ある熊たちの一生 その3 日本の熊牧場
人間の薬とする為に、胆汁を採る目的だけに、一生を檻の中で痛みに耐えながら過す熊たち

エンターテイメントとして、唇や鼻や顎に穴を開けられ糸を通されて、痛みの為に操り人形のように踊らされる熊たち

世界中で非情な扱いを人間から受けている熊たちを助けようと、長年の努力をしているWSPA

彼らが助けたいと訴える熊の中に、実は、日本の熊牧場がある。

                  日本の熊牧場の熊たち...

コンクリートの狭い限られた空間の中で、見物人に食べ物を乞うように教えられ彼たちの一生

幾つかの牧場では、狭い空間に沢山の熊が入れられており、充分な運動や精神的欲求が果たされることがないのが理由で、

怠惰な精神状態と、狂気的な精神状態、そして暴力的な精神的状態を導き、気分の抑揚が以上に激しい熊たちがいる。
c0027188_404576.jpg

監視されること無く、見物客からの餌付けが許されることにより、熊にとってはとてもバランスの悪い栄養状態となっている。

そして、その食べ物を巡って、熊たちが争い、怪我をする者がいても、治療や処置もなされない為に、炎症を起こして死に至ったりする

熊たちの自然な姿からはありえないような技(自転車に乗ったり、玉に乗ったり...)は、精神的、身体的に大きくダメージを与える


... 熊たちの一生は、熊が熊として生きるための一生であり、狭い檻や冷たいコンクリートの上で小熊を育てたり、ただただ動くことなく、餌だけを食べる一生では、ないはずである。

そんな一生って... 余りにも、悲しい。
c0027188_401326.gif


この熊牧場のことについては、日本語のサイトが出来ている。

野生の熊は、どういう生き方をするのか、それに比べて、この熊牧場の熊たちの一生とは...

彼らは、人間から、かわいいと思われる為に、生まれ生きているのではないことを...
c0027188_3595326.jpg

by yayoitt | 2006-04-11 03:20 | 愛する動物のこと | Comments(25)
Commented by kusabowbow at 2006-04-12 07:26
にんげんとしても 飼いならされないよう きをつけよう!
Commented by akibrandy at 2006-04-12 09:45
こういうの、見に行って、楽しいのかな~?よくわからないわ、私。でも、熊牧場を維持してるという事は、来園者がそれなりにいるんだろうね。でも、見に行った人は、どういう風に感じるんだろう?「可哀想に」と思う人は、きっと、二度と行かないよね?なんで、潰れないんだろう...
こういう施設、無くなればいいのにね...
Commented by aron0908 at 2006-04-12 11:26
トモです!この口輪と鎖・・・なんて悲しい絵でしょう・・・・
でも、正直子どもを連れて動物園はよく行っていました。
私自身、子どもの頃も動物園が大好きでした。
おかしいことだとも全く気づきませんでした・・・
かわいそうにも思いませんでした・・・
恐らく、〝当たり前〟〝普通のこと〟と思っていたのでしょう・・・
自分の子どもが喜ぶから・・・全く自分サイドの目線でしか
物事を見れていなかったんですね・・・
自分の行動がどれだけの生き物の人生を奪ってるか、
そしてどんな価値観の人間を作り出すか・・・安易です・・・
金儲けのために動物園もあるのでしょう・・・
だけとはいえないでしょうけど。
私は金儲けが悪いことだとは思いません。まわりを踏み台にしたり
犠牲にして金儲けをするべきではないと思います。
(何でもそうですけど)
儲けたお金もどんな人がどう使うか?だと思います。
火や包丁だって悪いものにも良いものにもなります。
要は使う側の問題です。どうか、相手の立場になれる人が増えるように。
私も一人でも気づいてもらえるようにまた、
ブログで紹介させてもらいます!いつもありがとう!
Commented by momoママ at 2006-04-12 12:20 x
う~ん。肯定も否定もできない問題ですね。今はストーカーや、虐待、多重人格者 幼児殺傷 引きこもり、人間社会でもいろいろな問題があります。この熊さんたちの問題として考えるなら、完全否定ですが、その裏には、動物園や実験室で働き、それで生計が成り立っている人々も沢山います。それらの人が職を失う問題はどうなるのでしょう。社会に新たな問題が増えるだけではないでしょうか?知人に医学博士の友達がいます。動物実験にねずみや、犬(色々な犬種)が使われたりします。それらで医学の進歩につながる場合もあります。本当に難しい問題だと思います。まあ、私は動物は大好きですが・・・世の中、矛盾だらけの中で私たちは生かされているということだけは、間違いありませんね*^^*
Commented by 久保てっこ at 2006-04-12 16:00 x
若い頃、私は結婚したばかりの夫と北海道に旅行にいき”熊牧場”も訪れました。
二人とも言葉を失ってしまってホテルに向かう車の中では無言だった事を思い出します。
ナニが?というワケではないのだけれど、
可愛い仕草で片手をあげて『餌ちょうだいっ!!』ってやっている熊がなんとも言えず悲しかったからだと思います。
Commented by fiona at 2006-04-12 17:42 x
子どもの頃、北海道旅行の観光ルートに、熊牧場が入っていました。
猿山の、熊バージョン。
数十頭の熊が、客の投げる餌を取り合い、糞尿にまみれ、怠惰に寝転がり、それは悲惨な光景でした。吐き気がした。

自分の使う旅行社が、熊牧場をルートに組み入れたツアーを扱っているかどうか、聞いてみる。
それだけでも、声を上げることになると思います。

動物園は、金儲けというよりも、研究目的ですよね・・・・小規模のモノの中には、見せ物小屋として経営しているものもありますが。
人間には、知的好奇心がある。だから、見たこともないもの(生き物)を見たい知りたい、という、強い希望がある。
ただそこで、単なる好奇心ではなく、そこで知り得たことを共生や保護に生かしていかなければ。そして、可能な限り苦痛を与えない環境に置くことが、最低限の命へのリスペクトだと思います。

マッカートニー夫妻みたいなお金持ちが、新たな雇用を作ってくれればいいのに・・・・・。
Commented by requiem---k at 2006-04-12 23:34
私も、小学生の頃、北海道では有名な熊牧場に連れて行ってもらいました。まるいお団子みたいな餌を買って、鉄砲みたいなので、エイって飛ばすんですよ。で、熊がみんな手を上手に使ってちょうだいをしていた。
たぶん、北海道に住んでいたら行ったことがない人の方が少ないと思います。
小さいながらに、ただ楽しいという気持ちには、ならなかったような気がします。動物園も最近だったら、考える事も多いけれど、今までは、何も感じずに見ていたなぁ。。飼育員さんと愛情で繋がっている子もいるけど、そうじゃない子もいる。象が同じ動きを永延にしている姿は、見てられないものがあります。

でも、動物園で可愛い可愛い言われてた動物が、冬には実験動物なんて、誰も想像しないよね?やっこさん。。
熊もそうだし、イルカもそうだけど、もうそろそろ、もうちょっと、日本は
変わって欲しいね。
Commented by Coo&わんさ at 2006-04-13 01:37 x
北海道の場合、人里に現れたヒグマの保護処置としてクマ牧場に送るというのがあるみたいですね。でも各地のクマ牧場も飽和状態。
人間が欲を出さなければ、生態系を崩さなければ、元々自然界で生きる動物と共存出来ないわけないのに…

様々な原因が元で、弱って岸に打ち上げられたアザラシなどを一生懸命保護して自然に帰していた広尾水族館が去年閉鎖されたのはとても残念に思います。保護活動メインでは経済的に経営困難に追い込まれるのかもしれませんね。
日本はお金の使いどころ、見当違いな気がしますよね。
Commented by DANEL at 2006-04-13 02:10 x
やぁさんの最後のコトバが胸に響きました!
「彼らは、人間から、かわいいと思われる為に、生まれ生きているのではないことを...」

都会で生活している子供達は動物を見る機会がほとんど無いと思うので、動物園というのは必ずしも不必要では無いと思うのですが、その経営の仕方や飼育環境にすごく問題がありますよね。。。
Commented by yayoitt at 2006-04-13 04:16
草ぼうぼうさん

人間とて、決して誰かにその人生を縛られたりするものでは、ありませんもんね...
Commented by yayoitt at 2006-04-13 04:18
アキちゃん

そうなんだよね...実は飛騨の奥におっきいのがあるんだよね...いつも閑古鳥状態なのに、どうして維持されてるんだろう??って思うけど、そうなればそうなったらで、そこで飼育された熊って、どうなるんだろう??と思ってしまう。

やっぱり、初めから、こんな商売をしてはいけなかったんだと、もう、過去は振り返られないけど、思います...
Commented by yayoitt at 2006-04-13 04:28
トモさん

真剣に真剣に受け止めて考えてくれて、ありがとう。

私もね、数年前まで、ノーマンと出会うまで、こんなこと考えも感じも出来なかったんですよ!!

動物園は、ある意味、その動物園によっては、飼育方法もちゃんとされてるところはあると思うので、前部否定はしません。賛成ではないけど。

ただ、熊牧場に関しては、かなりひどい状態だと、考えさせられました。

自分の行動がどれだけの生き物の人生を奪ってるか ... これは本当に考えれば考えるほど、怖いですよね・・・痛いですよね、心が。

だから、知ることって本当に大切なんですよね、知らなかったら、考えられない...

うん、金儲けはして当たり前、しないと生きていけない社会だから。

でも、トモさんの言うとおり!!

まわりの、人であろうが動物であろうが自然であろうが、何かを踏み台にしたり犠牲にして金儲けをするべきではない!!!!

心強い、コメントを、どうもありがとう!!!ブログでの紹介、お願いいたします。
Commented by yayoitt at 2006-04-13 04:35
momoママ

そうです、とっても繊細で難しい、はい、これ駄目!はい、これオッケーとは、決して決められない問題ですよね...

動物実験の問題...これは非常に難しい。動物実験に反対していても、自分がじゃぁ病気になった時に、全て薬を拒否できるのか??

できやしません。

自分が大事ですもん... 弱い弱い、人間ってそんあに弱い。

矛盾だらけ...

だったら、せめて、真実を見て聞いて知って、そして、自分の考えを持ちたい、そしてそれを使用、利用するなら、それが誰の犠牲の下に成り立っているかを知った上で、感謝して使いたい、利用したい...

そんなことしか、実は出来ないのかもしれません。

こういう問題って、数年とかでは絶対に解決しないけど、でも、地道にまずは知ることから始めて、多くの人々が真実を知って、そうしていくうちにきっと、時間はかかるけど、良い方向に、解決するのではないか?と、信じています。

貴重なご意見、本当にありがとう!!!
Commented by yayoitt at 2006-04-13 04:38
てっこさん

深く、感じられたんですね、その熊たちの叫び、苦痛を...

出来ること、人々に知らせること、そして、この熊たち少しでもましな環境を与えられるように、できることは、きっとありますよね...

伝えていきましょう・・・ ありがとう。
Commented by yayoitt at 2006-04-13 04:44
fiona

そうだね、そういう、一見小さく見えるそういう行動が実は、大きく未来を変えることになるんだと思います。うんうん

動物園もきっと様々だと思います、全面否定も出来ないけど、決して賛成はしていません。

人間が、近くで動物を知るというとても貴重な場だと思うから... の反面、自然には、これ以上は触れてはいけないというルールがあるとも思うので、やはり、手を付けてはならないと... も、思うし...

とても繊細な問題です。

マッカートニー夫妻...とは行かないけれど、せめて、fiona、やっこ、そしてここに立ち寄ってくれる友人が、訴えていけたら...
Commented by yayoitt at 2006-04-13 04:50
カッタン

私もね、数年前まで、ノーマンに出会う前までは、余り何も思いもしなかった・・・動物は可愛くってそれでいい、と思ってたかも...

そのゾウ...精神的なストレスなんだろうね...

私も子供の時に熊牧場に行って、小さな真っ暗な檻の中で頭をずっと振ってる小熊がいて、ジ~ッと見てたら、降り続けた後にがあああ!って柵に体当たりしてきた子がいたの、その時はびっくりして、笑い話になったけど、今考えると、どんなに苦しい一生なんだろうって...

カッタン・・・ 動物園で可愛い可愛い言われてた動物が冬には実験動物

その話、もしもよかったら、教えてくれる?怖いけど、知らないことだ...

カッタン、辛いね、何もかもね、辛いなぁ。
Commented by yayoitt at 2006-04-13 04:57
Coo&わんさ

そう!!

まさに、そう!!

人間が生態系を崩さなければ、元々自然界で生きる動物と共存出来ないわけない

根本的に、最初の時点のミスなんだよね??

例えば、この国では鹿が大繁殖しているから、ハンターがある程度撃って数を保持しなければならない、ってことなんだ。

その理由は、元々いたオオカミを、人間が殺して絶滅させたからなんです。

あと、スコットランドの赤リスが今、アメリカから入ってきた灰色リス(大きくて強い)の繁殖率の強さの為に、絶滅の危機を迎えている。

これも、アメリカの動物を、人間がこの土地に持ち運んだからなんですよね。

自然には、決して触れてはいけない 守られなければならない スペースがあるのに...

広尾水族館の話...寂しいです。

はい、日本のお金の使いどころ・・・考えます・・・余りチャリティーが大きく活動できないという理由は、そんなところにありそうですね...

はぁ~~~・・・辛いですね・・・
Commented by yayoitt at 2006-04-13 05:03
DANELさん

うん、本当に、かわいいと思われることって、彼らにとって何の意味もない、彼らは自然に生きたいだけ、ですよね・・・

ここでは あくまでも、熊牧場のことなので、実は私も動物園のことは知らないんです。きっと、色んな動物園があると思います。

動物園に関しては、個人的には、全く否定も出来ないけど、賛成はしてません・・・

できれば、自然は自然のまま、放っておくものであって、人間が手を下してはいけないと、思っているので・・・

でも、ここまで人間社会が自然を破壊して成り立っている今の世の中では、なかなか難しいことだと思います、悲しいけど・・・

子供たちが、動物園に行って、正しいメッセージを受け取ってくれれば、嬉しいですね・・・
Commented at 2006-04-13 08:46
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2006-04-13 08:49
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by chirorin_wan at 2006-04-14 00:09
人間は本当に色々な事を考え付くものですね。
しかも人間の側の事しか考えてない・・
動物園によってはなるべく自然に近い環境で・・って考えている所もあるそうですが、無理だぁ~!!と思う。
でも、まだ、そうやって考えている所はまだマシですね。
私の住む県内にモンキーパークがありますが、狭い折に閉じ込められたゴリラはノイローゼになって、ぐるぐる回ったり見物している客に唾を飛ばしたり、頭を抱えていたり・・
もういい加減に自然は自然のままに。。って思います。
やはり子ども達をつれて動物園に行く(保育園でも遠足に行きます)私はけして偉そうな事は言えないけど、熊も確かにノイローゼの症状を感じられて、悲しかった・・
まだ、家の街の動物園は獣医さんの目があるので、救われているかもしれないけど、熊牧場って、そんなに酷いの?そんなに酷いんだね・・
やっぱり、自分の出来る範囲で、未来を背負う子供達に伝えたい・・
Commented by yayoitt at 2006-04-14 07:20
鍵コメさん

隠す社会に、モラルは、育たないよね...悲しいです。

早速、伺ってみます。

ありがとう・・・悲しいね、でも、本当にね。
Commented by yayoitt at 2006-04-14 07:24
chirorin_wanさん

感じてくれてとっても嬉しいです、ありがとう!!

そう、元々、人間が触ってはいけなかったんですよね、踏み入ってはいけなかったんですよね・・・

きっと今に取り返しの付かない、刈り取らなきゃいけない大変なことが起こる気がします、人間に・・・ とっても、悲しいですよね。

>>やっぱり、自分の出来る範囲で、未来を背負う子供達に伝えたい・・

どうか、お願いします。

綺麗な部分しか見せない、見えない社会なんて嘘っぱちだから。

本当の真実な部分を、子供だから見せなきゃいけないと、思う、彼らが未来を変えて行くのだから!!

まともなモラルを育て上げる為にも・・・

本当に、ありがとう、できることから、やってみましょう。
Commented by Gon at 2006-04-15 12:34 x
実は、生まれてこの方、動物園という所に行ったことがありません。
幼稚園の遠足を熱で欠席して以来、ずっと縁もなかったし
物心がつくと、放し飼いの所(白浜のサファリ)は何度か行ったことは
ありますが、どうしても檻の中の動物を見に行く気がしなくて。
今思えば、放し飼いだからいいという訳でもないですね・・・。

一番下の写真の熊たちの、狭い部屋、やせ細った体、何かを探す
ような仕草・・・人間は、動物の生を間違った方に利用してる。
Commented by yayoitt at 2006-04-15 17:56
ゴンちゃん

うん、その通りです。人間は、動物の生を間違った方に利用してる・・・本当にそうだと思う。

これは共存じゃない。

完全支配、だもんね... 人間って、何様?と自分自身も含めて、問いただしたくなるよ。

動物園など、行くときっと悲しくなるから、行かないで済めばこのまま行かないに越したことはないかも・・・と思います。

そういう所ばかりじゃないと思うんだけどね。
<< ちょっとドキドキした ビーグルの赤ちゃん >>