いつもと変わらぬ日常
昨日、隣に住んでいた小さな双子の兄弟が、おなかを空かせてうろうろ歩き回っているのを見た。

子供達の母親は、もう数日も前に、誰かに連れて行かれたまま戻っていない。

多分、2度とその家には戻って来れない。

臓器の一部が、秘薬になると言うことで、今頃はもう、彼女は生きてはいないに違いない。

おなかを空かせた子供たちだって、早かれ遅かれ捕えられて、見世物にする為にどこか暗い闇に連れて行かれるに違いない。

レースのカーテンも、テーブルも、ベッドの上の温かいブランケットも、そのまま残されたまま ・・・。
c0027188_1511171.jpg
c0027188_1541771.jpg

友達の1人は、新種治療薬のテストだということで連れて行かれたまま、やっぱり戻っては来ない。

誰にでも愛想の良い、人を疑うことを知らない、優しい子だった。

彼女の母親が、しばらくは泣きながら探していたけど、最近ではその姿さえ見なくなってしまった。

冷たいステンレスの檻の中に閉じ込められ、定期的な投薬と開腹手術の繰り返しで、常におなかにはドレーンを立てたまま痛がっていると風の噂で聞いた。

彼女の周囲には、様々な人種の老若男女が檻に閉じ込められているらしい。

そこでは彼女と、同じ言語を共有する人は少ないが、毎日、苦しみの余りに泣き叫んでいるということだけは感じ取るのだそうだ。

きっと近い将来、彼女もいなくなるんだろう。

彼女が愛した音楽や映画、人々さえも2度と彼女と触れ合うことはない ・・・。
c0027188_158293.jpg

c0027188_1585192.jpg

白い肌が自慢の大家族がいた。

その肌の美しさには、誰もが溜息を漏らすくらいだった。

最近になって、その肌を薄く剥がして売り物にするんだという大きな富豪会社の計画で、その大家族の住む村が襲撃された。

小さな子供の肌は特に柔らかくて肌理(きめ)が細かいいので、真っ先に剥がされた。

生きたままだったので酷く苦しがり、それを泣き叫んで止めようとした親や祖父母たちは、大きな鉄の棒で簡単に殴り殺されてしまった。

村の家々から溢れたのは、真っ赤な血の河 ・・・。

作りかけのスープが焦げ付き、ラジオからは陽気な音楽が、人気(ひとけ)のない真っ赤な残骸の村に、寂しく響いていた ・・・。
c0027188_2152461.jpg
c0027188_2174174.jpg

兄はその日まで、信じていた平和な広い草原で、背後から襲われてしまった。

彼はただ食料を探して歩いていただけだった。

何も悪いことをしたこともなければ、食べること以外の理由で誰かの命を奪うことなんてなかった男だった。

彼には、生まれたばかりの女の子と、彼を慕って美味しい手料理を作って待っている綺麗な妻がいた。

真っ赤な夕陽をバックに、大きな身体の彼は、それはちっちゃな欠片のように粉々になり、おっきな車の後ろに無造作に乗せられ、大都会へと運ばれて行った。

彼の皮膚も、頭髪も、歯も、全て余すことなく身体から取り去られると、そのまま紙の袋に入れられた彼の身体の行方を知る術はなくなった。

それから何度目かの朝焼けが草原を覆う頃、力を失った妻と子供たちは、固く1つになり、やはり人知れずにこの世を去った。
c0027188_2272262.jpg

c0027188_2263440.jpg

今日も道端に転がる新しい死体がある。

誰が足を止めるわけでもなく、そこに花を供えるわけでもなく、朝が来て太陽に照らされ日が翳り、夜の冷たい露に濡れるだけ。

ある者はその牙を抜かれ、ある者は手首を鉈(なた)で切り落とされている。

たとえ命が奪われなかったとしても、ある者は育って来た平和な街から連れ去られ、生きながらにして狭い空間で一生を過さなくてはならない。

突然に、誰かの手によって遮断された平和と日常、または奪い去られた命。

それが元に戻ることは、決してありえない。

1度失われたら、2度と元の形では戻ってこない。

けれどもこれは、何てことはない当たり前の日常、何の変わりのない昨日、今日、そして明日。

いつもと変わらぬ日常、いつもと同じ日々の繰り返し、それでも人々は、ただただ食べ、生み、愛して暮している。
c0027188_229160.jpg

by yayoitt | 2007-02-18 18:58 | 愛する動物のこと | Comments(18)
Commented by kworca at 2007-02-19 04:55
これは架空の話しのようで、そうではなく…
無関係な話しのようで、身近に繋がっている。
せめてそれを意識するかしないかだけでも、繰り返される日々の向かう先は変わっていくかも知れませんね。
Commented at 2007-02-19 05:54
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2007-02-19 08:24
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by burnethill at 2007-02-19 20:31
こんなことが今こうしている間にも、世界のどこかで繰り返されているのです。
多くの人が意識していけば、毛皮も売れなくなるし、動物実験をしない化粧品を選ぶようになるでしょうし、せめて訴える努力を続けて行かねばいけませんね。
Commented by chirorin_wan at 2007-02-19 21:27
トイレの話の後にやっこちゃん・・
違う意味でのダブルショックでした^^;
なんて・・この一見物語風のお話・・ちゃんと光景が自分の心の中に浮かび、涙が出てしまいました。

もっともっと沢山の現実に起こっている考えられない話が沢山ある事を、自分の出来る範囲で伝えて行かなければいけないと思った。

この前のおっとさんの三回忌で家に泊まって行ったいとこ達にも、少しだけ伝える事ができたのも、やっこちゃん達に色々現実に起きている話を伝えて貰っていたから。
ほんの1ミリ位の前進だけど、知らないよりずっといい!!
センターでの『安楽死』ではなく『窒息死』である事や毛皮の事から色々な話が出来てほんの少しでも知ったいとこ達からまた周りに伝わって行くといいなと思った。
でも歯がゆいね。
沢山犠牲になって行く子達のスピードの速さに反比例してる・・
それでも前に進まないよりは絶対いい!!
そう思うようにしています。
なかなか行動に起こせない自分が歯がゆいなぁ~・
それでもいろいろな事を知って私が使っている健康食品、化粧品も動物実験をしていないと知り嬉しかったもん。
本当にやっこちゃん達に知り合えてよかった。
Commented by yayoitt at 2007-02-20 04:17
桂子さん

きっと今もこの瞬間も、その真っ赤な血が、人間の手で流されているよね・・・。

そうなんだよね、ニュースにならないだけで、もの凄い数の命が、人間の欲の為に、無残に絶たれているんだよね・・・。

意識すること ・・・ 知ること ・・・

これは、とても大きな明るい未来への一歩だと思う。

知らないと知るでは、殺すか生かすかくらいの大きな違いがあると思うよ・・・。

真正面からちゃんと受け止めてくれて、ありがとう、桂子さん。
Commented by dutelovecat at 2007-02-20 06:30
怖いのはこれが現実だってことだよね。。
貧しい、人介せない国なんかでは本当に帰らぬ人が多く居ると思うお話の様に。人間が人間も食っている、医薬の為やその臓器の為、理由も色々である。知らない事多すぎるよ。。見えない事が多すぎる。

怖いのはこれがこの瞬間にも平然と起こっている事。
無抵抗な物達を平気で苦しめている、人間同士で行うそれのように動物達に対してはもっと罪悪感など無いかもしれない。お金のため?裕福さを求めるため?心さえ無くしてしまうの?
人間は考えられる生き物、他の生物達より脳の発達は著しいはず、だからその痛みも想像出来るはず。なのにそれが出来ない。
どこでそれが出来る人と出来ない人との違いを作って行くのだろう?痛みが分かってこそ人間なのに。

こうやって人に置き換えてみると受入れやすい人々も居るかもね、でも置き換えてみると真実だったりもするから。。
Commented by yayoitt at 2007-02-20 07:31
鍵コメ at 2007-02-19 05:54 ちゃん

そうっかぁ・・・。

その気持ちがわからないわけでもないけれど、どうか、まず、自分の精神を脅かすようなことは、避けて欲しいよ。

気持ちの向う方向には必ず、ちゃんと欲しかった答えは待ってるはずだと信じてる。

この世に、正しいことはやっぱり正しいから、いつか必ず報われるよ、時間は凄くかかっても・・・。この生涯を与えてでも・・・。

ね。
Commented by yayoitt at 2007-02-20 07:39
鍵コメ at 2007-02-19 08:24 さん

はい!!本当にありがとう~~~。
むっちゃくっちゃ、嬉しかったよ~~。

私は、3月生まれなので早生まれの知恵遅れってやつですねぇ・・・。
同じ学年の人と比べると丸1年違いがあるので。笑!!

知恵遅れは、私に限ってのこと、ですが・・・。

そっか!!同級生だねぇーーー、きっと。ふふふ

そんな感じはしてたんやけど・・・笑!(何ゆえ??)

おうおう、お誕生日、ありがとう!
しかと頭の中に・・・メモメモ・・・よしっ!

いつも、本当にありがとう。

あなたは笑顔をくれるのが、上手いなぁ・・・。ふふ
Commented by yayoitt at 2007-02-20 07:44
burnethill さん

そうなんですよね・・・。

この今、一瞬、この瞬間にも、どれだけの命が怯え、震え、苦しんでいるのだろう・・・。それを感じながらも、私は笑い、泣き、怒り、歩き、眠り、食べ、また眠ってまた食べるんですよね・・・。

意識をすること・・・。

桂子さんも言ってくれていますが、意識するかしないかだけでも大きく未来は変わるに違いない。

遠回りに思えて、実は最も確実で早い修復方法は、人から人へ、口から口へ、心から心へ伝えることなのかも・・・

しれませんよね・・・。

それを信じて、せめてせめて・・・訴える努力、はい、続けて行きます、ね、行きましょうね、burnethillさん!!

ありがとうございます。
Commented by yayoitt at 2007-02-20 07:51
タカピョン♪

タカピョン♪、タカピョン♪が、このメッセージを、ちゃんと受け止めてくれたことに凄く感激しています。

本当に、感じてくれて、ありがとう、嬉しいです。

口から口へ伝えること・・・これって、凄く偉大なことだと思う。
だって、その瞬間まで、相手はもしかしたら何も知らずに、これからも知らずに生きて行ってしまってたかもしれないんだもん。

そして、口から口、それは心から心へ伝わり、確実に波紋となって遠い岸辺に到着します。

絶対に、伝わりきるものだから・・・。

うん、知らないことは、無知は時に罪。
知らないと知ってるの違いは、雲泥の差です。

歯痒いけれど、それは、確実で尊いです。
何故なら、心がそれを伝えて、心が受け止めてくれるから・・・。

私も、タカピョン♪や、多くの優しい人々にここで知り合えたことは宝だと思っています。愛しい人々、1人1人が1ミリ進んだら、皆で大きな最初の一歩を踏み出せるに違いない、ね?

一緒に、伝えて行く・・・。やってみましょう、続けてみよう!

うん、本当にありがとうね、タカピョン♪
Commented by yayoitt at 2007-02-20 08:00
静香さん

そうですよね、これが現実。

人間に例えると、もしかしたら例えなくても・・・。

そうだよね、情報では得られない部分でどれだけの尊い命が、
闇に葬られているかわかりはしない・・・。

今、この瞬間に ・・・。

人間だけが、欲の為、お金の為、簡単に命を奪うことが出来る。
人間の優れているはずの 部分 は、心とはかけ離れてしまっているんだろうか?

そうじゃないはず・・・。

静香さん、しっかりと受け止めてくれてありがとう。
理解してくれて、ありがとう。

心強いです。

重ねて、何度でも ・・・ 本当にありがとうね。
Commented by スマイル at 2007-02-20 10:58 x
わたしは許せないよやっぱり たくさんの事が許せないよ。
痛いもん 痛い 毎日痛いよ 心が 
肉体も心も痛いたくさんの犠牲者達、、こんな形で苦しんでいるんだもん。。痛いよ 痛い 毎日 痛い。。。
愛らしい目が あたたかな毛も、、母と子も、、引き裂かれて行くんだもの そんな事が毎日平気に起こってる。。痛いです。

宇宙戦争っていう映画があって、宇宙人が地球人を駆除に来るのだけど。。わたしはその映画をみ終わった時、何故かすっきりした気分になっていた自分に気がつきました。。。
Commented by akibrandy at 2007-02-20 16:56
そうそう、やぁちゃんが言うように、人から人へ伝えるのが、地道だけど、歯がゆい事もあるけど、一番確実だと思う。わ。
Commented at 2007-02-20 23:00 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by yayoitt at 2007-02-21 08:58
スマイル さん

痛むよね、心が、痛む。

人間は、実に簡単に他の命を奪えてしまいますよね・・・。

私も、いつも感じています。
人間、こんな人間ならば・・・さっさと滅びたら良いとか、
破滅してしまえばいい、人間さえいなくなれば・・・って。

でも、でもきっと、それではいけないのかも・・・
そうも思わなくちゃ、とも自分に言い聞かせるようになりました。

排他的ではいけないのかも・・・。

怒りを伝えるには、愛じゃないと伝わらないのかも・・・。

だけどね、沸騰しやすい私はやっぱり、
泣いて怒って、拳を握り締めたりするんですよね・・・。
Commented by yayoitt at 2007-02-21 08:59
あきちゃん

そうだよね。。。
すっごく歯痒いけれども、でも、確実で
とても強いメッセージになると、私も信じてる。
Commented by yayoitt at 2007-02-21 09:02
鍵コメ at 2007-02-20 23:00 ちゃん

辛い思いをさせてゴメンね・・・。
びっくりさせてしまったでしょう・・・。

そうなんだよね、確実に毎日の生活の中でどこかで
起こっていることなんだよね。

それでも、情報として流れてこない、もっともっと
酷いことは確実に今、この瞬間に起こってる。

感じてくれて嬉しいです。

感じてくれた時点で、鍵コメちゃんは、きっとそういう人々とは
遠くかけ離れた、人間 になってると思うよ。

ありがとうね・・・。
<< イギリスから来た、お花畑とロー... トイレ の お話 >>