ラブ.ストーリー
いつか 

おまえに 

会いたかった
c0027188_511478.jpg
c0027188_515243.jpg
c0027188_521282.jpg

寒いことが、人の気持ちを暖めるんだ。

離れていることが、人と人とを近づけるんだ。


                          星野道夫
by yayoitt | 2007-04-12 04:47 | 愛する動物のこと | Comments(25)
Commented at 2007-04-13 07:14 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by dutelovecat at 2007-04-13 08:41
離れていることが、人と人とを近づけるんだ。、って分かる。
寒いことが、人の気持ちを暖めるんだ。、って分かる。
100%でぶつかり合ってしまえば後が無くなる、無い、事もある。たとえ親子程の近い間柄であっても腹六分目という微妙なスペースが夫々に大事でそれが在る故に人と人を近づけて居る、のではないだろうか?と言う事に今気が付いた。。一生懸命もいいけれど100%では自己愛だよね。って↑はその事とは違う『離れていることが、人と人とを近づけるんだ。』って事のようにも思えるけど、同じ事かな??
寒い事が無いと人の気持ちは暖まり方を知らないかもね、特に他を暖める事は出来ないよね。
Commented by トモ at 2007-04-13 11:51 x
毎回、読んでるんだけどコメントはご無沙汰でございます~~
娘なんて携帯にお気に入りに入れて、
やっこさんブログの見てる(笑)

寒いことが、人の気持ちを暖めるんだ。
離れていることが、人と人とを近づけるんだ。

なんだかジィ~~ンと来る。

文句を言うことが実は素晴らしいことが秘めてる!
目先のことばかり考えるんじゃなく、よく考えてみよう!って感じね。
与えてもらってるのに見えないの?って(笑)

違う言葉を持ってても、二本足でなく4本足で歩いてても
誰だって、愛おしい気持ちはあるんですよね。
幸せを感じさせてもらえる写真です。。
違わない。みんな同じ。みんな同じ。
Commented by aya at 2007-04-13 11:59 x
これ、写真!?
すご!

寒いことが人の気持ちを暖めるって、いい言葉ですね。
「暖かさ」も「寒さ」も、鈍感だったら感じないことだから。
Commented by burnethill at 2007-04-13 20:10
どれも素晴らしい写真ですね。カメラマンは誰だろう?
やよいさんのコメントがピッタリ!

↓この手の甲に文字を書いている看護士さんは多いですね。
常に動き回りながらメモすると、どうしてもこうなるのでしょうね。
昔献血運動をして、その後血液の供給団体の設立に参加したことがあるので、日赤を始め医療機関との付き合いが深かったのですよ。ですから看護士さんをたくさん知っているのですけど、その昔からこの手法はよく見かけました。あの時の看護士さんたちみんな癖になっているかな?
Commented by kumi at 2007-04-13 22:23 x
はじめまして、ブログはちょくちょくみていたのですが・・私が学生の頃に憧れていたイギリスに住んでるやっこさん。秋に会えたらお話しいろいろ聞きたいです。ちなみに我が家のビーグル親子イブとジュエルです。ジュエルはレモンビーグルです。よろしくね。
Commented by maisy★ at 2007-04-13 23:07 x
<離れていることが、人と人とを近づけるんだ>っていう言葉、わかります。私も離れてみてわかったことがたくさんあったから・・・
離れたからこそ、学んだことがたくさんあったから・・・大事に思えることがたくさん増えたから・・・
Commented at 2007-04-14 01:11
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by at 2007-04-14 03:22 x
この方は、悲しい最期を遂げられた動物写真家の方ですね。
殉職と言えるのでしょうか…

過酷で危険な環境に身を置いて、辛抱強くシャッターチャンスを狙い続ける動物写真家の方は、まさに命を張っているのですね。
愛していなければ、こんな写真は撮れないと思います。
Commented by amorosa at 2007-04-14 03:37
短い言葉の中に、沢山の気持ちがギュッと凝縮されてるような..
目に見える物だけが全てじゃなく、見えない物に秘められた
メッセージを感じ取れる、考えられるような自分でいたいなぁと
改めて感じました。鈍感である事が怖いです。
Commented by yayoitt at 2007-04-14 04:48
鍵コメ ちゃん

本を開いて見た瞬間に、泣けたんだ・・・。

泣きたかった気がして、泣けたのは、こんな素敵な
動物の姿を見れて泣いたことが、嬉しかったんだ・・・。

ありがとうね。

早速、お邪魔しちゃった・・・ふふ 素敵だね・・・。
Commented by yayoitt at 2007-04-14 04:56
静ちゃん

離れていることが、人と人とを近づける ・・・

なんかさ、ドキってするでしょう?
愛しい人たちと、どうしても離れて暮らしている私たちにとって、
この言葉ってきっと、凄く、ドキってするんだと思う。
そして、距離だけじゃない、心と心のことかも、関係のことかも。

寒いことが、人の気持ちを暖めるんだ ・・・

これもね、寒い の意味は、色々あるんだと思う、
気温だけじゃない、心かも、思いかも、状況下も・・・。

距離的に離れれば離れるほど、思う気持は募るし、大きくなる。
特に親子関係、親を思う気持ってそんなもんだな、って思う。

うん・・・。
きっと、100%はあり得ないんだと思う。
それでも100%って言えるとしたら、自分で自分をそう、
言い聞かせてるだけなんだって思う。

自己愛・・・そうかもしれない、一生懸命な自分を愛してる・・・。

距離も寒さも、その人その人、その状況、環境によって、
違ってくるんだろうね・・・。
Commented by yayoitt at 2007-04-14 04:57
続くね

動物と共存する為にとらなくてはならない距離もある。
自然の美しさ教えられる為には、厳しい寒さを知らなくっちゃ・・・。

全てはでも、愛に繋がってる、でしょ?静ちゃん?

Commented by yayoitt at 2007-04-14 05:02
トモさ~~~~ん♪♪

ええええーーー。
娘さんーーーー、携帯のお気に入りに入れてくれてるんっすか?

すっげーーーーーく、嬉しいーーー。
スコットランドに、おいでよ、おいでーーー。
お母さんの代わりに、ちゃんと面倒見るから!!

まじで、誘ってるんですよーー。

ね、この言葉たち、心に、響くでしょう・・・。

自然から教えられて生まれた言葉って、こんなにも、
偉大で、シンプルな言葉で、表現なのに、
とっても影響力があるし、力がある、そして感動なんだよね。

うん、違わない、何も、違わない。
その違いがあるからこそ、興味深く、美しく、魅力的で、
それはたまらなく、愛おしいんだよね・・・。

愛し続けるなんて、とっても自然で簡単なこと・・・。

トモさん、愛情、ありがとう!!
Commented by yayoitt at 2007-04-14 05:05
あやちゃん

お友達から届いた本の写真なんだ。
タイトルが、ラブストーリー・・・。

あやちゃんも、すっごく彼の言葉とか写真、気に入ると思う!!

是非、見て欲しい!!

クジラも載ってるよ。ふふふ

寒いことが人の気持ちを暖める ・・・

そうだよねぇ・・・。寒さを感じて初めて温かさを、知るものだもんね。

距離があって初めて、その尊さを知る・・・。
Commented by yayoitt at 2007-04-14 05:22
burnethill さん

この、素晴らしい写真たちのカメラマンは、星野道夫さんです。
言葉も、彼なんです。

カッタンと桂子さんから教えてもらったんです。

この写真集(と彼の言葉集)は、ラブストーリーという本です。

是非、見てもらいたいです。
きっと、すごく心に届くと、思います!!!

日赤を始め医療機関との付き合いが深かった ・・・

そうなんですか!!

ふふふ なんだか、一杯、繋がることが多くって嬉しいです。
私も日赤卒業で、ずっと日赤の病院で働いてました。

看護師ってやっぱり、これは、職業癖なんですねぇ~(笑)

短時間にいかにさっと、メモを残すか・・・。

そこから来てるんだと思います。ぐふふ

きっとですね、皆さん、おでこに書いたり、してるんだと
思いますよ、今でも ・・・ 根性 とかね。

笑 
Commented by yayoitt at 2007-04-14 05:26
kumi さ~~~ん

こちらこそ、はじめまして!!
直接お話しするのは、はじめまして、ですもんね!

ありがとうございます!!

そちらに直接、ご挨拶に伺いました。

英国の土産話、沢山持って、会いに行きますから!

ビーグル親子のイブとジュエルも、写真で会っています。
ノーマンも、日本から来たんですよ。元々は、くるみちゃん
って、かわええ名前がありましたが、我が家に来た時に、
ノーマン(男の子の名前なのに・・・照)に変えました。

こちらこそ、色々と本当によろしくおねがいします。

素敵な土地で、素敵な人々に囲まれてみえるんですね・・・。

秋に必ず ・・・。
Commented by yayoitt at 2007-04-14 05:28
maisy★

離れてみてわかること ・・・

本当に色々、あるよね・・・。
切ないけど、辛いけど、その分、素晴らしさや嬉しさは
何倍にもなって心にこだまして帰って来る・・・。

心に、宝が増えて、良かったね。
そして、これからも、それはね、増え続けるよ。

ありがとうね。
Commented by yayoitt at 2007-04-14 05:29
鍵コメ at 2007-04-14 01:11 さん

うん、そうだね、絶対にそうだね。
火傷、しちゃいそうだね。

こうして繋げてくれて本当に、ありがとうよ~。
あなたの、お陰。
Commented by yayoitt at 2007-04-14 05:35
苺 さん

そうです、そうですよ、星野道夫さん。
アラスカでのこの写真たち・・・この命たち・・・。
素晴らしいよ、自然にね、涙が出てくるの。

彼はカムチャッカ半島にて、クマに襲われて亡くなったんだけど、
彼らしい、彼が、おまえに会いたかった、と言ってた
クマによって、最期を遂げたんだよね・・・。

なんだか、とっても羨ましいなぁ・・・って思ってしまう。

殉職、願ってもない死、とも、言えるのかも・・・。
憶測だけど・・・。

本当にね、愛して愛して、愛してなければ、
写真でこんなに、愛情は、零れるほどの愛は、伝えられない
って、しみじみと、思います。

もしも星野さんの写真集に出会ったら是非、見てみて下さい。

きっと、苺さんも、同じように感じてくれると思います。
Commented by yayoitt at 2007-04-14 05:43
amorosa さん

こんな、短くって、難しくない言葉の並びなのに、
これほどまでに、心に響く、心を動かすって言うのは、
彼のシャッターを切った瞬間の熱い思いがそのまま、
私達の心に、ドンと届くからなんだって思います。

見えないものに秘められたメッセージを感じ取れる、
考えられるような自分でいたい 

本当に私も、amorosa さんのその言葉を聞いて、
そうでいたい、いつでも柔らかな心でいたいって、
思ったよ、強く強く、願います!!

現代社会の中で、心はどうしても、硬くなっていってると
思うから、だからこそ、時々に窓を開け放つように、
大雨に打たれるように、何か自然と愛情を経験したり
することって、とても大切なんだって・・・。
Commented by dutelovecat at 2007-04-14 11:30
やっこちん。
そう、全ては愛で、全ては愛に繋がって居るんだよ。
Commented at 2007-04-15 01:11 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by yayoitt at 2007-04-15 03:18
静ちゃん

うん、そうだよね。
真実、なんだよね。

ありがとう、こして繋がってることに、感謝だ。
Commented by yayoitt at 2007-04-15 03:20
鍵コメ at 2007-04-15 01:11 ちゃん

彼らの余りの美しさに、その生の眩しさに、
そして同時に存在する儚さに、泣けて来るんだと思う。

ふふ

あなたの心も、そこにちゃんと、
反映されてますよ!

素敵な空間をありがとう!
<< 戻ろうね、自分の世界に・・・ 怠惰から来た癖 >>