卵を産む養鶏所の雌ニワトリ(Battery Hans)
       
        卵を産む養鶏所の雌ニワトリの一生


一羽の雌ニワトリに与えられるケージの広さは、その羽根を広げた大きさの2分の1である。
c0027188_7173398.gif


              * ケージでの一生 *

卵の為の養鶏所の雌ニワトリは、その産卵だけの為の生涯を、3~7のニワトリたちと一緒に1つのケージ入れられて過す。

多分、あなたが見ている、このPCの画面よりも狭いスペースの中で、彼らにとってのたった一つの逃げ道 ・・・ 屠殺所である。

これらのケージは、大きな人口のライトの付いた小屋に並べられている。

雌のニワトリは、細い傾斜したワイヤーの上に立たされ、下肢と足は不能な状態となってしまう。

木に止まること、口ばしで羽根を整えること、汚れを落とすこと、水で身体を洗うこと、羽根を伸ばすこと、または静かな場所に卵を産むこと ・・・

雌のニワトリにとって、とても大切で必要である、これらのことが全て、出来ない。
c0027188_7213645.jpg

               * 骨折 *

卵の為の養鶏所の雌ニワトリは、骨折の頻度が高い傾向にある。

彼らの骨は、産卵のし過ぎで、とてももろい状態にあり、骨粗鬆症の頻度がとても高い。

最期に彼らが屠殺される時までには、養鶏所の雌ニワトリの実に56パーセントが、何らかの骨折があり、苦痛な状態でいる。
c0027188_7221895.jpg

              * 口ばし切断 *

異常なストレスと混み合った状況の中で、養鶏所の雌ニワトリたちは、お互いを突っつき合ってしまう。

そこで農夫は、3分の1の割合で、生後間もないニワトリの口ばしを、熱したワイヤーのギロチンで切り落とす。

これは、ひどい痛みを伴い、その苦痛のショックで死んでしまうものも多い。

また、口ばしには神経が密集しているので、切られた後、何ヶ月も、予想では1年も、痛みで苦しみ続ける。

口ばしが切られたニワトリの多くは、痛みと不具合によって、まともに食べることも出来なくなる。
c0027188_723368.jpg
c0027188_7233338.jpg

           * 強いられる羽毛の抜け替わり *

雌のニワトリは、秋に羽毛が抜け替わり、2~3ヶ月は休息の為に産卵をしなくなるのが自然である。

しかし農夫は、この卵を産まない期間をより短くする為に、養鶏所の雌ニワトリを、半飢餓、または全飢餓状態にさせ、そうすることで、より早く産卵の時期に戻させる。

多くの養鶏所の雌ニワトリは、この時期に、飢えて死んでしまう。
c0027188_727119.jpg

       死んだニワトリの身体に、産んだ卵を隠そうとするニワトリ

               * 電球計画 *

既に、産卵の容量が最高潮にさせられているl養鶏所の雌ニワトリたちだが、更に、電球によって刺激を受け、もっともっと卵を産む。

脱腸や腫瘍は、養鶏所の雌ニワトリによく見られるが、これは、産卵による疲労困憊が原因となる、目まぐるしいカルシウムの欠乏が原因である。

これは、雌ニワトリがそれ以上、その状態に耐えられなくなった時に起こり、やがて、気を失い倒れ、死んでしまう。
c0027188_7253878.jpg

           立ったまま死んでしまったニワトリ

              * その最期 *

その、産卵の最高潮の時期を過ぎた雌のニワトリは、不必要とされる。

狭いケージから取り出されると、カゴの中に他の同じニワトリたちと一緒に投げ入れられ、トラックの荷台に入れられて、屠殺所へと運ばれる。

両足を縛られ逆さにされ、ベルトコンベアーに吊る下げられ、次々に屠殺されて行く。

狭いケージを出てから、屠殺されるまでのこの段階で、その扱いによって多くのニワトリが骨折する。

(オーストラリアのアニマルライツのサイトから、訳させて頂きました)
by yayoitt | 2008-01-16 07:31 | 愛する動物のこと | Comments(16)
Commented by momoママ at 2008-01-17 08:23 x
私の散歩コースに、ニワトリ小屋が3箇所くらいまだ残っています。
勿論、このような状態で玉子を産み落としてるとは知りませんでし
た。知る事?なくす事?苦痛を和らげる事?何がいいのだろうか?
Commented by momoママ at 2008-01-17 08:28 x
11日の英国の記事を見てきました。
なるほど、広いゲージやトイレの施設など、
規定が出来たり、苦痛が少しでも和らげら
れる行動が起きてるのね。よくわかりました。
Commented by mame118m at 2008-01-17 09:58
辛いなあ。でも、あえて辛い本当の事を、これからも書き続けてくだされ。
それは、少しでも動物の命のため。
人間の深い欲を反省するため。いつも、ありがとう。
そして、ご苦労様。

話は変わるけど、やあのブログから、写真を勝手に借りちゃいまして、
事後報告でごめんなあ~(笑・・・誤魔化し)
Commented by azuretime at 2008-01-18 00:18
なんか不思議です。最近私もニワトリの事ばかり考えていました。
雌のニワトリは、身体がボロボロになるまで卵を産まされ続け、産めなくなったら肉にされる…そういう現実なんですよね。
安らぎや自由が何一つない環境で。
鳥らしく、木の枝にとまる事さえかなわない。
どうしたら良いのでしょう…
Commented by kworca at 2008-01-18 01:52
生き物によって、生きていかなければならないにしても、そのやり方や気持ちは効率化してはいけないのですよね。
Commented at 2008-01-18 01:54
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by dutelovecat at 2008-01-18 04:01
>両足を縛られ逆さにされ、ベルトコンベアーに吊る下げられ、次々に屠殺されて行く。

その最後まで人間使用の物質でしかない、んだね。残酷ってどういう事を言うんだろうね。
私は↑を15、6才の時映像を見ちゃったから何か間違ってる?に気づきベジタリアンやベーガンを始めたけど。でもその思いも其処で止めちゃ追うだけではいけないんだよねそれではただの自己満足で終わるのかもね。食べるにしても食べないにしてもその思いの大きさによって違って来るもの、食べるから物を言えないと言う事でなくってね。
知ってあげるその上で選んで食して行く選択は人間に在るのだから幸いに、だったら値段が高くっても命在った物に感謝して食べられる様によりフェアーな状況下で過ごしただろうと思われる値段が高くオーガニック認定されているものやフリーケージで過ごしたお肉達を食べて上げて欲しい。
私はお肉を食べる事は必要ならば必要な事と思うから、色々な背喝が在って色々な人生が人夫々に在るからネ。ただ選択を出来る、という事を忘れて欲しく無いな。知る事や知識の大事さって優しさかもしれない。

間違ってる、って大きな声で言える様に。
Commented by yayoitt at 2008-01-18 07:00
momoママ

そのニワトリ小屋は、養鶏所なのかな?
私も、田舎の養鶏所を、昔は平気で通っていた。
何も思わなかったよ。

こういう事実を知るまでは ・・・。

全く、同じとは限らないけれど、養鶏所はどこも似たような
環境なんだとは、思います。

知ることが最初 ・・・ そして、感じること ・・・
その上で、自分に何が出来るか、考えること ・・・ 選択すること。

例えば、消費者として、養鶏所から来た卵は買わない、とか。
放し飼いのニワトリの卵を選択することも出来るから。

それも、まずは、知ること、そこで自分で選択になるんだよね。
Commented by yayoitt at 2008-01-18 07:01
momoママ

続きます!

ありがとうね、読んで、感じてくれて。

現実と、向き合ってくれる、そういう姿勢が、
一番、大切なんだって思う。

本当に、ありがとう!
Commented by yayoitt at 2008-01-18 07:05
まぁ~~

こういう記事は、いつも鼻垂らして、
ぐっちゃぐっちゃになりながら、書いてるわぁ ・・・。



でも、知っていること、知ったこと、知らせたいこと、
シェアーしたいこと、それはこれからも、書き続けるよ。

自分が傷つくくらいで、動物の痛みや苦しみは解放されない。
だから、続けるよ、知り続ける、訴え続けたい。

だけど同時に、弱いから、あえて見ないでいたいテレビとか
そういう大切な番組もあるのに ・・・。情けない。

さっすが、姉っっ

わかってくれて、本当に、ありがとうな。
写真 ・・・ あの写真かよっっ!! 笑

良いよ~~~。喜んでぇ~~~。 ふふふ
Commented by yayoitt at 2008-01-18 07:10
苺ちゃん

繋がってるねぇ~~、苺ちゃん。

生まれた時から、まさに地獄しか知らず、地獄を生きる、
ただただ、地獄を生かされる、そういう命なんだよね。

やっぱり、他の動物のこと、虐待や、毛皮、そういう命の事と同じで、
知ることから始まるんだろうね ・・・。

知って、感じて、考えて、選択する。

例えば、日本でも平飼いのニワトリの卵を購入できる。
高いけど、できるんだよね。

そして、隣に座った同僚に話してみる。
誰かに伝える ・・・。

そういうちっちゃな働きが、大きく未来を、絶対に変えるよ!
信じていこう、ね、苺ちゃん。

私もいつも、苺ちゃんから教えてもらっているように ・・・。

ありがとうね。
Commented by yayoitt at 2008-01-18 07:18
桂子っちん

うん、生かされている為には ・・・

やっぱり、必要なだけ、本当に使うだけを、大切に
大事に、そして命を尊重して、扱わなくってはね ・・・。
いけないよね ・・・。

せめて、ありがとう、と感謝しなくっちゃね。
そうしたら、無駄はなくなるよね。

未来を、変えられるよね。

ありがとうね。
Commented by yayoitt at 2008-01-18 07:19
鍵コメ at 2008-01-18 01:54 ちゃん

本当にね ・・・ 自分が傷付こうが、何一つ、動物には
関係ないし、彼らを救うことはできないいのにね。

だから、せめて ・・・ なんだよね。

見透かされちゃったな!
Commented by yayoitt at 2008-01-18 07:25
しづちゃん

これを、映像で見てしまうと ・・・
でも、それが日常で、現実で、当たり前で ・・・
残酷と感じながらも、その卵を美味しく頂いてて ・・・。

残酷って ・・・。

そうなんだと思います、しづちゃん。

知ってあげること。

そして、選択は、その個人でのこと。
ただ、知ることは義務だと思う。
それによって生かされているのだから。

選択方法、選択の幅は、決して狭くはないよね。
平飼いを選択。食べないを選択。無駄にならないように頂くを選択。
全ての選択を、価格だけに興味を持つのではなくて、
それがどういう風に来たのかを知って、下す選択を ・・・。

しづちゃん、心から賛同します。

本当にありがとうね。
Commented by ひろみ at 2008-01-29 03:29 x
やっこさん、書いてくれてありがとう。
ジェイミー・オリバーとヒュー・ファーンリー・ウィッティングストールの番組はどちらもやっぱり涙無しでは見られないものでした...。
卵は動物が産むものって分かってないような人もいるんだろうね、きっと。
卵を食べる人間がニワトリにできる最低限のことが、フリーレンジ(放牧)卵しか食べない!と決めることだよね。これが、あくまで最低限のことだと思う。
虐待の産物を食べるなんて、嫌悪感を持って当然だと思うんだけど、これも知らなければそんな風にも思えないよね。

最近コメできないでいるけど、時々息抜きにお邪魔してやっこさんの文章を読んで、共感しまくってるよー!では、また!
Commented by yayoitt at 2008-01-29 03:52
ひろみさん

ありがとう~~。
うんうん、私は余りに弱虫でみれなかったけど、
涙無しでは ・・・ と聞くと、本当に鼓動が早くなるくらい
それだけで、嫌悪感がでてきてしまう ・・・ ダメだな ・・・。

そうなんだよね、フリーレンジでも、ゆくゆくは、屠殺なんだよね。
結局はやっぱり、人間の為に、殺されてしまう ・・・。首をひねられ。

選択できる私たち、知ること、そして、選択すること、
とても大切だよね ・・・。こうしなくっちゃ、ということではないから。
自分で自分の為に、選択できるのなら ・・・。

まずは、知ることから、始まるね。
こういうことがテレビで取り上げられるようになって、嬉しいね。
日本は ・・・ まだまだ、かな?

ひろみさん、無理しないでね、時間がある時に、
またお話したい!! ふふ ありがとう!

<< やりっぱなし天国ぅ~ 誰かの夢の中の ・・・ あたし >>