毎日の新聞のどこかに ・・・
朝、仕事に向うバスの中で広げる新聞

爽やかな朝であろうが、雨の冷たい朝であろうが、いつもその瞬間は心が塞ぐ。

新聞のどこかに、必ずと言って良いほど、動物自然環境関連の記事を見る。

記事の多くは、悲しいこと、腹立たしいことが断然多い。

数年前に、私が初めて カナダのアザラシ漁 のことを知ったのも、この新聞だった。

列車の中で、泣き崩れてしまった。

   知らなかった ・・・ こんなことがあったなんて、知らなかった ・・・

ブログを立ち上げる決心を私にくれたのも、この新聞で知った アザラシ漁 だった。

毎日、震えながら開く新聞

今日の世界の動物たちはどうだろう?

だけど、そこで知る事実は、ほんの氷山の一角。

公に知られるだけ、誰かに救出されるだけ まし なのだろう ・・・。

情報として知る事実には、限りがある。

知った時には心を動かされても、人間は哀しいかな、すぐに忘れてしまう。

人の噂も ・・・ 。

時間が経てば、その時とても大切と感じたことは、どうでもよくなる。

だけど、目と耳に情報として常に入らないだけで、その現実は変わらずに起こっている。

常に苦しみ続ける命がある。

それを毎日、知っておくことは困難だけど、せめて時々、思い出したい。

思い出して自分に出来ることを、続けて生きたい。

時間の流れに、自分自身が褪せて行きそうになりながら ・・・ そう思う。
c0027188_34222.jpg

日本政府に向け、インドネシアは首都のジャカルタで行なわれた反対運動。
イルカを殺さないで、と幕を掲げて、日本大使館の前で訴える。
日本は毎年、2万頭のイルカと小クジラを殺している。
その殆どは最終的に、食用として売り渡されている。

c0027188_392313.jpg

飼い主に捨てられたLittlest Hobo(アメリカのテレビドラマの主人公犬の名前)というニックネームの犬が、何日も我が家を探して歩き回っているのを保護された。
小さなテリア犬は、発見された時、とても痩せて疲れきっており、傷だらけだった。
歩き続けた為に足からの出血がひどく、歩くことが出来ずに倒れているところを発見された。
・・・ SSPCAのスポークスウーマンは、こう語る。
 “ Littlest Hoboは、そのドラマの犬と状況が良く似ている為に付けました。
捨てられてから何日も何日も、ご主人の家を探して歩き回ったようです。
発見された時の彼女は、疲れ切って応答にも答えず、痩せ細り、ノミでまみれていました。
足の裏は傷に覆われていました、これは彼女が、必死に飼い主を探した証拠です。”
Littlest Hobo は今、健康を取り戻し、リホームに向けて順調に回復している。

今日も、この街の、この国の、この世界のどこかで、沢山の命が ・・・
by yayoitt | 2007-09-26 02:33 | 愛する動物のこと | Comments(15)
Commented by martini_glass at 2007-09-28 10:03
イルカも殺されているのですか?知らなかった~
飼い犬や飼い猫が我が家を探して歩き回ったお話は美談として掲載されますよね。それは勇敢な子だけだと思うな。家の子をみていると餌を貰える人なら着いていきそうだもん。アパートのドアがすべて同じなものだから、一度廊下に出ると違う階でもドアが開くのを待っているんです。ばか。
Commented by そらまめ at 2007-09-28 10:10 x
悲しくて・・・たいへんな出来事が~忘れられていく!!確かに忙しさにまぎれて、そういうことも、正直言ってあります。でも、そういうことを学んできた者としては、すぐにそこに戻れます。以前わたしも環境教育をび、一応端くれなんです。ですから情報も来ますし、できることがあれば自身の置かれた立場はくずせませんが協力しています。環境教育の一環で、親子を対象にした自然体験プログラムの提供を。そこから命の大切さなどを自然と触れ合いながら理解していくものなのです。ジョンミュアの環境保護運動について、ヨセミテNPでキャンプしたり、レンジャーのプログラムに参加し今も思い出しますが。また、世界各国の底辺、動物も人間も今日をどう生き抜くか~そんな世界も見て聞いて、まだ、上辺だけかもしれませんが、交流してきたことが心の財産にもなっています。活字を読むのは苦手ですが実際にその場にいて、五感で触れたものは決して忘れられませんねぇ~。やっこさんがブログに現状を掲載していくことはとても大切な事だと感謝しています。こうして、省みることができますし、また興味、発見、好奇心を新たにする方も増えてくると思います。時々喝を入れる発信をよろしくね!!
Commented by ひろみ at 2007-09-28 17:41 x
そう、毎日、世界中であらゆる尊い命が消されてるんだよね...。動物の虐待なんかに関するニュースを聞くと本当に気が滅入る。
捕鯨国としての日本がすごーく嫌...。もう、いい加減捕鯨なんて止めて!と叫びたくなる。どんどん海外諸国が日本へプレッシャーを掛けてくれたら良いなと思ってます。
Littlest Hobo... その写真を見ただけで泣けちゃうよ...。一体何を考えながらさまよってたんだろう。どうか新しい飼い主さんの元で思いっきり愛されますように。
Commented by バニ母 at 2007-09-28 21:46 x
アザラシのことは、知りませんでした。
いつもやっこさんに、ここでいろんなことを教えて貰います。
レスキュー犬のことを知り、、保護センターに収容されてしまった動物たちの行く末を改めて知り、
私たちが、バーニーと暮らすことになったキッカケのひとつに
やっこさんという存在があることは間違いありません。

私ができることはまだまだ少ないですが
それでも、少しでも力になれるのなら、と思います。
アザラシの件で記載されている団体のHPに行ってみます。
Commented by kworca at 2007-09-28 23:57
新聞やテレビで伝わる内容は、良くも悪くもほんの一部分。
その一片が“知るきっかけ”となれば、次に載る内容も変わっていくかも知れませんよね。
Commented by 聡子 at 2007-09-29 06:06 x
ハリーの、予防注射してきました。何気なく、見ていたボードに、猫がいなくなり探していますのメッセージが沢山有りました。ほとんど地元のですが。

ドックケージが、ほしくて、エジンバラの、gumtreeを、チェツクし始めたら。ネコを、もらってくださいが、多くて驚いた。それも、2匹ずつ大きくなって、もてあましたか。手放したくないんだけど、飼い主が、妊娠したから、飼えないからとか。子供が、ネコのトイレに、はいはいし始めて、近寄るからとか。今度移る所が、動物禁止だからとか。とんでもない、理由ばかり。

老犬を、もらってくださいも多かった。探す努力は、しているんだけど。なんだかいやーな気分になりました。

ケージは、12ポンドで手に入りました。
Commented by Snowflake at 2007-09-29 14:30 x
やっこさん、ご無沙汰していましたぁ。
・・・
毎日、震えながら新聞を開くやっこさんの姿を想像したら切なくなりました。
知る事は怖い事ですよね。でも知らなければその現実がなくなる訳じゃない・・・現実から逃げているだけ。
知る事は苦しいけれど、知らなければ現実を変える事すら出来ないのですよね。
私も動物や自然関係の辛いニュースを目にするのは嫌です。出来れば逃げ出してしまいたい。
でも、やっこさんの姿勢に打たれました。やっぱり、知ろうとする事をやめちゃダメなんですよね。

Commented by yayoitt at 2007-09-30 17:16
martini_glassさん

日本側は余り報せたくない事実なのでしょうが、
イルカはマーケットに卸される為に沢山、残酷な方法で
殺されています。

うんうん、そうだよね、そういう話が美談として掲載されると同時に、
人々に大切なメッセージ(動物を飼うのなら責任を持つ)という
ことも伝わってくれていれば、良いと願います。

そうとう、フレンドリーなんだなぁ~~~ 笑

ばか ・・・ って ・・・ 爆
きっとそれは、バカではなく、生きる術を知っている
賢さ なんでは? ふふふふ
Commented by yayoitt at 2007-09-30 17:43
そらまめさん

そうですよね、毎日の忙しさ、情報量の多さに紛れて、
どんどん忘れていく、自分の中で消化されて消えていく ・・・。
その時は、驚いて悲しんで心に積もったニュースも、時間と共に
忘れていく、風化されていく ・・・。

環境教育を学ばれたんですか!!
是非、色々、教えて頂きたい!!私はそういう知識がないから ・・・。
感情で語るばかりなので ・・・。

親子を対象にした自然体験プログラム ・・・

幼少のうちからの教育、特に、その親たちへの教育、
とても大切なんでしょうね。もしも、何も知らされなければ、
毛皮=ファッション 肉=もうそこにある物 と、何も考えずに
大人になってしまうよね ・・・。

話を聞いていて、とてもとても興味をそそられます。
良かったら、詳しく教えて頂きたいですが、あまりに莫大なことだと
思うので、良ければ、少しづつ、感じたこととか、そらまめさんが
思うこと、また、知っていることを、時々、分けて頂けたら ・・・

勝手言ってすみません。
Commented by yayoitt at 2007-09-30 17:54
ひろみさん

そうなんだよね、ここにいると、毎日、毎日、動物の話、
虐待の話、環境破壊の話が厳しく、そして生々しく伝えられるよね。
その度に、その日一日が、重苦しい気分になってしまったり・・・。
でも、その自分の気分なんて、翌日には軽くなってたり ・・・。

捕鯨に関しては、本当に堂々巡りだよね。
日本の場合は、かなり ムキ になってる部分があるみたいで ・・・。
テレビで、ニュースで大々的に公に クジラを食べましょう と言える、
そういう放映が出来る日本って、なんだか怖いと思う ・・・。

Littlest Hobo ね ・・・。
どんな数日間だったんだろうね ・・・。
彼に何が起こって誰が彼に何をしたのか ・・・ それはもう、誰にも
わからない、ただ、彼の中自身に傷として残っているだけなんだよね。

彼の幸せ ・・・ 絶対に素敵な飼い主さんが見つかる!!
心から、願います!
Commented by yayoitt at 2007-09-30 18:03
バニ母さん

アザラシのこと、知ってもらって、ありがとうございます。
何かを、何かの機会で知ることってとても大切ですよね。
私も、いつも、新聞から、ブログ友達から、他のサイトから、
友人から、バニ母さんから、色んなことを教えられています。

心から、そのことに、ありがとう ・・・ です。

バニ母さん ・・・ そんな風に言ってくれて、すごく嬉しいです。
素直に、すごく嬉しいです、ありがとう ・・・。

バニ母さん、1人1人の力は、目には見えない小さなものですが、
それが結集して初めて、地球の未来を変えるほどの大きな威力を
持つのだと信じています。

私も、何も知らない、まだ何も、見ていない。

今から、一緒に見て、聞いて、そして伝えて行きましょう。
本当に本当に、優しい言葉を、ありがとう!!!
Commented by yayoitt at 2007-09-30 18:05
桂子さん

マスコミからの情報 ・・・ 良くも悪くもほんの一部分

そうなんだよね、本当にそう思う、だから気をつけなくてはいけない。

鵜呑みにする、のではなくて、その 事実 の部分を飲み込んで
自分の中で自分なりに消化して感じること、それが次のステップに
繋がるのかも ・・・。 ありがとう。
Commented by yayoitt at 2007-09-30 18:19
聡子さん

ハリー、初めての獣医さん体験ですね!!
ちなみに、獣医はどこだったんでしたっけ? すみません。
名前を聞いたらわかります。ぺ二クックの獣医ですよね?

動物を最初に飼っていて、後にやってきた人間の子供が原因で
前から住んでいた動物の方を追い出す、ということがとても
多いんですよね ・・・。

だったら、どうして、そうなりうる可能性も考えて飼わなかったのか?
どうして子供を作ったのか?どうして、動物の方を追い出すのか??

と、腹がたって、自分でもおかしなこと言ってると思いながらも、
言わずにはいられなくなります。

どうして、人間が最初なんだろう??
いつの日か、飼えない可能性が少しでもあるのだったら飼わないで、
そう言いたい ・・・。手放さないで、最後まで、自分の人間の子供
と同じように面倒をみて ・・・。と・・・。

聡子さん ・・・ 毒を吐いてしまいました、ごめんなさい。
私はやっぱり感情人間だわぁ ・・・ 溜息

ケージトレーニング!!始めるのですね!!
これからのハリーの成長、見守ってますね!!
楽しみ~~~~~~~~~~~~~~~。
Commented by yayoitt at 2007-09-30 18:32
Snowflakeちゃん

元気かな?気になってたよ。
なんだか、心配だけど、大丈夫かな?

知る事は怖い ・・・ そう、正直言って、怖いんだよね。
うん、事実から逃げてるだけ、知らなければ、自分を苦しめないだけ、
なんだよね、世の中はそんなに辛いことばかりあるものだからね・・・。

私もね、いつも耳を塞いでいたいんだ、本当はね ・・・。
だって、聞かなければ、自分の生活の中にそれは何も支障を
与えなくって済むことだもん、聞いたらもう、それで生活が変わってくる、だから、知らないでいたいんだよね、本当はね ・・・。

一緒になら、独りじゃなければ、知ることも怖さも、半減するかも。
一緒に、知って行こうよね、そして、伝えてね ・・・。

元気かな?ありがとう。
Commented by そらまめ at 2007-09-30 18:53 x
長々と書き込みしてしまいまして・・・もっと、長かったんですけど、後何文字減らしてください~を繰り返したので、言い足りない部分もありました。
今、所属している団体のHPをお知らせしますね。
http://www.naturegame.or.jp/
5年前まで保育園で働いていました。現役の頃は親子、職員へ自然体験プログラムの提供を!地域でも立ち上げの頃は事務局のような仕事もボランティアでしておりましたが、仕事と両立ができず、職場の中でできるところでは年間カリキュラムにも取り込んで・・・すべての職場でできるものでもなく・・・また、現在は遠ざかっています。自身の体力、家庭の事情などで。HPをご覧になって何かありましたら、どーぞネ!!
<< やっぱり女優の、残した風 姉の週末、(酔っ払い)ハイラン... >>