私はあなたを裏切らない
彼ら は、人間と同じぐらい、またはそれ以上の大きさの脳を持ってるんだよ。

動物の頭の良さは脳の体積よりも表面積に比例すると言われるんだけど 彼ら のその脳にはシワが多くってね、表面積も、人間と同じか、それ以上あるんだって。

その頭脳の良さはね 彼ら は生きる為、本当に必要であろうと考えられる事にそのほとんどを使ってるんだよ。

もちろん生きる上で必要なことに対して、効率の良さを追求するという目的で使われる事もあるだろうけどね。

僕たち人間のようにさ、楽をする為だとか、便利になるようにとか、そういうことに頭脳を使ってはいないんだよ。

機械を使うこともなく魚を養殖したり、それを保存するための冷蔵庫なんて持ってないんだ。

僕たち人間も多分、大昔は持っていて、今はほとんど使われていない為に無くなってしまってると思われる能力も、フルに使いこなせてるんだよね。
 
でもね ・・・。

じゃぁ、なぜ?って疑問が 彼ら に対していくつも出てくるんだ。

まず1つは 人間に攻撃をされても、なぜ反撃をしないのか? ということ。

2つめは 飼育されている(捕まえられている)所から逃げようとしない こと。

彼ら が人間に閉じこめられているのは、水面下だけを網なんかで仕切られているような場所がほとんどなんだ。

水族館のショーでもよく見かけるように、彼らは空中にジャンプすることが出来るよね。

水面下を仕切られていても、空中にジャンプをすれば簡単に逃げられるというような状態で飼育されているにも関わらず、

彼ら はそれを越えて逃げようとはしないんだよ。

長い間、網などで隔離されていた場合ね、ほとんどのクジラ類はその網を外しても、今まで隔離されていたその場所からなかなか外に出ていこうとしないんだって。

この2つのことについては、こういう推論が立てられるんだ。

彼ら は 人間を裏切ろうとはしない ということ。

場合によっては 彼ら自信が死ぬことになっても、人間を裏切ろうとはしない 。

イルカ&クジラ救援プロジェクト参照
c0027188_2215182.jpg

         アイスランドに商業捕鯨の中止を訴えてください 
c0027188_2363621.gif
 
アイスランド政府が、20年ぶりに商業捕鯨を再開しました。

世界有数の壮麗な生物で絶滅危惧種のナガスクジラも殺されることになります。

環境にやさしい国として観光客の人気も高いアイスランドの国際的な評判を落とすことにしかならないこの捕鯨再開を中止するよう、アイスランドに訴えてください。

鯨肉を定期的に食べるアイスランド人はあまりいません。

鯨肉の市場も世界的に限られており、皆無にひとしいと言ってもいいほどです。

アイスランドで捕獲された鯨肉の殆どは、日本向けです。

また、クジラが水産資源の減少に大きな影響を与えているという理論も科学的根拠はほとんどありません。

最初のクジラが死ぬ前に、この捕殺の許可を取り消さなくてはいけません。

アイスランド政府は、一人のビジネスマンを喜ばせるために商業捕鯨を許すことで自国の経済に銛を撃ち込んでしまったのです。

こちらでは、電子メール署名を募っています。

アイスランド政府に向けて、捕鯨禁止の署名を送って下さい。

去年、マイケルとアイスランドに行きました。

捕鯨をしていたことを、完全に過去のこととして、それを誇りに思うアイスランド人に沢山会いました。

日本で、文化を守る為に鯨を食べよう!と謳うその愚かさ ・・・

今一度、個人個人で、よく考えてみたいものです。
by yayoitt | 2006-10-23 02:05 | 愛する動物のこと | Comments(12)
Commented by kworca at 2006-10-24 04:10
とかく人間は、他の生き物を下等だと言います。
人間と同じ事が出来ないと劣っていると言います。
でも、あえて行わないのだとしたら… 下等生物は一体どちらでしょうね。
行う必要のないことを沢山人間は行っていると思います。
Commented by naho823 at 2006-10-24 07:59
今、メールを送りました。捕鯨以外の方法にもアイスランドの経済を支える方法はあるはずだと思います。特に取引先が日本となると、食べ物の有り余った国なのでこれ以上食料を送り込む必要は全くないと思います。いけない、と感じて過去に中止された行為をもう一度再開する事は愚かだと思います。一人でも多くの人が、この問題を意識して行動に出て、アイスランド政府の気持ちを動かす事ができますように!
Commented by 乃亜_Angela at 2006-10-24 12:44 x
早く、人間のためだけの地球ではないことに気づいてほしいです。
欲望のままに生き物を殺し、環境を破壊していく・・
いづれ、自分の身に降りかかってくるのに。。
日曜日に毛皮反対デモに参加してきました。
動物関係では異例の200人ほどの人が集まりました!
少しづつですが、良い方向に向かっていると思います。
Commented by momo-mimi-y at 2006-10-24 15:48
鯨もですか・・・。
自然を破壊しながら利益を上げ続ける・・・
人の脳も使い方、間違いだらけですね。
Commented by ピータン at 2006-10-25 09:09 x
この問題、どうしたものか自分の中で整理ついていません。
鯨の肉が売っていたら、食べたくなる(買うかどうかは別)ことがあります。
「かわいそう」という意味だったら、羊を食べるときが辛いです。
頭が悪い動物なら食べていいのかはわかりません。
私はベジタリアンにはなれそうにないし、そこまでする必要はないと思っています。植物だって生きているし。

ハンバーガーをぱくつく人達が、牛が殺されるところを想像しないでしょうし、想像したくないでしょうし。うーーーん。

数の話であれば、少し鯨取る分にはいいのか悪いのか、これも理解していません。毛皮のほうが良くないけれど、食べるのは生きていくために必要なのでいいような気もしますが、種類の問題?
Commented by yayoitt at 2006-10-26 05:03
桂子さん

うん、人間は、自分達が神様だと思ってる。でも、悪魔だってことには気が付けない。

そう!人間と同じ事が出来ないと、劣っていると感じる、馬鹿だと思っちゃう、違いを、特異性を受け入れられない愚か者です。

行う必要のないこと、そして・・・

行なうべきではないことを、知ってて行なう、愚かな動物・・・。
Commented by yayoitt at 2006-10-26 05:07
naho823さん

どうも、ご協力をありがとうございます!!

そうなんです、一度は大きなパワーで、外部からの非難を受け、やめた、禁止したことなんです、それを経済の為に再び始める・・・それが悔しくって仕方がありません。

また、時間がかかります、始まった以上、時間がかかるけど、止めさせよう!!

お友達にもお伝え下さい。

ありがとう!!
Commented by yayoitt at 2006-10-26 05:10
乃亜_Angelaさん

ありがとう!!

本当にそうです、人間だけの地球ではない!!!!

お金の為に、命を奪うのは、やめて!!

そしていつかはどうせ、自らの生活まで破壊するから・・・人間。

毛皮反対デモ、お疲れ様でした!!200人もの人々が!!素晴らしい!!人々の関心が、どんどん動物を保護する方へも向けられてるのですね!!詳しいお話、聞きたいです!!

本当にお疲れ様でした、勇気が出ます!!
Commented by yayoitt at 2006-10-26 05:21
momoママ

鯨の問題は、深刻です、イルカも棒で殴って捕らえられています、日本で。

本当に、いいのかな・・・いいのかな・・・悲しいね・・・。

守らなくっちゃ、ね。その為にお金を使って欲しいよね。
Commented by yayoitt at 2006-10-26 05:28
ピータンさん

難しい問題です。

日本の場合は、鯨の肉を好んで食べるというよりも、経済的に潤う為に、そして 文化 としてこれをやめたくない、という理由で、捉えられて、悲惨な方法で殺されています。

動物の中に、頭の悪い動物は、ないと思うのです。それぞれが違ってて、生きる為に、子孫を残す為に、その知恵と労力はフル活用されていると思います。

食べる、生きる為に食べる、ということに関しては私も、反対はしませんが、それが、経済の為、ビジネスの為、物珍しい為、不必要に殺されている部分が、どうしてもあると思います。

食べる以上、使う以上、それがどうやってそこにその形として来たのか、それを知って、その上で、感謝して、使って欲しい、食べて欲しい、と、願います。

正直な意見、とても大切です。本当に、ありがとう!!!
Commented by requiem---k at 2006-10-26 12:15
1回は中止したことを再開する。
この繰り返し、中止も、結局は人間の為だったんだろうか。
日本もそうだけど、動物のためにと決めたことなら、再開は有り得ない、勝手すぎる恐ろしいことです。
日本の文化って、薄気味悪い。

Commented by requiem---k at 2006-10-26 12:16
文化って、何・・・・
<< 幸福を呼ぶ女 スコットランド滞在紀 ええ男を呼ぶ女 スコットランド... >>