ラビットファー のこと 今一度  
ラビットファー

ウサギの、毛皮

それは、誰のもの?

ウサギに毛があるのは、誰のため?
c0027188_5111386.jpg

英国だけで何万ものウサギ、そして世界中では何百万ものウサギが、食用の肉の為、そして毛皮を剥がれる為だけに、小さなケージの中に入れられて生きている
c0027188_22544083.jpg

そのサイズをなるべく大きくする為に、エネルギーを極力発散させないように、より狭いケージに窮屈に閉じ込めてあるのだ。

このウサギ達は2度と、外の空気を吸うことはなく、その足で草地を歩くこともない

それどころか、歩くことも、跳ねることもないまま死を待つだけなのだ。

ある雌ウサギは2~3年ここで飼われて、交配を続けさせられ、既に100匹以上の(毛皮となり肉となる為の)ウサギを産んでいる

ある雌ウサギは、赤ちゃんを産んでまだ14日で、赤ちゃんにお乳を与える時期なのに再交配させられる。

食用の肉となるウサギ は生後たった8~10週間のもので、その毛皮は、価値の低い毛皮として使う為に剥がされる。

毛皮専門に交配されたウサギは、6~7ヶ月で、殺される。

しかし、6~7ヶ月まで生きられるウサギの生存率は、たったの 10% である。

毛皮となる為にこの世に生を与えられたウサギの90パーセントは、自然の空気や風、草地を歩くことも飛ぶことさえ知らずに、死んでいる。

ウサギ達は、飼育された場所から、業者の下に長距離を運ばれて行き、そこで 屠殺(とさつ)される。

通常、首の骨を折るか、喉を切って殺す
こうして飼われているウサギ達の多くには、精神、身体異常、病気が見られる。

後ろ足の痛み這って歩く、また、共食いである。

この飼育場を訪れた人が気が付くことがある。

 “ どのケージのウサギも、耳がないんだよ ”

 “ 母親が、生まれた赤ちゃんの耳を全部食べてしまうんだよ。” 飼育場の人が教えてくれた。

共食いは、ストレスと退屈と窮屈による精神症状の現われであり、また、もう1つの理由は、不自然で無理な配合を続ける為に母乳が出ない母ウサギが、この子ウサギは生きられないと認知しての自然反応なのだと思われる。

ウサギのファー(毛皮)は、食用のウサギから剥がされるという反論は、嘘である ・・・。

食用として殺された生後8~10週のウサギの毛皮は、あくまでも、安い毛皮として、買われる。

そうではない価値の高い毛皮になるウサギは、その為に特別交配されたものなのである。

また、ある飼育場は、アニマルテスト にする為のウサギを、育てている。

c0027188_4522989.jpg
c0027188_4525665.jpg
c0027188_452512.jpg

             中国の毛皮産業でのウサギも ・・・ 
        生きたまま毛皮を剥がれたこのウサギはまだ生きている


(記事は英文を私なりに訳させて頂きました)
by yayoitt | 2007-11-13 04:01 | 愛する動物のこと | Comments(17)
Commented by shizu at 2007-11-14 05:46 x
>   中国の毛皮産業でのウサギも ・・・  生きたまま毛皮を剥がれたこのウサギはまだ生きている

こんな惨い事ってないよね。。
恐ろしい。
痛い、苦しい、それ以上何も聞こえない。。
Commented at 2007-11-14 07:16 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by tekuteku at 2007-11-14 09:52 x
人間が動物たちにしている様々な愚行・・・よくそんなやり方(殺し方や生産方法等)を思いついたものだと、ため息が出てしまいます。
利益のためだけに、ここまで残酷になれるんでしょうか。

ほんとうに、世界の人々が優しい気持ちを持ってみんなで協力しあえたら、少なくとも利益につながる動物たちはいなくなるんじゃないかと思ってしまいます。理想論ですけど・・・

家畜でも毛皮でもなんでもそうですが、”○○生産工場”という名の場所は、まさに生き物がただの”モノ”として扱われるところ・・・そこには感情は一切生まれないのでしょうか。

彼らに命はあった。どんな過酷な状況でも、その体には心臓が動いて、血が流れて、目が動いて、足があって、息をして、感情があって。
すべて、私たち人間と同じ。

生きたまま毛皮を剥がされる苦しみは、私たちの想像を超えた痛みと苦痛に満ちたものなのでしょうね・・・
つらすぎますね。
Commented by tekuteku at 2007-11-14 10:37 x
何度もすみません。
世界の人々がみんなで協力しあえば・・・というのは非現実的な考えかもしれません。
やはり、酷い実態を多くの人が知り、需要を減らすことが一番の近道でしょうか・・・利益を生むということは、買う人がいるから、なんですよね。


Commented by ジョイママ at 2007-11-14 11:14 x
まったくまったく毛皮剥ぎは横行してるんだよね。
もうファッション界から離れて長い私、ファッション誌を見ることもほとんどないけど、日本のファッション誌、ニュース、「今年のトレンドはリアルファーがマストアイテム!」ってまじでやめて欲しいよ。そういうのに飛びついて老若含めて毛皮してる人見る度胸がほんとに痛むよ。
「あんた、惨殺死体を首にまいてるんだぜ。自分が生きたまま生皮剥がされるのって気持ちいい?」って脅してやりたくなる。
でも、こうした事実を知ってる人のほうが圧倒的少数なのが現実。
ジョイ子達に手出してそんなことしようとするヤツいたら、私は迷いなくそいつを殺すね。「一思いに殺してくれ~」って言うくらいじわじわと殺してやる。
映画(題名は忘却)でパリのシャルル・ドゴール空港の草地にはうさぎが生息してるんだって。その子達も空港から出られない国籍を持てない人達が糧を得るために捕まえて売る場面があった。でも、そこのうさぎ達は少なくとも草地を飛び回り自然を謳歌して必死に生きている。
ファッション誌、製作サイドにメール出そう。生きながら生皮を剥がされる映像を添付して。
Commented by kworca at 2007-11-14 14:45
現在、日本の火曜夜7時から放送されている『おネエMANS』という番組があります。(http://www.ntv.co.jp/one-mans/)
正式名称は「超未来型カリスマSHOW おネエ★MANS!」なのだとか…
しかし、(毎回というわけではありませんが)その中で度々紹介されるブランドものの革製品や毛皮製品。
本当に超未来型カリスマSHOWなのならば、紹介するものはもっと他にあるはずですよね。
声を上げていきましょう。https://www1.ntv.co.jp/staff/form.html
Commented by martini_glass at 2007-11-14 20:24
いや~。全くひどいことをするものですね。
奄美大島の黒ウサギが大量に死んでいると今日のニュースで言っていました。病気か何か悪いものを食べたのか農家の人が見つけたらしいんです。日本でも天然自然保護動物に指定されているそうです。絶滅の危機にさらされていると保護している一方で、他の国では大量の虐殺ですか、胸が気持ち悪くなってきました。現実を知るって悲しいですね。
Commented by at 2007-11-14 22:47 x
恐ろしい事ですね。
本当に恐ろしい…
悪夢としか言えない現実だと思います。
日本でも、この季節になると、あちらこちらでファー付きの服を着ている人を見かけます。
嫌悪感を隠し切れません…。どんなに痛かったか、苦しかったかと思うと…。
きっと想像も出来ない程の痛みと熱さが来るのでしょうね…。
耳の中がキーンとなります…。

毛皮製品がどうやって生産されているのかを知らない人が多すぎます。
私の周りも、毛皮製品について関心を持っている人はほとんど皆無といってもいいほどです。
動物好きの人は割りと居るのに…。

この悪夢のような現実をもっと多くの人に知って貰いたい。
Commented by yayoitt at 2007-11-15 05:36
しづちゃん

人間だから出来ちゃうんだよね、こういうことが ・・・。

どうして、人間は人間の為なら他の動物の痛みを、
命を、血を肉を、惨いやり方で犠牲に出来るんだろうか?

痛いよね、苦しいよね ・・・。

もう、同じ痛みを味わうことしか、償いは出来ないのかも ・・・。

しづちゃん、直視してくれて、ありがとうね。
Commented by yayoitt at 2007-11-15 05:57
鍵コメ at 2007-11-14 07:16 さんっ

ふふふ、ご訪問、ありがとうございます!!
嬉しい~~~~~。

関西なんですね、私の姉は京都にいるので、
日本に帰ると必ず関西に行きますよ。

ウサギ ・・・

本当に、愛おしい優しい命ですよね。
とっても弱くて、それだからこそ、守らなくっちゃいけないって、
思うんですよね ・・・。

初めて聞く町の名前ですが、その近くにならきっと行ったことがあります。義理の姉夫婦は、スターリングから北へ向ったところの、
ストラッサイアーって村に住んでるので、ちょくちょく行きますよ。
カレンダーのすぐ近くです。知ってみえますか?

強風、これは凄いですよね、エジンバラは海に面してるので
かなり強風が凄いし、最初慣れるまでは、常に台風って思ってた。

ちょくちょく、どしどし、来て下さい。
で、もし良かったら、こちらにお寄りの際は、会いたいですが ・・・

ふふふ

ありがとうございます。
Commented by yayoitt at 2007-11-15 06:03
tekuteku さん

本当にそうですよね ・・・。
よりお金がかからずに簡単にできる、って方法が、
人間のビジネスの中で何よりも大切なんでしょうね ・・・。
命だとか、痛みだとか、苦しみなんて考えもしない。

愚行 ・・・ その通りです。

理想論 ・・・ だけどそれは、現実になり得るのだと、信じたい!

どうして、人間は、利益の為なら他の命を顧みれないのでしょうね。
そういう人たちにもきっと、家族があり、子供がいたり、もしくわ
ペットをかわいがってたりするのだろうに ・・・。

・・・ すべて、私たち人間と同じ

そうなんですよね、それだけの 真実 を、
どうしてわかってくれないのだろう ・・・。

以前に、病院で働いていた時、長い髪の毛を仕事中の機会に巻き込まれて、頭の皮ごと髪の毛が剥がれて血だらけになって痛み苦しむ
患者さんと遭遇したことがあります。

それが全身であるって ・・・

どんなんだろう ・・・。
Commented by yayoitt at 2007-11-15 06:05
tekuteku さん、続きます

非現実的 ・・・ そう思えても、理想と思えても、
それは叶わない未来ではないと、信じたいですね。

まず、できることは、消費者にならないこと。
リアルファーなら買わないこと、お店の人にフェイクファーなら
買うのに、という意志を伝えること ・・・。

そして、事実を知ったら、1人でも多くの人にそれを伝えること。

それが、大きく、こういう命の未来を変える ・・・。

ありがとうございます!!
Commented by yayoitt at 2007-11-15 06:15
ジョイママ

消費大国の日本や、他の多くの国々の人々が、
ファッション、ファッション、流行と言っている間は、この残虐な
現実はきっと、減らないし、なくならないよね ・・・。

リアルファー ・・・

カタカナにしてみると感じないんだろうか?
むしろ、生剥ぎの毛皮 が流行アイテム! に変えたら、
少しは、消費者が減るのかも ・・・。

この前は、ネットでの宣伝の所に、
ラビットもビックリ、ラビットファー って書かれた
色とりどりの手袋が映ってたよ ・・・。
Commented by yayoitt at 2007-11-15 06:15
続くね

毛皮を着ている人、それを買う人、殆どがその毛皮が
どういう形でそのファッションになってるのかを知らないんだろうね。
知ってたらきっと、かわいそう ・・・ って買わない人も多いはず。

何らかの方法で、彼らの心に伝わるように、情報として耳に入る
ようにすることって、大切だよね、自分で気付かないと、気持ちも
なかなか変わらないよね、人間って ・・・。

その、空港のうさぎたち、初めて聞きました。
人間、生きる為に何か命を犠牲にしなくちゃならない、そんな
貧しさは、それは政府の責任でもあるね ・・・。

ファッション誌、製作サイドにメール ・・・ とっても
大切なことだと思います。ジョイママ、私もそれ、やるよ。
こういう人が、少人数でもいるんだって、それを知ってもらうことって
凄く大切だと思うから ・・・。マイノリテイーだからって、臆病に
ならないで、やってみる、意見するって、大事なことだよね。

本当にありがとうね、ジョイママ。
Commented by yayoitt at 2007-11-15 06:19
桂子さん

日本の怖い所は、人々が 真似 をする傾向にあるってことだよね。
流行と言われれば、自分もそれを持たなくては、って思う。
マスコミに簡単に踊らされて、自分の頭で考えることをしない。

カリスマ? セレブ?

カタカナにすると、呪文にかかったみたいに、興味を持つ多くの
人々は、一体、何を求めてるんだろう??

さっそく、私も声をあげさせてもらったよ。

大事な情報を、ありがとうね。
声をあげなくては、伝えなくては、だもんね。

決して、脅迫ではなく、視聴者としてどう、感じるか、
彼らはそれがとても知りたいはず。

ありがとうね。
Commented by yayoitt at 2007-11-15 06:26
martini_glass さん

現実を知るって悲しい ・・・

本当に正直で率直な感情ですよね。
全くにして、その通りです。

だけど、それが、現実 ・・・
目を背け続けては何も変わらない事実、今日、明日 ・・・。

せめて、できること、最初の一歩に何か ・・・ と思います。

奄美大島の黒ウサギが大量に死んでいる ・・・

原因はなんなんでしょうね、なんだか、環境汚染とか
自然環境の崩れとか関係してる気がする ・・・。
その原因には必ず何らかの形で人間の存在が関わってると思う。

こちらでは今、鳥インフルエンザで、野生の鳥の処分なんかが
なされています ・・・。溜息、ばかり、なんだよね、毎日。

ありがとうね、感じてくれて、嬉しい!!


Commented by yayoitt at 2007-11-15 06:32
苺ちゃん

苺ちゃん、現実って残虐で恐ろしくて悲しいね ・・・。

堂々とファッション誌で リアルファー を宣伝する。
何も考えずに、それに飛びつく ・・・。
そういう人もペットを飼っていたり、ウサギをかわいい~って
愛していたりする ・・・。知らないだけ、なんだと思う。

こういう残虐な行為の一番の原因は、消費大国の消費者。
日本はそのトップの国 ・・・ 無知から来る悲劇、なんだろうね。

知らない人たちに伝えるって簡単じゃないだろうね。
感情をぶつけても彼らの心には届かないから ・・・。
心に届くメッセージは、無言であり、自ら見つけたメッセージに
胸を打たれたり、ショックを受けたりするものなんだと思う。

きっと、地団駄踏む ・・・。

きっと、数年もかかる ・・・。

だけどだけど、確実に変わりつつはあるって、それを信じて、
そして諦めずに行こう、独りじゃないからね、一緒に、だよ!!
<< 母の気持ちを、知る瞬間 ノーマンに、手作りご飯スタート♪ >>