アイボリー戦争
Ivory War
c0027188_618339.jpg

そのゾウの死体は、大きな塊りで、身体を横にして倒れており、激しい苦痛でもがいたらしく右足を深く曲げたままだった。

その目は、死体に群がる鳥から隠す為に、密猟者の手によって砂を掛かけられていた。

これは、中央アフリカにて既に何百回も見てきた映像の1つであった。

僕は両手で、ゾウの身体を肩から尻尾に向けてそっと撫でながら、溢れ出す涙が頬を次から次へと伝って落ちるのを感じた。

ゾウの耳を持ち上げた。

唇から流れる真っ赤な血液の泡とか河のような筋が、砂の上に血の池を作る。

ゾウの皮膚は沢山の皺で包まれていた。

そこには姿のない鼻の付け根は、人の同体と同じくらい太い。

踵にかけて深く刻まれる裂け目は川の如くで、これらの深い皺から、僕は、このゾウの30年の生涯がどんな風だったかを辿ることが出来るのだ。
c0027188_6191583.jpg

中央アフリカやや北部に位置する国 Chad にある Zakouma National Park(ザコーマ国立公園)から・・・。
                       J. Michael Fay

c0027188_7716.jpg

2005年3月から2006年8月, 世界中から26トンを超える象牙(アイボリー)が没収された。

1989年に、CITES (絶滅危機にある動物の売買を禁止)にて象牙の輸出入が禁止と定められてから、最悪の数値となった。

1970年代は、300,000頭ものゾウが、今日でも10,000頭のゾウが、アイボリー(象牙)の為に、無残に殺されている。
c0027188_7332100.jpg

象牙(アイボリー)の殆どは、中国や日本に流れている。

象牙の数珠 ・・・

象牙の印鑑 ・・・

象牙の眼鏡の枠 ・・・

象牙のペンダント ・・・

象牙の置物 ・・・
c0027188_722678.jpg

アイボリー(象牙)は決して、自然死したゾウから抜かれる訳ではない。

その商品に姿を変える為だけに、命を奪われ、顔をえぐられる


家族で行動をするゾウたち、永遠の記憶を持つゾウたち、必死に小ゾウを守るゾウたち。
c0027188_704832.jpg

彼らの尊い生涯の最期は、こんな形で終わるべきでは、ない・・・。
by yayoitt | 2007-03-05 04:25 | 愛する動物のこと | Comments(28)
Commented by Neko at 2007-03-06 08:14 x
・・・
まだそんなに象さん、殺されているんですか。
保護しようとする側の人達も襲われたりしているんでしょうね。

しかし、輸出入禁止措置をとっても、闇ルートをつぶすことがなかなかできないんですかねえ。
だってこれだけでかいものですよ。
服の下にこっそり隠してとか、そんなんじゃないでしょ。
結局は、金、がモノを言っているのか・・・寂しいなあ。
Commented by Naho at 2007-03-06 08:15 x
言葉が出ません(;;)
象牙が人間にとってどうして必要なんでしょうか??食料が必要だからでもなし、畑を荒らすからでもなくて、ただ象牙を取るためだけなんて。これ以上unnecessaryな死ってないです。大自然で大昔から、存在し続けてきている像たちなのに…
Commented by kworca at 2007-03-06 08:57
こんなやり方で… こんなにまで顔をえぐられて採取されているとは…
想像以上です。
世界各地で動物が無惨に殺される背景には、必ずと言って良いほど日本が関わっていますよね…
Commented by chuchu03425 at 2007-03-06 11:15
なんてことを・・・
いらない。象牙の数珠も象牙の印鑑も・・・絶対いらない。
Commented by momoママ at 2007-03-06 16:07 x
うん。必要ないものばかりだし、どれも全く要らないよね!
エグイです・・・。

暗算は宙に浮いてじゃなくて机の上で、そろばんの玉をはじく様な
仕草・・・と言えばいいかな!今日の記事に掲載してみました。暗算も
好きではないけれど、出来なくはないよ。出来るほうなのかも^^☆
段に行く子はまずいないよね~。今 そろばん屋の息子が初段の練習
してるかなっ!小6で!
Commented by at 2007-03-06 19:24 x
やっこさんはじめまして。私の勤めている会社の応接室には、象牙の置物があります。いまどき、しかも応接室にこれみよがしに飾ってあるなんて、悪趣味でしかないとずっと思っていました。写真を見て、私はショックでどうしようもありません。社長に見せたらどう思うんだろうと、今考えています。
Commented at 2007-03-06 19:27
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by po-chan0702 at 2007-03-06 19:48
毛皮も象牙もフカヒレも、そんなもの 全然いらない。。
それらを 自慢気に持っている人って、浅いな~・・って思ってしまう。。
代替品だって たくさんあるし、その技術や能力を 人間は持っているのに・・
『事実を知らない!』という事もそうだけれど、『私1人くらい・・』という感覚が 無くならなければ 闇ルートはなくならないんでしょうね・・ 環境問題と通ずるものがありますね。。
需要があるから 供給される・・ この事実を知ってもらって、
欲しがること事態 罪なんだって・・そう感じる人が増えて欲しいですね。。
Commented at 2007-03-07 01:53 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by martini_glass at 2007-03-07 03:18
グロイ!一瞬何が起こっているのかわかりませんでした。
人間の欲は恐ろしいですね。自分の周りに象牙なんっつうもんはないけれど、こんな悲惨なことになっているなんて知る余地もなかったです。そこまでして豊かな生活がしたいと思う人間が醜いです。生きてる物を殺してまで手に入れる必要はないのに。罪深いですね。
Commented by yayoitt at 2007-03-07 07:11
ネコちゃん

大々的に禁止がされたその後は、
密猟という形でこうしてずっと続いてるんだよね・・・。

ゴリラの密猟、トラの密猟とかゾウの密猟も、密猟者は闇に隠れてしまうから、お金の為の彼らの仕事を邪魔する者(人間)は、かまわず銃などで殺してしまうようだよ。

闇ルート 。。。 その背後には、きっと大きな力があるんだろうね・・・。

だからこそ、購入する人を、失くさなければならない。

象牙を一切、買わない、売らない、扱わない、国レベルで締め出さなくっちゃ・・・。

ね。
Commented by yayoitt at 2007-03-07 07:20
Naho ちゃん

動物は、人間の装飾の為にどんなに沢山、殺されていることか・・・。

毛皮、皮、羽毛、サイの角もゾウと同じ殺され方だし。

例えば、持っている革製品のキーホルダーの為に、どんな風に、尊い命が殺されたかなんて、考えもしない人が多いでしょうに・・・ね。

肉牛の皮は、革製品としては基本的には使えない。

皮として使う動物は、皮を剥がれる為に生まれて来ていることが多い、こういう事実も、実はそう多くの人は、知らなかったりする・・・。

世界中には、こういうまだまだ私達の知るべきなのに知らない事実が、
一杯、一杯、あるんだよね。少しでもそれを知って行けたら・・・。

人間だけの地球じゃないもんね。

ありがとうね、ナホちゃん。
Commented by yayoitt at 2007-03-07 07:22
桂子さん

こんな風に、顔をえぐられてるなんてね・・・。

言葉がないよね・・・。

クジラ、熊、アザラシ、毛皮になる動物たち・・・。

やっぱり消費大国日本が、変わるべき時は、もう来ているはずだよね。

伝えなくっちゃ、だね。

桂子さん、ありがとうね。
Commented by yayoitt at 2007-03-07 07:24
もりこちゃん

そうだよね、知らないと、アイボリーって価値があるとか、革製品って高価だとか、人間は勝手な理由だけで、それがどうやってそこに来たかなんか知らないで買ったり、使ったり選んでしまうよね・・・。

私も、知る前は、そうだった。

今、知って、伝えて、変わらなくっちゃ、変えなくっちゃね。

もりこちゃん、ありがとうね。
Commented by yayoitt at 2007-03-07 07:28
momoママ

そうだよね、いまこれだけ、代理製品が溢れる中で、
皮にこだわる理由とか本物にこだわる理由とかは、
見得以外には、ないよね・・・。

全く、いらない。

そろ盤の話 ・・・

さっそく、ママのお話、見に行くね!

そっか、段まで行く子はそうは、いないんだ・・・。

なんだか、奥が深いな、そろ盤!
Commented by yayoitt at 2007-03-07 07:32
春さん

はじめまして。ようこそ、おいでくださいました!

高価だ、という理由だけで、象牙の置物は色んな所に飾ってありますよね・・・。案外とね・・・。

その象牙も、こうやって、顔をえぐられてもぎ取られたんだろうね・・・。

悲しい思いをさせて、それも目の前にそういう物があるのに、
ごめんなさいね、大丈夫でしょうか?

でも、こうして事実を知るってことが、次のステップになります。
知ることが、全ての動物保護への最初の一歩です。
しかも、大きな一歩です。

社長さんは、そんなことは知る予知もなかったのかもしれませんよね。

だからこそ、知ることが大切ですよね。

本当に、傷付けてしまったら心配ですが、でも、それを誰かに伝えることで、大きく未来は変えられます。

コメントを残してくれて本当に、ありがとうございます。
Commented by yayoitt at 2007-03-07 07:36
鍵コメ at 2007-03-06 19:27 ちゃん

うんうん!
本当にありがとうね!
むっちゃ、嬉しかったよ。感謝感激。
で、綺麗になるよ・・・ふふふ

ゴリラ、熊、トラ ・・・ 密猟と戦う人は命を懸けて戦ってる。

それはできないけど、せめて、消費者にならないこと、
そして、この事実を伝えることが、最も早期解決への道標!

悔しさを ・・・ 強さに ・・・ 変えてみよう!
Commented by yayoitt at 2007-03-07 07:44
みるくまま

少しづつ世の中の風潮は、

毛皮や羽毛、象牙や革製品を持ち歩く人へ、嘲笑と変わりつつあるよね。日本も、そういう風になって行くと思う!

だって、見得 丸出し、ってことだもんね。

そうなんだよ、代替品が全てにあるのにさ、必要ないんだもん!

私1人くらい ・・・ 

その気持ちは、容易く生まれるけど、なんて無責任な思いになることか・・・だよね・・・。

そうだね、人間が蒔いた種・・・。

全てを人間が刈り取る時が、来てるよね。

買う という行為の身勝手さ、そして、その通り、それは、罪 だよね!

みるくまま、本当にありがとうね。
Commented by yayoitt at 2007-03-07 07:51
鍵コメ at 2007-03-07 01:53 ちゃん

ショックだよね・・・。現実って、悲惨だよね・・・。

そのテレビ番組でも、象牙を売る人側のことだけで、
実は象牙がどんな風にして採取されるか、なんては、
放映しなかったんだろうね・・・?

そうだよね、もうね、やめようよね、こんな無意味な死は。
お金の為だけの、死は、ね。

そっか!象牙の箸ってのも、あるんだね??

はーーーー、もうね、吐き気がしちゃうなぁ・・・。

そうだよ、いらない、いらないよね・・・。

感じてくれてありがとう・・・。
Commented by yayoitt at 2007-03-07 07:56
martini_glass さん

本当にね、人間の欲はね、怖いよね・・・。
お金のためだもんね・・・。

でも、一番の問題は、消費者なんだよね。
無知な、何も知らない幸せ者な消費者たち・・・。

豊かな生活 ・・・ 結局は、見得 だよね。

無知は罪。

そして知っているのに無視は、もっと罪、だよね。

伝えて行こう、誰かのこの真実を・・・!

ありがとう。
Commented by aya at 2007-03-07 08:23 x
アイボリーは大好きな色です。
温かくてホッとする色です。
そっか、知らなかった。
象牙色っていうことだったのか・・・。
優しい動物が持つ、優しい色だったんですね。

Commented by requiem---k at 2007-03-07 19:56
またこうして、家族を亡くした象はその場所を何度も訪れるようになって、
そしてまた、そこで家族も殺されるんだよね。
けいこさんが言っていてハッとしたんですが、ほんとにいつも「日本へ」なんだよね。。。
他の国って、こういう事をどう受け止めているんだろう。
きっと、こうして実際に象牙を取ったり、毛皮を剥いだりしている外国人は「日本人って残酷だよな」って思ってやっているんだと思います。

Commented by yayoitt at 2007-03-08 08:13
aya ちゃん

アイボリー、色としては私も好きだなぁ・・・。
響きもなんだか、素敵なんだけど・・・。

それを巡る、こんな血なまぐさい事実があるとはね・・・。

アイボリーは、ゾウの為にあるものなんだよね。

人間の小物の為じゃない・・・。

ありがとう
Commented by yayoitt at 2007-03-08 08:17
カッタン

そうだよね、いつまでも記憶して、そして戻って来て襲われて、同じように顔をえぐられて・・・。

消費大国日本の 物欲 はひどいもんだよね・・・。

しかも情報大国でもあるから、流行れば皆するし、ファッション雑誌が取り上げれば、文字通り 皆 毛皮を買う・・・。

でもね、確かに変わりつつある、今!

それを助長しているのが、カッタンとかここに集う私たち!なんだぜ!

ね? 
Commented by kworca at 2007-03-13 00:02
ザクーマは、本当に素晴らしいところですね。
自分達を守る人間と殺す人間。
公園の際が分かっても、道路が分かっても、良い人間と悪い人間の違いは分かりっこないですよね。
彼らにしてみれば、こんなに複雑で難解な恐ろしい生き物はいないだろうな…
聖域である公園を広げたいですね。
出来れば地球全体に…
Commented by yayoitt at 2007-03-22 17:55
桂子さん

そう、人間の目をかわして、欲とお金の為に殺す人間。
それを背後で操る人間。そして、命を張って、守る人間。

動物にとって、人間の存在ってどんなんだろうね・・・。

大きな動物ではないのに、いつもルールを犯し、
境界線を無断でまたぎ、時に、喧嘩を挑むこともなく
ただ、殺す・・・。

共存が、できる、そんな地球になぁ・・・。

Commented by at 2007-04-13 01:10 x
やっこさん初めまして。
先日やっこさんのブログに初めて辿り着き、凄く嬉しく思っています。

全ての記事を読み終えるまでにはまだまだかかってしまいそうですが、とても興味深く読ませていただいています。
とても共感出来るし、それにとても素敵な記事ばかりです(´∀`*)
とても、胸が痛くなる記事も沢山ありますね。
すでに何回か泣きながら読みました…

この記事の写真の象達の苦しみを思うと、胸が痛くなります。
どれだけ苦しかっただろう…
即死ではなくて、生きながら切り刻まれていったとしたら…
涙が出ます。

人間の飽くなき欲望の犠牲となる動植物は象牙以外にも山ほどあるでしょうが…もうこの画像を見たら言葉が出ません。
Commented by yayoitt at 2007-04-13 06:39
苺さん

始めまして。
辿り着いて頂き、ありがとうございます!
とっても嬉しいです。

泣かせてしまって、ごめんなさい。

同じ命を愛する時に、人は、同じ思いで、同じ未来を
目指すことができると、心から信じています。

そして、全て、繋がってくれることも・・・。

これからも、一緒に、感じて生きましょう。

苺さんの思いも、沢山、聞かせて下さい。
そして、ここに集ってくれる優しい人々とも
語りに来て下さい、是非、是非・・・。

本当に、優しい言葉をありがとう。
<< 早く元気になろうね その1 街で出会った白熊たち >>