砂時計 Hourglass
           それは、無数なのだろうか

            数え切れないのだろうか
c0027188_351979.jpg

           それは、ひとつひとつの集まり

           それは ひとつ という命の集合
c0027188_35140100.jpg

             数限りのある 現実

             終わりのある 現実
c0027188_352347.jpg

            1つ また 1つ 落ちていく

             落ち始めたら途切れない
c0027188_3523020.jpg

              1つ また1つ

            最後の1つが落ちきるまで

             止まることは決してない
c0027188_3525769.jpg

               時間を刻む

           命ひとつひとつが、そこを通過して

            2度と元の場所へ戻らない
c0027188_3532349.jpg

                それは

           人間が作り出した 時間 というもの
c0027188_354510.jpg

             その命の絶える事実が

            人間に 時間 を教えている
c0027188_3543298.jpg

             2度とは戻らない場所から

            ただ姿を消すと言う現実を刻む
c0027188_3545526.jpg

                 落ちる

                 落ちる
c0027188_3551812.jpg

                堕ちている

               今、堕ちている

              堕ち続けて消えている
c0027188_3561053.jpg

             今、この時も尚、ただただ

               消え去っている

                消え去る

            確実に、今も、この一瞬にも ・・・
by yayoitt | 2007-07-22 03:44 | 愛する動物のこと | Comments(8)
Commented by shizu at 2007-07-23 04:58 x
やっちゃん、減って居る事だけ見つめちゃイヤよ☆その砂は見方によっては増えても居るから。命は次の世代へと繋がっているそれが絶滅に近い種の命だとしても一つ一つを見ればひとつの命は増えて居ることも在るから。
集団は怖いよね、一人(一粒)だと何も出来なくても数人集まれば正当化も出来て恐ろしい事にも手を染められたりするから。ただ一粒(一人)一粒を見てそれに関わればそれは大きなや深い意味を表したりもする。
砂時計を見て居ると大量に落ちて行くから恐ろしく成るよね、その多くで見たくない事一粒で感じてあげたい事だと思うのに。
やっちゃん全ては無くならないよ。命が一粒でも増えて居る限り。個々を一として大事にして行く事の大事さって在るよね。
Commented by kworca at 2007-07-23 22:34
今、見つかっている化石を調べたところ、昔の絶滅スピードは1年に1〜3
種程度。
現在は、恐竜絶滅時代の1万倍以上、1年に4万種ということになるそうです。
人間が止めるには、人間が止まることなのかもしれません。
Commented by petit_snowflake at 2007-07-23 22:50
消えていく命の事を、じっと考えているやっこさんの事を想像しちゃった。
大きな自然の営みの中で生かされている私達ですね。
無欲に、ただひたすら無心に生きるもの達を必要以上に苦しめたり、生きる事そのものを邪魔をしない、もっとずっと進化した人類にならなければ、地球に未来はないような気がする。
Commented by yayoitt at 2007-07-24 06:04
しづちゃん

うん、そうだ、本当に、そうだね。
しづちゃん、どうも、ありがとう。

私、考え始めると、どんどん落ちるんだよね・・・。
自滅的な方へ、どんどんと・・・。
怒りだけを心に据えて、憤りだけを力にしてしまう。
そうするとそれは、悲しみになって立ち止まるんだよね・・・。

大量と言う数に惑わされる、大量だと重要に思えなくなる、
そんな人間って悲しいんだよね ・・・。

そして私も、その1人 ・・・。

だけど、全ては、無くならない。
そうなんだと、信じるよ、しづちゃん!

増えているのだろう、とそれを、信じたい。
信じてあげたい!!

信じる力を、明日の救う原動力にしたい!!

個々を1として、大事にしていく ・・・

うんうん、どうも本当に、ありがとう!!
Commented by yayoitt at 2007-07-24 06:07
桂子さん

そうなんだ ・・・。
それって、酷く、恐ろしいことだよね。
それまでずっと生を繰り返して来た命が、命の種が、
絶えるって、恐ろしいことだよね ・・・。

人間が止めるには、人間が止まる ・・・。
人間が今、自然に対して施している全ての 手 から
むしろ、をの手を引いてしまったら ・・・。

だけど、きっともう、遅いのだろうね、
遅いのかな、桂子さん、間に合わないんだろうか ・・・。

ありがとうね、桂子さん!!
Commented by yayoitt at 2007-07-24 06:11
snowflake ちゃん

そうなんだよね、自然の営み、その生の原点である営みの中で
生かされている人間、私たちなんだよね、そうだったはず・・・。

理に叶って、生き、生かされてきたはずなんだよね。

いつの日からか、どうして、人間は何でも出来ると勝手に思い込み、
自分たちだけが長く生きることを望むようになったんだろう・・・。

そう、人間以外の全ての生は、
ただひたすら無心に生きているんだよね・・・。

人類は、発展と勘違いしつつ、確実に、絶望へと向かい
後退して行っているのではないかと・・・思わざるを得ないね ・・・。

本当に、ありがとうね!!
Commented by michi at 2007-07-25 05:25 x
以前、ラジオで聴いたレクチャーで、今、地球はかつてないほどに、人間の手があらゆる地球のシステムに入り込んでいるのだと聴いて、暗澹とした思いになったことを覚えています。地球が自ら浄化できる基準を越えて、人間が汚染し、地球が生み出す以上の量の生き物を人間は取り、食べてしまう。地球のバランスを崩し、おびただしい数の種類の生物がこの世から消滅しているとのこと。無関心ではいけないと思いながらも、問題の大きさに途方にくれてしまいます。どこから始めたらいいのか、一個人が何ができるのか・・・
Commented by yayoitt at 2007-07-26 02:15
michiさん

あらゆる地球のシステムに人間の手が ・・・

その意味が怖いほどよくわかりますよね・・・。
地球と言う自然の賜物に、人間が不自然な工作を施し続けている。
理由は ・・・ 欲 の為。

生きる為ではなく、欲の為に、死に向っている、
それが今の人間の一生なんだと思います。

人間、本当は賢く生きられるはずなのに ・・・。

そうなんだよね、途方に暮れる、その気持ちよくわかります。
きっと、ほんの目の前のことから始めると、次のステップが
見えて来るのかもしれません。

michiさん、コツコツ、できることを続けて行きましょう、一緒に!
ね!! ありがとう!!
<< お名前、ご披露いたします~~~♪ 急募! “ 名前をつけて下さい ” >>