちかごろのロンドンは暑っついから、拷問以外の何物でもないような気が…。
嫌々ながら身につけるなんて犠牲になった熊さんに失礼だよ。
本当に申し訳ないと思う。
スタイルの伝統を守るためだけなら、フェイクだって充分見た目も何も問題はないと思うんだけどなあ。
でも2005年から購入されていないってことは、ひょっとしたらひょっとするかもよ?
「英国王室 毛皮使用全面禁止」なんて見出しがフィナンシャル・タイムズやデイリーテレグラフあたりのトップを飾る日を期待しよう!
というか、そうなる!と心に念じよう!
そうなったらファッション業界にも少なからず影響を与えるよね!

いつも読んでるY新聞が、東コレやパリコレの時期は記事を定期的に載せてるんだけど、その中でステラ・マッカートニーはいつも取り上げられているよ!
明らかに消費者が何も知らなかった昔とは違ってきていると思う。
今はまだ地核のお鍋の中でふつふつと煮えたぎって来ている状態。近い未来マグマのようにドカンと吹き出すよ!

Commented by ねこけん at 2008-04-04 20:08 x
私、イギリスいったときに、寄ってみたいところがあって、
ひとつはPETAの事務局ですね。

PETAは動物愛護の好きな団体でつ。
やることが大胆で行動的なところが好き。
Commented by chirorin_wan at 2008-04-04 21:59
知らなかったよ。。あの帽子が本当のクマの。。(泣)

なんで?必要ないじゃん?
どうして熊でなきゃいけないの?
まじ。。人間っておかしいよ。。
親熊を人間の為に殺されて、どうしていいか分からない子熊たち。。

そう言った行為があの素晴らしい自然がある、カナダで行われてるって事も。。正直悲しい。。
アザラシの子の撲殺もカナダだったよね?

想像して欲しいよね、自分達が行っている行為が何をもたらすのか。。
買う人が居なければ、この商売は成り立たない!
いらねぇーーーーーーー!!!!!!!!って言うしかないよね。

やっこちゃん知らせてくれてありがとう☆
Commented by じゅんこねえ at 2008-04-04 22:59 x
こんにちわ!やっこさん。

やっこさんと出会ってから知った事が多くある。
その一つ一つに心が痛くなる。怒りじゃなくて悲しみ・・・
過ぎてしまった時間を戻す事はできない。
だから、今、これから・・・を考えなきゃならない。
でも確実に人々の心は動いてる。未来へ繋げようと頑張ってる。
知ってよかった・・・
ありがとう やっこさん。
Commented at 2008-04-04 23:14 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2008-04-04 23:45 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ねこけん at 2008-04-05 02:27 x
弥生さんの、動物虐待のことなどを多くの人たちに知らせているこのブログ、素晴らしいと思う!熊の件、ただただ悲しいですね。。。

僕もなんでもいいから何かの形で改善に協力したい。

そのためにもまず自分のビジネスをしっかりさせなきゃな。。。
Commented by リオンカノンパパ at 2008-04-05 02:36 x
日本のメディアなんかにもたまに有名人が毛皮がステータスかのように着飾っている人を見かけますね 同じTV局でニュースキャスターなどが自然保護を語る中で同じTV局製作のバラエティー番組などで高級毛皮を褒める・・なんか矛盾だらけですよねー 人間と同居生活が出来る生き物は愛玩してそれ以外は殺す 訳の分からない伝統って沢山ありそうですね      ちなみにダイアナ ロスとの握手は彼女のコンサートと某所の通路で会った時です シュープリームスの時からのファンで 逢った時は抱きしめたかったけど・・さすがにそれは出来なかったですねー(泣)
Commented by yayoitt at 2008-04-05 05:26
nekokenさんっっ

今、思い出しました!

服のお店、そして英国が好きで ・・・ でしたよね?
各務原市出身 ・・・ 先日の投稿で、どうも女性と思いこんで
いたので思い出せませんでしたが ・・・ 笑

毛皮系のものは絶対に販売しない主義 ・・・

とっても嬉しいですね、素晴らしいです!

グラスゴーにいらっしゃいますか!
エジンバラにも足を延ばしてくれませんか?
宜しかったら、お茶でもご一緒、いかがでしょう? ふふふ 
Commented by yayoitt at 2008-04-05 05:32
続きます

外に出歩くネコは、どうしても常に自動車事故の危険が
ありますよね ・・・。慣れていけば車の怖さとか、道路を避けたり
できるようになるのですが、それでもなかなか ・・・。

とても、悲しいけれど、人間社会で暮すネコにとっては
仕方がない、とも言えるのかも知れませんよね ・・・。

是非とも、お会いしたいです。
いやいや、お土産目的ではなく ・・・ 笑

えーっと、岐阜県の ・・・ いやいや、お土産ではなく ・・・ 爆

宜しかったら、メールをください。
無理は言いませんが、エジンバラも、本当に素敵ですよ、
グラスゴーから電車でも50分ほどですし!!

yayoitt@hotmail.com です。
Commented by yayoitt at 2008-04-05 05:36
続きます

すみません ・・・。
お店のサイトから、店長さんのお部屋に行ってみました。

↑ 私は、ネコケンさんを男性の方、と思い込んでいましたが
これまた、大きな勘違いでしたか ・・・ 焦っっ

勘違いだったら本当にゴメンなさい ・・・ 土下座
Commented by yayoitt at 2008-04-05 05:42
ゆきさん~

ゆきさんは、知ってたんだぁ ・・・。
ふふふ ゆきさん、大好きだろうなぁ ・・・ この姿ね!
なんて、思っていたよ、私も カッコいい と思ってたもん。
この、現実を知るまでは ・・・ ついこの間だけど。

そうだよね、伝統を守る為だけなら、フェイクであろうが
見た目が大事なのだろうから、本当に関係ないと思うのにね。

「英国王室 毛皮使用全面禁止」

うんうん、そして、ロイヤルファミリーの伝統のお遊び、狩猟も
全面的廃止に!!

・・・ 心に念じるよ。

この国を、代表して、動物愛護を、人道を、訴えて欲しい。

ステラマッカートニーはヴィーガンだと、多くの人に知られているよね。
モデルの中でも、毛皮や皮は一切身に付けない、という
意思表示のあるモデルも出てきてくれると、良いのになぁ ・・・。

ベジタリアンやヴィーガンのモデルもいるはずなのになぁ ・・・。

うんうん!!マグマのようにドカンと吹き出す日を!!
ゆきさん、本当に力強い言葉を、ありがとう!! 嬉しい。
Commented by yayoitt at 2008-04-05 05:45
ねこけんさん

英国のPETAの事務局ですか!!
どこにあるのだろう?

うんうん、良いですね、PETAは私も好きです。
そう、訴え方も斬新で、そして多くの人々の心を掴む
現代的で芸術的なやり方も大好きです。

一緒に、真っ裸になって、一度、毛皮反対を訴えたい!!
Commented by yayoitt at 2008-04-05 05:53
タカちゃん

私もね、新聞読むまで知らなかった。
考えもしなかった、なんだろう?なんて疑問にも思ってなかった。

熊でなければいけない理由があるとしたら、
大きな熊を殺した、という脅威を示す為なんだろうなぁ ・・・。

でも、現代社会では、結局、英国とは関係のない
カナダのハンターが誘き寄せて殺して、売買してるんだもん、
意味はもう、そこには何もないよね ・・・。

カナダの人々も、多くが、アザラシ猟やこの熊狩りを反対してる、
だけど、政府がサポートしているから、なかなか終わりにならない。

もうね、既に今年のアザラシ猟、始まったんだ ・・・。
白い氷の上が、真っ赤に染まってるんだ ・・・。
Commented by yayoitt at 2008-04-05 05:53
続くね

うん、本当にこういうことって、誰がどうしたら終わりになるかと
言ったら、タカちゃんが言うとおり、買う人がいなければ、
この商売は成り立たないんだよね、消費者がいなくなれば、
この猟は終わるんだよね ・・・。

何も知らない、知ろうとせずに流行とかファッションに舞い上がってる
消費者、先進国の消費者 ・・・。知らないは罪なんだよね。

タカちゃん、伝えて行こう、そして買わないで行こう、
その態度が、未来を変える!!

こちらこそいつも、本当に ・・・ ありがとう。嬉しいよ。
Commented by yayoitt at 2008-04-05 05:59
じゅんこねえさん

こんにちわっっ!!

知ってくれて、本当にありがとうございます!
知ることの大切さ、知って、自分はどうするのかと考える、
それが何より大切なんだと思います。

そうですね、過ぎてしまった時間は戻せない。
消え去った何万もの種は、2度と同じ形で戻らない。
それが、人間のもたらした、種の絶滅。

私もそう思います、確実に人々の心は動いてる、って。
この、緊急事態の地球上で、多分、それでも遅いのだろうけれど
だけど、何もしないよりは絶対に何かは変わると信じています。

未来へ繋げようと頑張ってる ・・・ うんうん、そう思う!

知って下さって本当に、ありがとうございます!! 
Commented by yayoitt at 2008-04-05 06:02
鍵コメ at 2008-04-04 23:14 さん

とても、嬉しいです。
このブログを続けてきて、こういう言葉を聞けると、
本当に、無駄じゃなかった、続けていて良かった ・・・ って
泣けるほどに嬉しいです ・・・。ありがとうございます。

私も、ヴィーガンになって、2度と買わない、
だけど、既に持っている動物たちの体の一部は、
大切に大切に、使わせていただく ・・・ そう決めています。

感謝して使う ・・・ その心が、大切ですよね。 
Commented by yayoitt at 2008-04-05 06:11
鍵コメ at 2008-04-04 23:45 さん

人に伝えることの難しさ ・・・。

人は、その 気付き方(知り方) によっては、
むしろ、ムキになって、耳を塞いでしまう場合もありますよね。

人の心を動かす一番の方法は、言葉ではないことを、最近になって
よく感じています。

その人の態度(無言の)を、人が見た時に、無言のメッセージを
受け取り、感動し、その時に初めて自分を見直すものだと ・・・。

言葉では、事実として伝えること、意見ではなく、事実として
伝えること、それが大切だと思います。

買えないではなく、買わない ・・・

そうですね、誰か他の人の力で止められた行為であれば、
それは長続きはしない ・・・。

そうではなくて、自らの頭で考えて決断した、“しない” であれば
自分に負けたくないと、しない行動を守り続けることができる。

鍵コメさん、痛いほど、もう、いったいほど、伝わりましたよ。
その通りだと ・・・ 同じ気持ちです。ちっちゃなことでも今、
自分にできることを信じて、自分を信じ、続けて生きたいですよね。

ありがとうございます!!お話したい。 
Commented by yayoitt at 2008-04-05 06:18
ねこけんさん

何度も足を運んでくれているのですね!! ふふ

どうも、ありがとう!! (嬉し泣き)

ネコケンさんは、そのお店の中で、ちゃんと伝えてみえますよね。
流行とか、可愛いとか、お洒落とか、そういう気持ちだけで
服を選ぼうとしている人々が、ふ、と目を留める。

どうして本物の毛皮ではなくてフフェイクなんだろう?

もしもそんな疑問を誰かに抱かせることができれば ・・・
それだけで、大きな前進になりますよね。

自分の今、できること、すぐに結果には結びつかないけれど
だけど、信じてコツコツできること、ちっちゃなこと、それを
積み重ねたらきっと、未来は大きく変わりますね!!

一緒に、諦めないで進んで行きましょう!! 

本当に、ありがとうございます。
Commented by yayoitt at 2008-04-05 06:29
リオンカノンパパさん

日本のテレビは、とても無責任ですよね。
そして日本人も、テレビなどで報道されると、それが良い!と
暗示に掛かってしまう、弱い大衆意識が根強くあるように思います。

だからこそ、1人1人の日本人が、テレビや雑誌に惑わされる
ことなく、自らの頭で考えることが、とても重要になると思います。

 ・・・ 人間と同居生活が出来る生き物は愛玩してそれ以外は殺す

そうなんです!!
まさしく、そうなんですよ!!
しかも、可愛がり方が人間中心であったりする。
決して着心地の良いものではない不必要な服を着せられた犬猫。
その命のことを思っているのではなく、自分が満足したいから、
だったり、するのでは? と、どうしても首を傾げてしまいます。

同じ命 ・・・

虫も、ゴキブリも、ネコも、熊も、犬も、ゾウも ・・・ 同じ命

それを、全ての人々に ・・・ 感じて欲しいと願います。
Commented by yayoitt at 2008-04-05 06:29
続きます


ダイアナロスとの出会い!!

某所の通路というのが、とーーーーっても気になりますが(笑)
逢った時には抱きしめたかった、それほど本当に大好きなんですね!

あぁ ・・・。でも、今度、そのチャンスがあったら是非っっ!!

シュープリームスの頃の彼女、可愛らしかったですよねぇ・・・。
あぁ ・・・ 良いお話を、ありがとうございます。

でも、某通路って ・・・ ふふふ 笑
<< 微笑んでしまう写真たち やっこ、まさかのあの人に会うっっ >>