HARRY POTTER と EDINBURGH 1
HARRY POTTER とEDINBURGH のつながりについて。
作者のJ.K.Rowling(Joanne Kathleen Rowling)は、1966年7月31日、イギリスは Chipping Sodbury という町で生まれた。現在、娘のJessicaジェシカとスコットランドはエデインバラに暮らしている。彼女が現在住んでいるのは、Morningside という高級住宅街だ。見晴らしが良く、天気が良い日には遠くファイフ(ダンディーなども)見える。近くには、なだらかな丘やゴルフ場、芝のスキー場などもある。最初のHarry Potter and the Philosopher's Stone を書き始めたのは1990年初めで、5年間かかっているが、その間に、7冊に渡る本の構想は既に建てていたそうだ。ハリーポッターが有名になるにつれ、もちろん彼女自身その知名度というものと顔を合わせることになり、普段の彼女の明るい赤毛を暗い色に染めたりもしたそうだ。でも、彼女自身は、エーデインバラで外出することについて聞かれた時こう答えている。"エーデインバラで誰かが私を見つけて近付いてくることは本当に例外だ。エデインの人々はクールで気付いているのにあえて近付いてこないのか、それとも、私をそっとさせておきたいのか、ただ単に全く私と気付かないだけなのかもしれない"。
彼女がエデインのアパートで1人でジェシカを育てながらハリーポッターを書き始めた頃、
彼女はセカンドハンドのタイプライターさえ買うお金が無く、賢者の石は手書きだったそうだ。
彼女のハリーポッターの構想の中で使われた、魔法学校のホグワーツはFettes College で、エデインバラにある。英国首相のトニーブレアもここの卒業。
c0027188_195720.jpg
写真はそのカレッジの全景。
by yayoitt | 2004-08-08 01:07 | スコットランドって... | Comments(3)
Commented at 2015-02-14 00:07 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2015-02-14 04:25
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by yayoitt at 2015-02-14 06:06
鍵コメさん

ハリーポッターは、子供も大人も、年齢も国籍も
問わずに、とても多くの人々が惹き付けられる本です。

映画も、2本しか見ていませんが、とても人気がありましたね。

今もなおエジンバラに住む彼女は、日本人の友人が
務めていたカフェに現れたときに、周りのお客さんが
彼女に気が付いて、サインを求められるのを、とても
嬉しそうに、応えていたそうです。

私はまだ、会ったことがないけれど、いつか、マーケット
か何処かで、偶然に会えたら良いなぁと、ちょっと
ミーハーな思いでおります。

ふふふ
<< 雨にも負けず PUB NIGHT for a... >>