日本ちょっぴり切ない旅 会いたかったよ 2 (オーリー)
             彼の名は オーリー 

オーリー は大きな、ゴールデンレトリーバー。

ご主人さんのおうちの敷地内に、大きな犬小屋がある。

そこに オーリー は24時間、ずっと毎日、ずっとずっと綱に繋がって暮している。

4年前 ノーマン と散歩で彼の横を通る時、すごく大騒ぎして吠えていた。

去年、再会した時にご主人が言ってた。

 “ 力が強すぎて散歩できないんだ、年?え~~っと、幾つだったかな? ”

今年の雪が降る頃、父が送ってくれた一枚の写真、その時初めて、彼の名前を知った。
c0027188_1955958.jpg

オーリー は厳しい夏も、飛騨の長い寒い冬も、大きな小屋の砂の地面で呼吸している。

通りすがる犬たちを、羨ましそうに見ては吠え、飛び上がる度にきつく首が絞まってしまう。

そんな オーリー に会いに急ぐ。

あの角を曲がったらほら、見えてきた、彼の大きな小屋が ・・・

近付く、近付く ・・・ あ、彼が小屋の中から私を見つけた。

 ウ ・・・ 小さく唸った後に飛び出してきた。

跳ねながら大きな燃えるような色の毛並みを揺らしながら、フェンスに身体を叩きつける。
c0027188_1993275.jpg

             良い子だねぇ 良い子だ
c0027188_19101481.jpg

     会いたかったよ、会いたかった ・・・ オーリー、会いたかったよ

決して長い滞在ではないけどでも、1つ、どうしてもしたいことがあった。

今回の日本帰国の 大きな目的 の1つ ・・・

         オーリーと一緒に歩かせてもらうこと

この思いを煮詰めるに当たって、色々と考えてきた。

飼い主さんは、外飼いという状況の中で、   オーリーにとっては、私が滞在中に     オーリーの本当の良さを多分、      私と数回だけする散歩の意味が
     気が付いていない          どういうものになるのだろうか 
        
        ↓                    ↓

 いかに飼い主さんが、オーリーという       この散歩 のメッセージが
  犬の価値に気付いて貰えるか        正しくご主人に伝わるのだろうか

        ↓                    ↓ 

    果たして、私がしようとしていることは 正しいことなんだろうか ?

                  ↓  

     オーリーにとっては一時的な喜びで、彼を困惑させはしないか?

                  ↓

     ご主人にとって、まるで 親切の押し売り みたいにはならないか? 

                  ↓ だからこそっ

          あくまでも私が、オーリーを大好きだから、
          私の勝手でさせてもらいたいことを強調する。
 
           オーリーを通して、オーリーを囲んで、
       少しの時間でも飼い主さんとオーリーのことを話す時間を作る。


最後の最後まで、こんな申し出をして良いのか悪いのかわからずでも オーリー のご主人の玄関から声をかけていた。

                こんにちわ~~

オーリーとの散歩へ続く
by yayoitt | 2007-11-04 17:41 | 07 日本秋旅行 | Comments(7)
Commented by chirorin_wan at 2007-11-04 22:32
あーー!!そうそう、オーリー♪
どうなったか気になってた。
24時間繋がれっぱなし??
長い綱ならまだしも、ほんの1メートルぐらいの鎖に繋がれっ放しのワンコ。。残念ながら沢山居る。。
そんな状況の中で、やっこちゃんがオーリーに働きかけた事。。
まだここでは全部分かってないけど、それはオーリーにとっても飼い主さんにとってもプラスだったと感じています☆
せっかちでごめんなさい^^;
Commented by 聡子 at 2007-11-05 06:50 x
繋ぎっ放しになってる、犬って多いよね、日本では。大型犬は、番犬という考えなのかな。夏の暑さや、冬の寒さ、。飼わない勇気も、大切だよね。こっちでも、ラブや、ゴールデンは、人気あるよね。でも、運動量も、たくさん必要だし。

オーリーと、散歩できたのかな。
飼い主さん力が強いからなんて、言ってるけど、結局はは、面倒くさいだけなんだよね。ハーネスや、リードで、引っ張らないように、工夫できるのにさ。
ハリーとの、散歩楽しんでます。どんな種類の、犬なの?ってよく聞かれます。茶色だからなのか、シーズって、判らないみたい。不思議な顔してるねだって。我が家では、スターウオーズの、チュバッカと、呼ばれてます。
本音では、自分の子供より、かわいい。口答えしないから。
Commented by yayoitt at 2007-11-06 05:28
タカちゃん

待っててくれて本当にありがとうね。
オーリーとのことを書き上げました。
ずっと心に、彼がいます、愛おしい命、本当に良い犬です。

私が4年前飛騨にいる時も、ずっとそこにいました。
力が強くって ・・・ と飼い主さんが言ってみえました。
お散歩はもうずっとされていないようです。

うん、そうなんだよね、残念ながらね、沢山いるんだろうね。
繫がれていると、それだけで行動範囲が狭まり、万が一、自己防衛
をしなくちゃいけなくてもそれができないから、犬にとってはとても
脅威になるらしくて、綱に繫がれてると凶暴になったり、ストレスで
ワンワン吠えたりする犬が多いんだよね、そうせざるを得ない。
Commented by yayoitt at 2007-11-06 05:28
続くね


オーリーにとっても飼い主さんにプラスだったと ・・・

それが今でも実は、わからなくって、本当にあれで良かったのか、
あの行動をとって良かったのか、と自問自答しては、答えが出ない。

とても気にしてくれて、心配してくれて、本当にありがとうね。
そういうタカちゃんの心が、今の私には励ましになるよ ・・・。

何か、少しでも変わることを、心の底から祈るよ ・・・。
ありがとうね、ありがとう ・・・。
Commented by yayoitt at 2007-11-06 05:41
聡子さん

そうなんですよね、日本ではまだまだ多いですよね。
繋がれていても、充分、愛されてる子もいる。
だけどやっぱり、つながれた状態は、犬にとってとても恐怖だし、
防衛できないという不安とか、ストレスで吠える子が多いですよね。

飼わない勇気 ・・・

犬 という命がどういうものか、彼らは、人間と共に暮して初めて
幸せになる生き物なんだってことを理解してもらって、その上で、
その命を幸せにできるのか、まずは自問してから、飼うかどうか
決めて欲しいって思います ・・・。

この国では、一番人気の犬種は、スプリンガースパニョール、
次いで、ラブやゴールデンがとても人気ありますよね。
都会で、都会暮らしの人が飼うには本当は、適切な犬種では
ないんですよね、だから太ったラブとか凄く多いです。
Commented by yayoitt at 2007-11-06 05:41
続きます


オーリーと散歩、3度に渡って出来ました。
アップしたので、長いけど、見てみて下さい。ありがとうございます。

こういう飼い主さん、とても多いと思います。
結局、この犬種のことを知らなさ過ぎる、躾けのことも知らない、
知らないから、グイグイ引っ張る=面倒な犬=とても散歩できない
って諦めてしまう ・・・。

悪い人たちでは決してなく、ただ、無知なんだと思います。
興味を持つには、歩み寄って自ら調べたりしなくては ・・・ ね。

ハリー!!もうお散歩できてるんですね。
シツは、そんなに日本ほどは多くないけどでも、人気はありますよね。チューバッカ ・・・ 爆!!! 確かにあの毛の感じとか ・・・
似てるかもしれない ・・・ ひーひー 可笑しい~~~。

Poor Harry~~~~~ 涙
Commented by yayoitt at 2007-11-06 05:42
まった続きますし

あ~~~、聡子さんもだぁ~~~。
実は、犬を飼ってる人で、数人、同じことを聞いたことがあります。
自分の子供より可愛いって ・・・。ふふふ
でも、本当なんだろうなぁって思います。
だって、犬は、犬の愛はただただ、見返りを求めない無償の愛
なんですもんね!! ふふふ 楽しんでくださいね、ハリーとの日々。

ありがとうございます!!!
<< 秋の真紅とホームシック 日本ちょっぴり切ない旅 会いた... >>