温暖化 IN SCOTLAND
今年の冬は、とてもマイルドだ、と言われている。
私も、数年前に味わった3回の冬のことを思うと、“おぉ、ほんと、マイルドだ”と言える。
温暖化、と一言に言っていいのかどうかはわからない。何故かというと、地球温暖化の結果は、スコットランドへは、気温の低下として現れるはずだからである。
北極の氷が解ける=海の温度が下がる=海を渡って陸に上がる気温が下がる
しかし、今年の、ここ最近の温かさは、異常である。異常と言っても、なんせスコットランドであるから、寒風は吹くのだけれど、気温自体が高めなのだ。公園に散歩に行くと、その影響が、人間の肌を通すよりも直接に早く感じている自然を目にする。

1. 桜が咲いている 

咲き出してもう2週間ほどになる。一本や二本ではなく、色んなところで沢山咲いている。

2. 水仙が咲き始めた

2週間ほど前から土の上に出てきたそれは、今は黄色い花を咲かせている。

3. 冬眠することなく、リスが常にいる

こちらのリスは、雪も降らないから冬眠しないのかもしれないが、毎日、その公園にはリスの姿があり、ノーマンが追いかけて困る。

今まで味わった3回の冬は、どれも、数日間の“本当に、さっぶい”朝、があったが、この冬はまだ一日しか味わっていない。私達のフラットは、古いから、特に隙間風も吹いて寒いはずなのに、昼間に暖房を入れたことがない。しかも、私は、とっても寒がりだ。この私が、日中を、暖房無しでなんとかいられるって???
年中寒がりの人のことを、スコティッシュで、COLD TATTIE コールドターィー(Tは発音しない)と呼ぶ。ダンディーのおっとさん、おっかさんからは、私は立派なコールドターィーとして認められているのだ。その私が、温かいと呼ぶ、今年の冬…
故郷の雪深さを、離れてみると、いいなぁなんて思うもの、人間って調子が良い。去年の今頃は、仕事の途中でアイスバーンの坂道で転び、尻を強打しては罵声を放っていたはずなのに…
c0027188_615879.jpg

by yayoitt | 2005-02-09 06:00 | スコットランドって... | Comments(0)
<< 小学校時代の思い出 医者の息子 再就職 乾杯(チアーズ)♪ >>