ラビットファー
ラビットファー
c0027188_2256722.jpg

ウサギの、毛皮
c0027188_22581537.jpg

英国だけで何万ものウサギ、そして世界中では何百万ものウサギが、食用の肉の為、そして毛皮を剥がれる為だけに、小さなケージの中に入れられて生きている
c0027188_22544083.jpg

そのサイズをなるべく大きくする為に、エネルギーを極力発散させないように、より狭いケージに窮屈に閉じ込めてあるのだ。

このウサギ達は、2度と、外の空気を吸うことはなく、その足で草地を歩くこともない

それどころか、歩くことも、跳ねることもないまま死を待つだけなのだ。

ある雌ウサギは2~3年ここで飼われて、交配を続けさせられ、既に100匹以上の(毛皮となり肉となる為の)ウサギを産んでいる

ある雌ウサギは、赤ちゃんを産んでまだ14日で、赤ちゃんにお乳を与える時期なのに再交配させられる。

食用の肉となるウサギ は生後たった8~10週間のもので、その毛皮は、価値の低い毛皮として使う為に剥がされる。

毛皮専門に交配されたウサギは、6~7ヶ月で、殺される。

しかし、6~7ヶ月まで生きられるウサギの生存率は、たったの 10% である。

毛皮となる為にこの世に生を与えられたウサギの90パーセントは、自然の空気や風、草地を歩くことも飛ぶことさえ知らずに、死んでいる。

ウサギ達は、飼育された場所から、業者の下に長距離を運ばれて行き、そこで 屠殺(とさつ)される。

通常、首の骨を折るか、喉を切って殺す
c0027188_22552010.jpg
c0027188_22553336.jpg

こうして飼われているウサギ達の多くには、精神、身体異常、病気が見られる。

後ろ足の痛み這って歩く、また、共食いである。

この飼育場を訪れた人が気が付くことがある。

 “ どのケージのウサギも、耳がないんだよ ”

 “ 母親が、生まれた赤ちゃんの耳を全部食べてしまうんだよ。” 飼育場の人が教えてくれた。

共食いは、ストレスと退屈と窮屈による精神症状の現われであり、また、もう1つの理由は、不自然で無理な配合を続ける為に母乳が出ない母ウサギが、この子ウサギは生きられないと認知しての自然反応なのだと思われる。

ウサギのファー(毛皮)は、食用のウサギから剥がされるという反論は、嘘である ・・・。

食用として殺された生後8~10週のウサギの毛皮は、あくまでも、安い毛皮として、買われる。

そうではない価値の高い毛皮になるウサギは、その為に特別交配されたものなのである。

また、ある飼育場は、アニマルテスト にする為のウサギを、育てている。

記事は英文を私なりに訳させて頂きました。
by yayoitt | 2006-04-16 22:06 | 愛する動物のこと | Comments(26)
Commented by akibrandy at 2006-04-17 00:14
やな飼育場だねーーー!うげげげげーーー!ウサギに限らず、そういう風な飼育場、多いんだろうね。不自然だよね。はぁぁぁぁ。

耳を食べちゃうの、わかるよ。不自然でストレスフルだもんなー。せめて、もっといい環境で飼育してくれよ。いや、毛皮も嫌だけど...せめて、せめてさ...がるるるる
Commented by Gon at 2006-04-17 01:04 x
やっぱりそうだったのか・・・。
小学校の給食の時、ソーセージの原料に"うさぎ"って書いてあって
それ以来、学校のソーセージが食べられなかった。
だって、飼育小屋にいたもの。かわいいうさぎが。
それなら牛や豚はどうなの?って話なんだけど、とにかくその時は
"うさぎ"って事に、ひどく動揺したのを覚えています。

こんな風に無理矢理育てられ、ストレスで共食いし、あげくに
毛皮をはがれて、あんな姿になってしまうなんて・・・。
そんなために生まれてくる命って何?
Commented by kusabowbow at 2006-04-17 05:37
えぐいな〜 まだまだ Reality...
Commented by requiem---k at 2006-04-17 09:32
最近なら、ほんとに安くリアルファーが売ってる。
日本でもラビットと表示してあっても、犬の毛皮だったり、猫のだったりもする。
本当に必要ならば、高くても需要はあるはず。

これはきっと、知れば変わる。
知れば、必ず需要は減るよね?
やっこさん、いつも伝えてくれてありがとう。
辛いね。写真を載せる為に、私のマイドキュには惨い写真が溢れてる。
やっこさんもそうでしょ?

Commented at 2006-04-17 10:19
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 天水ゆき at 2006-04-17 15:37 x
写真↑を見るのは辛い。でもこれが現実なんだね!!
私はやっこさんと知り合ってから皮革製品を買うのはやめようと決めたし、犬を飼おうとしてる姉にも「ペットショップに行くのはやめなよ!いくら丁寧で親切な店主でも命を売り物にしてるんだよ」ってきっぱりと言いました。今までだったらきっと「わ~可愛かったろ~」で終わっていたと思います。
(トイ・プー?だったかな?)大きくなりすぎてしまって買い手がつかないから処分価格から更に値引きします、とか言われたそうです。処分!?処分って何なの!?って、姉は別に悪くないのですがエキサイトしてしまった。姉自身も「生き物に処分価格はないよね」って言ってたのですが、文字通り処分されてしまうって現実には、「うそ~まっさかあ~」と俄には信じられないようでした。
未来は劇的には良くはならないかもしれない。でもやっこさんの地道な努力はこうして、全くペットとかに興味のなかった私の意識を変えてくれたよ!草の根でもやっこさんのやっていることは決して無駄じゃない。もしも
メゲそうになったときは、このことを思い出してね!
Commented by 天水ゆき at 2006-04-17 16:56 x
ごめんなさい!長くなったけど…。
すてきな本を見つけたのでご紹介します。
「犬たちのネバーエンディング・ストーリー ペットと人との不思議な感動物語」
http://members.aol.com/yasuoharada/indexh.htm

人間に過去世があるように動物にも過去世がある…。まるで人の一生を見るように、ペットたちの過去世からのドラマを、獣医師でありアニマル・ヒーラーでもある先生がリーディングで解き明かしていきます。
なぜこの時代に生まれてきたの?なぜこの飼い主さんに出会ったの?
彼らの物語は人間の物語と全く同じです。
タイトル通りの「不思議な」出会い。でもそれは偶然ではなく必然なのだということがよく分かります。
ほのぼのと優しい文章で、わんちゃんに限らず人間の「生まれ変わることの意味」についても書かれているので、私のようにペットと暮らしていない方でも自己啓発本として充分楽しめますョ。
子供が来月11歳になるので、お誕生日プレゼントにしようかな…と思ってます。
(余談ですが。アニマル・ヒーラーって方がいらっしゃるのですね!著者はずっと気功をされていた方で、奥様もヒーラーなのだとか…)

Commented by aya at 2006-04-17 18:43 x
これだけ技術が進んで、
見分けがつかないくらい、
フェイクレザーもフェイクファーも上等になってきてるのに、
本物を求める人と作る人がいるって、
とてもおかしい。

私はアレルギーがあるせいもあって、
本物なんて必要ないって思うけど、
そうじゃない人はどうなんだろう。
手触りが違う、とか思うのかな。

毛皮、皮製品・・・
ここで読んだこと、
街を歩いて目にする度に心に過ぎります。
今年はラビットファーが流行でした・・・。
で、流行が過ぎたらタンスに眠るんだろうな・・・。

うーん・・・
Commented by chirorin_wan at 2006-04-18 01:57
人間が生きていく為に、色々な命を頂いている・・
他の動物のように、生きる為に必要な命を頂く、そして感謝していただく自分になりたいな。
この地球上で、必要以上の命を奪っているのは人間だけだよね。

ミンクのコートとか欲しいとは思わなかったけど、革ジャン欲しいと思ったよ。
ダウンジャケットも羽毛の布団もありがたく使わせて貰ってるけど、どうやって作ってるのかな??ッて時々思っていました。
アザラシの赤ちゃんに対する本当にひどい写真を見て、水鳥もひょっとして・・と思ってしまいました。
だから今使っているものを、本当にもし命を頂いているなら、次々に新しい物を買うのではなくて、リフォーム出来るようにして欲しいなぁ~と思う。

ウサギが共食いなんて信じられない!!
こんな風に人間が自然を変えて行ってしまっているんだな、と思うと怒りを感じます。
Commented by yayoitt at 2006-04-18 02:57
あきちゃん

英国ではこういう、飼育場の取締りが難しくって、ちゃんとライセンスがいるわけでもないらしく、なかなか動物愛護団体とかが取り締まれないらしいの。

しかも、法律で、こういう飼育場は違反ではない為に、事実は明らかでも取り締まれないんだって・・・

はっきり意味がわかんないんだけどね・・・

大事なのは、消費者が、減ることだよね・・・あきちゃん、世の中、辛いことが一杯だよね・・・眉間がふか~~く彫れてるよ、もう。
Commented by yayoitt at 2006-04-18 03:04
ゴンちゃん

ソーセージの中にもウサギの肉って使われるんだね...一番良く使われるのは何と、ペットの餌なの、猫や犬の餌に、ウサギの肉が使われるんだ。

確かに、食べる分にはいいと思うんだ、本当に...ウサギであれ、牛であれ、ブタであれ・・・食べる側が、ちゃんとその肉がどうやって来たかを知っててくれれば・・・(これが私の願いです)。感謝できるだけで全然、違うだろうと思うの。

うちのノーマンの餌は、ラム(子羊)とライス ・・・ 私も矛盾だらけ ・・・

でも、大きなビジネスになると、こうやって、一生を殺される為だけに、ひどい環境で暮らす動物が多くなるんだよね・・・それは許せない。それは何とかしたいって願います。

そんな為に生まされる命は・・・本当に、何??

ゴンちゃん、感じてくれてありがと!
Commented by yayoitt at 2006-04-18 03:05
草ぼうぼうさん

えぐいですよね、本当に、えぐい。

やり方が、えぐいし、欲だらけ・・・

命を何だと思ってるの??って聞きたいです。きっと、お金、それが、答え。
Commented by yayoitt at 2006-04-18 03:09
カッタン

うん、カッタン、これはきっと、絶対に、人々が、知れば変わる、知ってくれれば、変わる!!

需要は・・・知って考えてくれれば絶対に減る!!

保健所のこともそう、絶対に、変えられる!!

カッタン、あたしはいつもカッタンに教えられてるんだよ。ありがとう。

私のマイフォト、一時的に残酷な事実が溢れかえるけど、耐えられないからすぐに消去します。一度載せたら、そして一度、脳裏に焼きついたら、消去します。カッタンも、そうした方が自分の為に良いかも・・・
Commented by yayoitt at 2006-04-18 03:11
鍵コメさん

やっぱり駄目だったね...ブログに送りました。

事情は何であれ、愛している者を、どうしてそうして放っておけるのか?不思議になるよね・・・ その言葉の裏に潜む真実って一体・・・なんなんだろうか??
Commented at 2006-04-18 03:15 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by yayoitt at 2006-04-18 03:20
ゆきさん

写真・・・そうなんです、これが、現実・・・しかも、こういう姿になるのは、人間の首の周りや、かわいい~~と言われるラビットファーになる為・・・

ゆきさん、私、本当に嬉しいです。決して、誰かの生き方を、こうして、とか、こうするな、とかは言わない、と決めている中でこうしてここに来る方々の多くが、革製品のことやファーのことを知ってくれて、買わないようにと、努力する生き方を選んでくれることは、こうしてブログを続けている喜びです!!!

本当にありがとう。

ペットショップのことも、そこまで感じてくれて本当に嬉しいです。その雪さんの言葉からお姉さまも、色々感じてくれる・・・そういう人に伝えることこそが、動物にとって優しい地球を目指す、一番の確実な近道だと思うのです。


Commented by yayoitt at 2006-04-18 03:20
処分価格

それを見て、ゆきさんとお姉さんのように、え??と疑問を持つ人はどれくらいいたでしょう??そんなには多くないのが、現実だと思います。

そんな現実 ・・・ おかしい!! と感じ、考え、口に出すのが、重要だと思うのです。

ゆきさん、本当にありがとう、励まされます。ずっと、続けます。こんなことしか彼らの為に私がやれることがないから・・・毎日、めげそうだったり、大丈夫と思ったり、泣いたり、怒ったりの繰り返し人生なのですが、その言葉、思い出す!!ありがとう!!
Commented by yayoitt at 2006-04-18 03:21
ゆきさん!!

↑のメッセージもゆきさん宛です。もうすぐね、桜が咲くから!!送ります、そして遅くなってるけどお答えも!!
Commented by yayoitt at 2006-04-18 03:22
鍵コメちゃん

いるいる、ここここ!!

メールに、送ります!!今晩は、おやすみ。
Commented by yayoitt at 2006-04-18 04:05
ゆきさん

レビューにこうありました。

過去世を知ることで、動物たちも幸せになっていくという ・・・ とっても興味深いです。日本に帰ったら、買います!!メモらなきゃ!!

小原田泰久さんの イルカの学校... ちょっと、フリーウイリーに似てますね... まだしっかり色々読んでいないのですが・・・

彼が、アニマル・ヒーラーなのですか?あ、奥様が?気功を動物にも・・・というのは知っていますが、実際には廻りにそういう方はいないので興味深いです。

ゆきさん、うちのノーマンと私達の出会いも、きっと必然的なものだったんでしょうか?ノーマンの過去から、何か繋がってたんだろうか??
Commented by yayoitt at 2006-04-18 04:06
ゆきさん

小原田泰久さんの言葉で、“ 闇から光を見る見方。その意識を持ちながら、良いことも、悪いことも、自分に起きることを全て受け止め、楽しみながら生きていきたいです ”

これに考えさせられました。

なんて、自然なんだろう・・・って。

ありがとう、ゆきさん。
Commented by yayoitt at 2006-04-18 04:13
あやちゃん

本当にそうだよね・・・フェイクファーは有難いと思うけど、それはそれで、環境を汚す・・・と水掛け論的なことを反論する人もいるわけで・・・

世の中・・・何かが絶対にかなり、おかしい。

ファッション雑誌なんか見ると、沢山、かわいい!とか おしゃれ!という言葉だけで、モデルさんがラビットファーを身に付けてるよね・・・ ちゃんと記載して欲しい、ラビットファー=自由に走り回って自然死したらビットから剥いだわけではなくて、剥がれる為に交配されて日の目も見ずに生きたウサギから剥がしました って。

本物 = なんだろう?満足感?その満足感って?命の犠牲の上に成り立つ満足感って??

結局、知らないからだよね・・・

今年はラビットファーが流行 ・・・ だったんだね ・・・。

ワクワクしながら流行りだからと購入した方の中で、どうか1人でも、こういう真実を知る機会が、ありますように。

伝えていくしか、ないですね。
Commented by yayoitt at 2006-04-18 04:21
タカピョン、

まず、知ることで、それを感謝できる、それはとっても大切だと思います。本当に、心から、いただきます、ありがとう、この毛皮あったかい!と感謝できるように、私もなりたい!そして、皆がそう思えたら・・・

この地球上で、必要以上の命を奪っている ・・・ 確かにそうです、それも、いらない欲 の為に。

革ジャン、あたしも昔買ったのあるよ、数年前までは私、その辺歩いてる人々と同じくらい何も知らなかったから。

今あるものを、大切に使う・・・すっごく大切なことだと思います。感謝して、大切に、そして重宝して、使って行きたいですよね。

世の中、学ぶこと、一杯一杯、ありますね・・・ 溜息。ありがとう。
Commented by 天水ゆき at 2006-04-18 14:24 x
やっこさん。アニマル・ヒーラーは著者の小原田さんではなく、獣医師の高江洲先生という方です(紛らわしい書き方してごめんなさい)。
高江洲先生のHP
http://www9.plala.or.jp/k-juromu/

ノーマンちゃんはきっと、やっこ&マイケル夫妻の娘になるために生まれてきたんだと思いますよ!ノーマンちゃんがやっこさんに出会えるまでには「くるみちゃん」で過ごした時期がきっと必要だったのだと思う。

美輪明宏さんだったかな?日本語の「いただきます」という言葉について…文字通り私たちは食事のとき日々、命をいただいている。野菜にしろお肉にしろその生命を「いただいて」いるのだから、感謝していただきましょう…というようなことを言われていました。
私も革のバッグを持っているし、羽毛布団で寝ています。
大事に使って、感謝感謝…。

Commented by yayoitt at 2006-04-19 06:15
ゆきさん

本当にありがとうございます。高江洲先生という方のHP伺ってみますね、ドキドキ。

ノーマンはそっか、彼女の辛い過去も、それも、今の私たちに出会う道程に繋がってるんですよね・・・あの過去が無かったら、今の出会いもなかった・・・そう考えれば、ちょっとだけ、救われたような気持になります。

いただきます

すっごく素敵な言葉です。

全ての物に感謝する。。。これって昔から日本がずっと普通にしてきたことですよね?うんうん、ゆきさんのように、消費者として、色んな事実を知ってくれて、そして、感謝して大事に使ってくれている人、とっても嬉しく思います。生かされていることに、感謝ですね!!
Commented by akibrandy at 2006-04-22 13:11
やぁちゃん、カッタンさんの記事とともに、やぁちゃんの言葉をそのまま転用させてもらいました。いつもありがとう
<< あなたはいつも、側にいる 愛する日本の調味料 >>