熊と共存するってこと
c0027188_324556.gif
                  2度クリックしてください

野性動物と共存する ということの大切さ、そして難しさ ・・・。

人間が自然の約束を破ってしまった今、それは本当に大きな課題です。

本当の意味での共存、お互いにルールを守り、お互いの域を犯さないこと。

しかし、人間はそれができずに、結局は多くの動物達を 絶滅 へと導いてきました。

飛べない鳥  ドードー の絶滅 は今でも、人々が人間のしたことを反省する良い例として語られます。

生命 が誕生して以来、地球上にはさまざまな生き物が出現し、進化し、自然淘汰されて来ました。

しかし 人間の出現と人口増加 に伴い人為淘汰は加速しました。

人間が直接・間接的に絶滅に追いやった生物は、全体の 80% とも 90% ともいわれているほどです。

                       ☆    ☆    ☆

IFAW からの報告です。

ロシア では、ハンターによって 親熊を殺されてしまった小熊 が、生存のチャンスをも失いかけています。

IFAW  は、孤児となった小熊を保護し、その成長を手助けして、保護区域の森林に帰すための活動をしています。

また IFAW  は、ロシアにおける 冬眠中の熊を狙った狩猟の禁止 を呼びかけています。

冬眠中の熊を狙った狩猟によって親を失った何百頭もの小熊がその命を失っているのです。

・・・
c0027188_3252387.jpg

ロシアでは冬の間、裕福なハンター達が、冬眠中の熊を叩き起こして射撃するという娯楽の為に、1人2000米ドル以上ものお金をつぎ込んでいます。

狩猟犬が  の冬眠する洞穴を見つけ、眠っている熊を起こすために猛烈に吠えます。

ハンターは、 が起きて洞穴から出てくるところをライフルで狙いをつけて待ち構えています。

 が洞穴から姿をあらわすと、ハンターはその  が雄か雌かの区別もつかないうちに引き金を引くのです。

親熊 がハンターによって殺されたあと、多くの 小熊 はそのまま放置されて死んでしまいます。

一部の 小熊 は洞穴から連れ出され、地域の村にペットとして引き取られます。

写真家や移動動物園やサーカスなどに引き渡されることもあるのです。

さらに、獣肉を扱うレストランでは 熊の肉 の料理が出されています。
c0027188_3254728.jpg

http://boss.streamos.com/wmedia/ifaw/er/russian_bear_comp.wvx  ← こちらがビデオです。

                      ☆    ☆    ☆


人間が、他の生き物の命を奪う時、その1つの命の後ろに一体幾つもの命がぶら下がっているか、考えたりしない。

野生動物は、生きる為以外に、無闇に他の動物を殺したりしない

同じ地球に生きる、共存する、その ルール を知っているから ・・・。

                      バン!

その銃声一発に、大きな未来の崩壊が隠されている ・・・。

c0027188_3263143.gif

by yayoitt | 2006-10-02 02:36 | 愛する動物のこと | Comments(30)
Commented by ひろみ at 2006-10-03 03:55 x
娯楽で動物を殺すなんて、ほんとに酷いですよね。殺すことで快感を得る人間が居ると思うとぞっとします。人間である事に誇りを持つどころか、恥ずかしいと思える事がほとんどのこの頃です。
署名できるようになっていたので、サインしました。いつも同じ事を言うようになってしまいますが、全ての人間が動物を愛する世の中になって欲しいです。
Commented by dutelovecat at 2006-10-03 04:44
知らなければ広がらなければって思う事が私達人間達の中では沢山在ります。それはやはり全て人間が作っている起こしている事だから。他の生き物は自分達が生きて行くため以外生存を続ける為以外にはその人間が起こしているような事はしません。
人間は同じ人間にもそのような事をします、それもやはり動物達がしている事とは違う意味で。貧しい国は医療の犠牲にも成ってます、アフリカとかって今どうなっているのでしょうか?
人間は恐ろしい、同じ人間でも恐ろしいって思います。優れた地下らがあるのにどうしてそれをより良い方へ使えないのだろう。

熊は犠牲に成っている事が多いですよね、狭い身動きが一切取れない檻のに入れられで20年も30年も開放されず死ぬまで胆嚢の液を絞り取られる熊達も沢山居ますし(性欲剤の為だけでしょう?)、日本でも怖い危ないとやたらにその奥に在る意味やなぜそう成っているのかも考えず人間本意に出会ったら殺す、熊って強い生き物だから人間の恐れも在るのかなだから熊を撃ったぞ!殺したぞ!って自慢の種にも成ってしまうのかな(他の動物でなく熊がハンターに狙われる訳)。
Commented by dutelovecat at 2006-10-03 04:45
続きです。

人間って強い優れている物に恐れを抱きますよね、それを捕らえて上位に立ち喜ぶみたいな(黒人の事がそうですね)。

娯楽だなんて。いつに成ったら気付く事が出来るんかな。学ぶ事が出来るのかな。悲鳴が聞こえるのかな。
Commented at 2006-10-03 05:36
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by chuchu03425 at 2006-10-03 11:50
娯楽のためって・・・むやみに殺して楽しいって精神が理解できないよ。
最近日本でも熊が人里に出てきて人を襲うとか畑を食い荒らすとかって問題が多発してます。人間がルール違反をして熊たちの居場所を奪ったから、熊の住む場所と人間の住む場所が近くなった。ってことだもんね。
人里に出てきたら殺す、みたくなってるけどそんなんで何の問題も解決しないよね。根本を正さなきゃ・・・だよね。
Commented by momoママ at 2006-10-03 14:48 x
小熊は、途方にくれて、餓死しちゃったり他の動物に倒されちゃったりして
小さな命が消えていくんですね。悲しいけれど、人との生活の中で熊とか鹿とか例えばトラとか・・・身近じゃなさ過ぎて実感がわかないのは事実です。猫や犬、金魚?^^;などは実にわかりやすいんですけれどね・・・。
そしていつも思うのは、その経済にまつわる現実ですよね。1人2000米ドルのお金の行き場所・・・その収入がないと家族を養えない又別の問題が明らかになる・・・
日本でも 女優の高木美保が、軽井沢の熊が山里に下りてきたら捕獲して山に帰す活動をしていますが、そういう活動の意味をなくしてしまうほどの悪循環がありますよね・・・。
Commented at 2006-10-03 17:25
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by michi at 2006-10-03 17:43 x
もう、かわいそうで、胸が痛みます。以前のドッグパークの事件といい、このクマの話といい、人間は残酷さには限度がないですね。
Commented by メリー at 2006-10-03 21:14 x
非道な人間の娯楽の為に犠牲になった野生動物がどれだけいるんだろう。生態系を崩して、全てをおかしくしているのは人間だって事を分かってない人が多すぎて・・世の中悲しい事だらけ。
動物だって一生懸命生きているのに・・・惨すぎる
Commented by akibrandy at 2006-10-04 17:03
生活するため、食糧として獲物をとる人はこんなバカなことはしない。来年のこと、未来の事を考えて、必要な分だけを獲る。
これは本当に当たり前で基本的なことなのに、こんな当たり前の事を守れずに獲れるだけ獲ってしまうバカもいる。
でも娯楽のためになーーーんにも考えずに手当たり次第殺す大バカがいる。天罰、下るぞ。

次から次にこういうニュースが送られてくるね...
Commented by kworca at 2006-10-04 17:12
私にとってロシアって、ホント難解な国の一つなんですよね。
貧富の差が激しいからなのか、国民性が一貫していなくて、理解しがたい行為や現象も見受けられる…
↑の事は全然知りませんでした。そんな恐ろしい事思いつきもしない…
何かの鬱憤を晴らしているんでしょうか? 自分に返ってきた時が怖いですよね。

世界遺産で有名になった知床では、熊と人間の共存が成り立っている地域もあるようです。
漁師さんが漁を終えて海辺で後片付けをしていると、すぐ2〜3mそばまで野生の熊が寄ってきて、それに気づいた漁師さんは全く慌てず捕ってきた魚を何匹か放ってやるの。そしたら熊がそれを持って子熊の所に戻って行くんです。
テレビ番組で見た光景ですが、すごく当たり前で自然な事に感じたなぁ。
人間が野生生物に餌を与えることは問題を招くことではあるけれど、熊に関して人間は、もうそんなこと言ってられない事をしてしまっていますからね。
もりこさんも言ってるように、熊が進出してきてるんじゃなくて、人間が熊の領域に進出してるんだって自覚、大事ですよね。
Commented by fiona at 2006-10-04 18:24 x
北海道のアイヌから、シベリアをぐるっと回ってフィンランド、アラスカまで、「極北の民」と言われる人達の多くは、「熊信仰」といわれる気持ちを抱いていたのだそうです。
神様だったり、ご先祖だったり・・・・・敬い畏れ、親しみ、そして真摯に対峙して、必要な分だけを大切に頂いてきたのだとか。
自分たちの命を永らえる分だけ、自らの命を賭けて得た熊には、最大限の敬意を払って、手厚く儀礼を尽くし、全てを頂戴していた・・・・。
そこには、akiちゃんのいう「未来の事を考え」る謙虚な畏敬があった。

結局、こういう、他者の生命を尊ばない乱獲をするのって、「白い人達」がするんだ、という気がする。
Commented by fiona at 2006-10-04 18:24 x
(~つづき~長くてごめんね)


クジラだって、そう。コルセットやランプの燃料として、遠くから出張ってきて、えげつない方法で勝手に捕るだけ捕り尽くして、自分たちが使わない部位はじゃんじゃん捨てて、揚げ句に数が減ったら「貴重だから」「賢いから」って、自分たちの罪の意識を慰めるように、古来から「命を賭けて対峙して、頂ける分だけを全て有難く頂いて」きた人達に、「捕るな」って強制する。

根底に、他者(=自分たちと異なる価値観や外見の人々)を尊重しない傲慢さが、ずーーっと流れているように見えてしまいます。

冬眠中にたたき起こして乱獲する、なんて、狩りをする者を名乗るのも許せない!!
外道どもめっ!!!!
来世は、蛆虫に決定。
Commented by fiona at 2006-10-04 18:29 x
ホンマ、連続でごめん!!
↑訂正します~

×: 自分たちと異なる価値観や外見の人々

○: 自分たちと異なる価値観や外見の生命
Commented by chirorin_wan at 2006-10-04 19:48
次から次へと・・
もう怒りで一杯です!!
人間がバカすぎる!!
同じ人間である事が恥ずかしい。。。
人間には精神的な面、『心』があるはずだよね。
大切な心がおかしくなって行ってしまっている。。

何か上手くいえないけど、地球上で一番精神的な部分が発達している人間だからこそ、思いやりの心を持って他の動物たちの事を考えられるんじゃないかなと思うのに・・
こういう考え方も人間が一番って思ってる様に取られちゃうかもしれないけど。

やっこちゃん、アークのリンクってどうやったらいいのかな?
前にも思ったんだけど、やり方分からなくて・・
私はなかなか更新できなくて役に立たないかもしれないけど、また暇出来たら教えてね。
Commented at 2006-10-04 22:18
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by yayoitt at 2006-10-05 05:42
ひろみさん

ありがとうございます。
そうなんです、命を奪うことに、その理由が何であれ、何とも思わない人、命を奪っておいて自分の子供のホッペにキス出来るような人がこの世には数え切れないほどいるのです・・・。

悲しいけど、私達はせめて、そっちの人ではないこと、誇りをもたなければなりませんね・・・。

傷付くけど・・・。頑張らねば・・・。

IFAWは私の一番好きなチャリティーです。ご署名、本当に、ありがとう!
Commented by yayoitt at 2006-10-05 05:49
Shizuさん

知らなければ広がらなければ ・・・ そうです、そうなんです!人間だけがこの地球上で理に叶わない行いをしでかしているんですよね・・・。それを、人間は、神に一番似ていて特別だとか色んな屁理屈をこねるんです。

アフリカ・・・スコットランドでのG8の時のチャリティ、白いバンドとか、流行りましたよね、でも、すぐに話は流されて誰も語らない。流行って怖いです。

うん、人間に与えられた特別な力が英知があるのなら、それを地球全体のためになることに・・・なんで使えない?

Shizuさんの所でも熊のお話聞きました、あと、日本での熊射殺の報道も聞きました、胸が痛んで堪りません。

熊の胆嚢からとる、そうです、あれは、肝臓のお薬になっています。

人間って本当に、弱くて悲しい、存在だと思いますよね。今ぽつんと一人ぼっちで裸で森の中に迷い込んだら、どんな大男でも生きて行けないくせにね・・・。
Commented by yayoitt at 2006-10-05 05:58
鍵コメ at 2006-10-03 05:36さん

なかなかメール出せずにいますがでも、ちょっとその ガクン の理由を自分で何故だかわかっているというところが、きっと前と違っている、前進してると、感じて、私は嬉しいって思いましたよ♪

あたしは、ガクン の次に身体がガクンで、ちょっと今回、時間がかかりそうです。

必ずメール返事しますので待っててね♪
Commented by yayoitt at 2006-10-05 06:02
もりこちゃん

その通りなんです!!ポンッ(膝を叩く音)

>>。人間がルール違反をして熊たちの居場所を奪ったから、熊の住む場所と人間の住む場所が近くなった。ってことだもんね。
人里に出てきたら殺す、みたくなってるけどそんなんで何の問題も解決しないよね。根本を正さなきゃ・・・だよね。

人間に不都合な者を殺していたら、とんでもないことになるんだよね?自然に無闇に手を出しちゃ、ダメなんだよね!!どうして、わからないんだろうね・・・。

ちゃんと理解してくれる人がこうして沢山いるのに・・・。

怖いけど、悲しいけど、日本から熊はいなくなると思います、絶滅すると・・・そうすると日本人はきっと、熊のいた時代を懐かしくセンチメンタルに思い出すと・・・。
Commented by yayoitt at 2006-10-05 06:05
momoママ

人間と欲、人間とお金 ・・・ これによる命の被害はとても大きいだろうね・・・。色んな命が奪われ、残酷に扱われ、それは食べる為にと言うよりはお金の為、お金という存在の為に、人間も動物たちもクルクル舞わされているんだよね・・・。きっと・・・。

女優の高木美保の話、とっても興味深いです。もしももう少し詳しいこと知っていたら教えて下さい。サイトとかあるのかな??

そう、こういうコツコツと行なう努力、自然に触れない、そっとしておくと言うことの大切さ・・・それが一番、大切なんだね!!
Commented by yayoitt at 2006-10-05 06:12
鍵コメ at 2006-10-03 17:25ちゃん

本当にありがとう!ありがとね。
Commented by yayoitt at 2006-10-05 06:14
michiさん

そうなんです、かわいそうです。全てそれも人間の欲、お金の為・・・なんですよね、誰がこれを止められるのか・・・人間そのものが気が付くしかない・・・。
Commented by yayoitt at 2006-10-05 06:15
メリーさん

こういう話が明らかになる度に、人間であることの醜さ、苦しさ、辛さ、思い知らせれます。でも、それを止めるのも、気が付かせるのも、後始末をするのも、ちゃんと蒔いた種を刈り取るのも、人間の責任・・・。

続けて生きたいですよね・・・。
Commented by yayoitt at 2006-10-05 06:17
あきちゃん

全ては人間の欲のため、娯楽の為、地球のことを考えずに自分のことだけを考えてる人間の仕業なんだよね。

いつになったら、絶えるんだろうね、こういう現実・・・。

人間がいる限り、それはなくならないのかと思うと、人間が存在する意味自体がぼやけてくるよね・・・。
Commented by yayoitt at 2006-10-05 06:22
けいこさん

ロシア・・・私も全くよく知らない国です。日本からはとても近いよね、でも、わからないことが一杯・・・。経済のこともモラルのことも、よくわかっていません。

知床のお話、これこを、こんな素敵なお話こそ私、知らなかったよ。そう、人間が要らない手を出さない、それって大切だよね、っていうか、それは基本、ルールだよね。

同じ地球を分けて使っているんだから分け合って暮らす・・・素敵です。

そう、野生動物は今、人間に押しやられて餌がなくなって、人里に下りるしかない状態にあるものが多いと思う。根元を正すことすら、できない、手遅れの状態・・・だからこそ、より一層、人間が守ってあげなくてはならないだろうに。

人間が熊の領域に進出してるんだって自覚、その通りです、とっても大事なことです。
Commented by yayoitt at 2006-10-05 06:30
fiona

「熊信仰」 のお話、すごく興味深いね。彼らはしっていたのね、自然と共存すると言う意味を・・・。

 “ 必要な分だけを大切に頂いてきた ”

今の世の中、どれくらいの人が、与えられて自分の物とするものの命に、敬意を払い頂戴することだろうか・・・・。物が豊富でありすぎて、何も見えなくなってるブラインド・・・。

未来の事を考える 謙虚な畏敬 ・・・ 確かにあったのだよね、人の心の中に・・・。

もともと、日本人は100%の草食だったはずだよね・・・狩猟は海を渡って大陸から入ってきた。それを、見よう見まねで覚えて、それが行き過ぎた結果が、今の 意固地になっている クジラ猟であったりすると思う。

fiona、いつでも日本は欧米の10年昔を辿っているといわれるけれど、それがこういうことなのかもしれないよね・・・。

彼らは自らのやってきたことが過ちと気が付いて、今、躍起になってそれを守ろうとしている、日本は今、そういう意味で、叩かれている部分がある、でも、きっと近い将来、気が付くことが出来るに違いない、そういう希望のお話でもあるね・・・。

ありがとう!
Commented by yayoitt at 2006-10-05 06:32
fiona

あの、あほでゴメン・・・

蛆虫 って、なんて読むの??あ、うじむし、今、適当に変換してわかった!!

ダメダメ、蛆虫がかわいそう!!
Commented by yayoitt at 2006-10-05 06:35
タカピョン♪

本当に、こういう話を聞く度に、嫌になるでしょう?悲しくなるよね、でもね、こんな話はきっと世界中ゴロゴロしてるんだと思う・・・。

動物の命はいつでも人間の欲と娯楽の為に 犯されている んだと。

地球上で一番 精神的な部分 が発達している人間・・・本当にそう思いたい、その発達した部分を地球の為に使ってもらいたい!!

きっと、人間、それができるはずだから!!人間を、信じたい!!

でも、ここに集まる人々のような人間が確かにいること、それは明るい未来を約束しているよね!!
Commented by yayoitt at 2006-10-05 06:36
鍵コメ at 2006-10-04 22:18ちゃん

色々とどうもありがとう。ご心配をおかけします。今回は自分でも心配してるのでちょっと大事にしなくちゃ、、、って思ってる。

ありがとうね!!

チュッチュ!
<< 病欠・・・のこと 散歩中の出来事 >>