皇帝ペンギンに迫る危機
南極の 皇帝ペンギン たちが今、生の継続の大きな危険にさらされている。
c0027188_61635100.jpg

絶滅の危機である。

南極大陸の、2つの大きな氷河の崩壊の影響を受けてのことである。

彼らが巣を作り生活している繁殖地が、氷山の崩壊の衝撃を受けて、分解されているのだ。
c0027188_6181724.jpg

その生活場所は現在、少なくとも5つのグループに分けられてしまい、生活する 皇帝ペンギン の数は徐々に減少している。

今年の10月に、ペンギンたちが2つの大きな氷河から吹き付ける強風で、かなり厳しい生活をしていることが報告されていた。

ペンギンは、他の動物に比べて、その子供を生む数がとても少ない。

親ペンギンは、子供にあげる食料が充分に捕獲できず、他の大人のペンギンたちは、溶けて落ちてくる氷に潰されて死んでいる。
c0027188_6174044.jpg

皇帝ペンギン は、マイナス数十度の氷原で繁殖を始める。

世界で最も過酷な子育てをする鳥 と呼ばれる。

厳しい冬に子育てを始めるのは、ヒナの成長と餌の量に関連していると考えられる。

秋にあたる3月~4月 皇帝ペンギン の群れは、海を離れ繁殖地である氷原に上陸。
c0027188_6205523.jpg

繁殖地は、海岸から50~100kmほど離れた内陸部。

海岸からこれほどに離れた場所を選ぶ理由の一つは、捕食者から逃れる為と考えられる。

5月~6月にかけ、は卵を1個だけ産む。

産卵の為に疲労しているは、餌を求めて海へ向かい、繁殖地に残ったが、卵を足の上に乗せて抱卵嚢(ほうらんのう)と呼ばれる、両足の間の厚い皮を使って抱卵を始める。
c0027188_6213361.jpg

抱卵は立ったままで行い、巣を作ることはない。

は、地吹雪が吹き荒れ、マイナス60℃になる極寒の氷原上で身を寄せ合い抱卵を続ける。

卵は約65日で孵化する。

抱卵中のは、絶食状態に置かれる為に、エネルギー消耗を抑えるよう、睡眠に近い状態で過ごすもが、卵が孵化する頃には、の体重は、40%以上も減少してしまう。

なんと、約120日間も絶食していることになるのだ。

8月頃にヒナが生まれるが、がまだ陸に戻って来ない場合には、が、食道から分泌した白色の乳状の物質を、餌としてヒナに与える。
c0027188_6235688.jpg

が海から戻って来ると、給餌はが行う為にはやっと海に出て行けることになるが、遠い海までの道中に、力尽きて死んでしまうものもいる。

by yayoitt | 2007-12-11 05:28 | 愛する動物のこと | Comments(9)
Commented by martini_glass at 2007-12-12 11:31
可愛い!!こんなに可愛い命が絶えることのないように人間は京都議定書通り二酸化炭素ガスの排出量を抑えなければならない。何年までだったか忘れたけど。一日も早くして地球温暖化を食い止めないと!!
話し変わって、「Happy feet」というアニメ映画があるのですが、観ましたか?あれもね、ただの可愛いだけじゃなくて、魚を取りすぎる人間たちにペンギンたちが訴えを起こしているお話しなんですよ。ぐっときます。
Commented by kworca at 2007-12-12 20:01
温暖化による影響で南極の地形が変わっているのも、減少の要因なんですよね。
別の所から新たに接岸した氷塊は、ペンギン達には切り立った崖のようになり、エサを取って再び陸に上がる事を難しくもするそうです。
自然淘汰では、済ませられない現状ですよね。
Commented by そらまめ at 2007-12-12 21:56 x
あぁ~懐かしい響き、、、3年前に南極へ・・・。あの氷河、自然のオブジェは忘れられません。が、滞在中の私たちもその温暖化現象を目の当たりにして来ました。どっどぉどぉどどどーと、崩れる氷河が。小さかったので今こうして生きておりますが、大きかったら津波のように押し寄せて~。
皇帝ペンギンには出会えませんでしたが・・・雛が親を待つ姿や雛を狙うトウゾクカモメやペンギンがアザラシに食われてしまう弱肉強食を!
アラスカや北欧のブリクスダル氷河もここ10数年前ぐらいでしょうか、日本へ帰って数日後に崩落のニュースでした。アラスカの氷河は絵はがきと違ってきていると~その頃でも聞きましたし~。温暖化現象をくい止める行動が何故にゆっくりなんでしょうかね。昔に戻りましょうよ、歩きましょうよ、いざとなったらレンタカーを借りればいいし、昔は寒かったような気がします。服を着ればいいのよ~。冬に家の中はTシャツなんて、、、おかしいじゃない!今、流行の湯たんぽ~これはいいことだし、エコに協力ですね!
Commented by yayoitt at 2007-12-13 06:42
martini_glass さん

本当に、こんな極冬の中で、必死に子供を育てて、
なんてなんて、愛おしい命たちなんでしょうね ・・・。

そう、忘れられた、裏切られた京都議定書 ・・・。

その二酸化炭素ガスの排出量をお金で買うだとか ・・・。

そんなことは、動物には何一つ関係ないのに、一番に身の危険に
さらされるのは、彼らなんだよね ・・・。

地球温暖化 ・・・

衝撃的なことに、これほどまで温暖化が語られる中で、
二酸化炭素の排出量は増えているのだとか ・・・。

Happy feet、はいはい!!
あの、フロード様、イライジャウッドが声をやると言うことで、
見たい~~って思ったけど、見ず終い ・・・。

ペンギンたちが訴えを起こしている ・・・

そんなメッセージ性があったとは ・・・ 見なくっちゃ!!
ドキドキする(こういう動物系はアニメでも悲しくなる・・・苦笑)けど、
でも、是非、DVDで見てみよう!!
Commented by yayoitt at 2007-12-13 06:45
桂子さん

地球規模で、今まで人々が、これは変わらない、って思っていたものが確実に変化し、縮小し、減少し、消失しているんだろうね。

・・・ 再び陸に上がる事を難しくもする 

あぁ ・・・ 彼らは飛べないものね。
今までは、そんな障害がなく生きてくれた、そういう自然だったのに。
全てが、人間の蒔いた種のせいだね ・・・。

もう、遅いのかも知れない、そう諦めそうになる自分が悲しいな。
Commented by yayoitt at 2007-12-13 06:53
そらまめさんっっ

そらまめさん、南極へ、行かれたのですか???

私、南極へ行ったことがあるという人に出会ったのは、
初めてです!!とても興味深いです、お話ゆっくり、お聞きしたい!

温暖化現象を目の当たり ・・・

大きかったら津波のように押し寄せて ・・・

そんな風なのですね、そんな場所で、年々その状況が悪化する
その場所ででも、皇帝ペンギンたちは、必死に生きている、
子育てしているのですね ・・・。

きっと、人々は、科学者はずっと知っていたのでしょうね。
確実に温暖化が進み、氷が溶けて、様々な自然動物たちが
絶滅してしまうことを、きっと何十年も前から ・・・。

だけど、まるで他山の火事で、声を潜めてたのでしょうか ・・・。
それとも、訴えてはいたけれど、誰も気にかけなかったのか、
人間に影響を及ぼすことではないから、と ・・・。
Commented by yayoitt at 2007-12-13 06:53
続きます


歩きましょう ・・・ はいっっ
レンタカーを借りればいい ・・・ はいっっ

大賛成です!!

確かに昔は凄く寒かった、だけどコタツ1つであったかかった。
他に選択肢がなかったから ・・・。

湯たんぽ ・・・ 私もこれ1つで、冬の布団の中は、あったかです。

ゆっくりではなくて、少し無理をして、個人レベルでも変えていかなくては、ですよね、もうね、ここまで来ると ・・・。

ありがとうございます、そらまめさん!!
いつか、ご旅行のお話、ゆっくりと ・・・ 土下座
Commented by at 2007-12-13 06:57 x
辛い話ですね。もう、時間がないんだなって…
彼らは、誰のせいで 地面が崩れていくのかなど、知る由もないのに
どうして人間は他の生命に迷惑をかけなければ生きられないのだろう

温暖化ひとつ止められないで、何が文明だろう…
Commented by yayoitt at 2007-12-14 05:53
苺ちゃん

北極、南極の危機は、かなり切羽詰っているようです。
毎日のように新聞に、その氷の消失が書かれている ・・・。

文明 ・・・ 発展、発達 ・・・

それは確実に、地球の滅びなんだよね。
<< 思いがけぬ再会と、聞きたくなかった話 やっこのガルル、マイケルのガルル >>