ある熊たちの一生 その1
漢方薬、熊の胆(クマノイ)という名を聞いたことがありませんか?

胆汁の流れを良くするとしてウルソデオキシコール酸が様々な薬に使われています。

この漢方薬の為に使用される熊に現実とは...


                中国の場合

いわゆる胆汁を採集される為に狭い檻の中で一生を過す熊達。

その腹部は切開されて穴が開き、そこから胆嚢に届くカテーテルが挿入されています。

身動きの殆どとれない熊の腹部からは、数センチのカテーテルが突き出しています。

その先に取り付けられるプラスチックのバッグは、熊の腹部の周囲に永久的に取り付けられた金属のハーネスに繋がれています。
c0027188_5403348.jpg

そのバッグに、少しづつ少しづつ、人間の薬となるべく胆汁が溜まるのです。

傷口は開放してありますが、すぐに塞がってしまうので、一日に1~2回は傷口を開きます

この方法は余りにも非人間的で残虐と言うことで、新しい方法へと変える方向へと向けられましたが、今も尚、殆どの熊牧場では、この方法が取られています。

その状態の熊の数、2004年の時点で、確認されたのは8つの牧場、熊の数は 4793 頭でした。 
c0027188_5463585.jpg


                韓国の場合


韓国では、生きた熊からの胆汁採取は違法とされています。

その為、商業者は熊を繁殖させて、客の目の前で屠殺(とさつ)して、胆汁の真実性を示します

近年まで韓国では、牧場主が殺してもよい熊の年齢は24歳だったのですが、牧場の熊はそこまで長生きするものは稀な為、2004年に、政府はその熊の年齢を、10歳に引き下げました。

それだけ胆汁商売を広げることが出来る為です。
c0027188_5465690.jpg


                ベトナムの場合


もっとも一般的な方法は、超音波で胆嚢が何処にあるかを見極め、長い注射器を腹部から刺し入れて、胆嚢を破裂させます

流れ出た胆汁は注射器からサイフォンの原理で外に集められます。

これを何回も繰り返すのですが、その間に、殆どが腹膜炎を起こして死亡してしまいます。


... この熊たちは、身体、精神的にひどく苦痛を受けます。

この胆汁業に使われる全ての熊が、精神、身体トラウマ症状を示します。

痙攣を起こすもの、歯軋りをするもの、檻を必死に噛むもの、そして手術や胆汁採取の間は苦しみの為にひどく辛がり、大声で叫びます。

また、ある熊たちは、その手術や胆汁採集の後、丸くなってうずくまり、震え、穴の開いたおなかに手を当てていると報告されています
c0027188_5472985.jpg

IFAW や WSPA で訴えています。

IFAW このページは日本語で読めます。また、日本語ガイダンスの署名も行なえます。上の記事は、あいにく英文しかないのですが、WSPAからの抜粋を私なりに訳したものです。
by yayoitt | 2006-03-22 03:52 | 愛する動物のこと | Comments(33)
Commented by kusabowbow at 2006-03-23 06:40
More money more doubt!

No fear No doubt!!!

じゃあ!
Commented by Rie at 2006-03-23 08:20 x
人間のエゴで罪のない多くの動物が犠牲になってる事実、一人一人に知ってもらいたいですね。そして、知って、ヒドいと思った方は、動物の犠牲のもとに生産された製品を、どうしても必要不可欠というのでなければ、今後購入しないように、いつも心に留めておいて頂きたいですね。それだけでも、きっと大きな違いが出てくるはず。需要が減れば、自然と供給も減るのだから。
動物を犠牲にした製品そのものや、そのような原料を含む製品が身の回りに溢れかえっています。そして、調べ上げてみないことには気付かないことの方が多いということ、悲しくて仕方がありません・・・。
Commented by akibrandy at 2006-03-23 12:32
本当、ひどいよね。クマ牧場(行った事ないけど)動物園とかでも、やだな...と思うのに、薬のためにそんな苦痛を与え続けるなんてね。しかも、代替品がいくらでもあるのに...胃腸薬ってか?
なんだろう、きっと効き目云々よりも、希少性を売りにしている印象があるよ。

ところで、アンケートで、〇〇%以上の国民がこれを残虐だと感じるとか、この製品を使う事に抵抗があると言っているけど、本当なのかな?一部の都市だけでアンケートしたような印象があるんだけれど...「中国は」と訳してあるのが問題なのかな。

署名できるのね。してみました。
Commented by ジョイママ at 2006-03-23 13:11 x
もう、人間ってこういうのばっかりでうんざり。あ~ため息しか出ないよ。
実際ね、ジョイ子と暮らし始めてから、動物にもこんなにも豊かな感情があるって知ったんだ。喜怒哀楽ちゃんとあるよね。痛みも恐怖も感じる。
じだんだ踏んでくやしがったりもする。ズルもする。
人間と一緒だよね。言葉をしゃべれないだけでさ。

>熊が穴を押さえてうずくまる

なんて哀しいのだろう。
あざらしだって、ペンギン、猛獣、鳥だって子を守るために命をかける。

笑いながらの中国の生皮剥ぎ、ベビイあざらし撲殺等々。
一部の人間って生き物の中で最も残酷、残忍なんだね。

署名とか、小さいことの積み重ねが巨大な山を崩せるんだ。
あきらめずにやり続けよう!

Commented by ジョイママ at 2006-03-23 13:13 x
追伸  殺すならせめて「即死」させてくれ。嬲り殺しは絶対許さない!

Commented by aron0908 at 2006-03-23 13:51
トモです!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。
お手数ですが、○○と書いてある英語の部分をクリックして!と
書いていただけると嬉しいのですが、、、(汗)
英語を見た瞬間に閉じてしまう私・・・(泣)
お手数をおかけします・・・(ペコリ)
人間のエゴのために悲しみ、苦しむ生き物がなくなりますように・・・。
Commented by Coo&わんさ at 2006-03-23 15:27 x
熊の胆、聞いた事はありましたが、これもこんな方法だったなんて…
北海道のクマ牧場でも行っているのかしら…?
最近、札幌でもクマの出没が多発していまして、捕獲しては殺しているみたいです。元々、人間がクマの生息地を脅かした結果なのに…
江別では、飼育放棄で捨てたアライグマが外来種として環境的に問題となり、親グマを捕獲しては殺し子供は餓死させる作戦をとっていると聞きました。無責任な人間がとった行動をなぜ動物に負わせなくてはいけないのでしょう。人間の責任として本来の生息国に返す事は出来ないのかと疑問です。その為なら募金だって集まりそうなのに。
中国や韓国だけではなく、ココ札幌も問題が目白押しです。
Commented at 2006-03-23 15:27 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 天水ゆき at 2006-03-23 18:48 x
「人間の健康を動物の犠牲のもとに獲得することは神の計画の中にはありません。全ての病気にはそれなりの治療方法が用意されております。その神の用意された自然な方法を無視し動物実験による研究を続ける限り、人間の真の健康と福祉は促進されません。動物はそんな目的の為に地上に生を享けているのではありません。真の健康は調和です。精神と霊と肉体の正しい連係関係です。(中略)
これは動物を苦しめたり体内から特殊成分を抽出したりすることによって得られるのではありません。宇宙の摂理に調和した生き方を成就すれば自然に得られるのです。(続く)」
Commented by 天水ゆき at 2006-03-23 19:05 x
「魂が病めば身体も病みます。魂が健康であれば身体は当然健康です。身体の治療、これは大切ではありません。魂の治療、これが大切なのです」(「シルバー・バーチの霊訓1」より抜粋)
近頃いろいろと思う処があり、精神世界の本を読んでいてこの一文を見つけました。この現代、本当に魂が病んでいるとしか思えないような出来事ばかり…。でもやっこさんや、ここを訪れている皆さまのように心ある人たちが集まれば、いつか願いは届くと信じています。
やっこさんはきっと「不幸な動物たちを救う」ことをプログラミングして生まれてきたのですね。極私的ですが、今年は自分の転換期のような気がしてなりません。
Commented by charlieママ at 2006-03-23 21:50 x
タイかインドでは熊に穴を通して紐かなんかでくくって
操り人形みたいに踊らされるてるらしいよ。もちろん生きた熊。
1人が15ポンド送ればたくさんの熊を救えるんだって。
この世に動物を苦しめる商売があるのってすごくイヤ。
Commented by requiem---k at 2006-03-23 23:53
もうやだね、やっこさん。
お腹を抱えて痛がっているなんて、可哀相でならない。。
人間の世界に早く罰があたればいいって思ってしまいます。

Commented by da at 2006-03-24 01:13 x
さっそく署名してきました! ほんとに人間てやつは何から何まで動物を苦しめてるんですね!憤りを通り越して同じ人間として悲しい。
なんで人間て痛みがわからないんだろう。。。
Commented by Gon at 2006-03-24 02:16 x
先日テレビの特集で、ある山の持ち主(関西の日本海側だと思う)が
熊がふもとまで下りてきて、山や畑を荒らした時に
「最初は"殺してやりたい!"と思った。でも、こうなったのは人間の
せいだから・・・」と、怒りをかみ殺し、熊がふもとに下りてこないよう
山の奥にたくさん果物の木を植えて、そこで暮らせるようにしたと
いうドキュメントをやってたのを見ました。

一方で、熊の手を食べたり、サルの脳みそを食べたりするのも
人間・・・。むご過ぎる!!
Commented by yayoitt at 2006-03-24 06:00
草ぼうぼうさん、恐れずに、疑わずに、できることを、やってみますね...!!
Commented by yayoitt at 2006-03-24 06:02
リエさん、そうですね。
消費者としてまずは知ること、知ってから買うこと、使うこと、これが大事だと思う。買う買わないは、やっぱりその人それぞれの自由な選択であるので、まずは、知ることですよね!!知ったら、感謝も出来る、それだけでも、知らないよりは絶対に良いに決まってる。

そういう一人一人の知識が、未来の、そして現在の、無残な命を救う!!

信じて行こう!!
Commented by yayoitt at 2006-03-24 06:10
アキちゃん、日本の熊牧場も世界的には激しく非難されています。これまた、改めて日記にしますが...。熊って、一頭につきかなりのスペースが必要なんだけど、日本の熊牧場なんかでは、何十頭もの熊がいっしょくたんに狭いスペースの中で暮らしてたりする。しかも、躍らせたり、立たせたり、させるでしょ?そういうこととか色々...。

飛騨にも1つあります、熊牧場...狭い真っ暗なおりの中に悲しげに24時間座ってる熊の目が、忘れられない。

痛いことだと、かわいそう...って思えるんだよ、人間。でも、いざ薬とかになって、パッケージにかわいい熊の絵なんか描いてあるとさ、その明るいイメージだけで、それが熊の胆汁と知っても、何とも思わずに買っちゃったりするんだよね...人間、単純だから。

だから、ちゃんと、熊のおなかに穴開けて、ドレーン立てて胆汁流してる写真をパッケージに付けなきゃ駄目だよね、でも、まさか売り手がそんなことするわけないから、だから、消費者が自ら知るしかない!!

人間、哀しいかな...愚か。
Commented by yayoitt at 2006-03-24 06:15
ジョイママ、本当にそうだよね、動物、妬みとか金欲とか人間にしかないものがないだけで、あとの感情は全て同じ。

ただただ子孫を増やす為に生き、戦い、食い、眠り、愛し、守り、死んでいく。

人間だけなんだよね、こんな余分な哀しい感情(欲望)を持って生きてるのは...

確かに手を直接下しているのは一部の人間なんだけれども、でも、その元になっているところには、とても多くの人間の要求と無知が潜んでいることも、事実だと思う。

消費者としての罪...これを人々に知ってもらいたい。

そう、だから、塵も積もれば、山にしよう!!出来ること、やっていこう!忘れないで覚えていこう!!
Commented by yayoitt at 2006-03-24 06:16
ジョイママ、嬲り殺し... 恐ろしいね。
Commented by yayoitt at 2006-03-24 06:18
トモさん、英語を見た瞬間に...というのはとてもよくわかります。なるべくわかりやすいように書きますね。ゴメンちゃい。

その祈り、本当に届いて欲しい... 人間のエゴの為に苦しむ動物がいなくなるこの世の中を...
Commented by yayoitt at 2006-03-24 06:25
Coo&わんさ さん、動物との共存第一の基本を、人間が破っているのが大きな原因なんですよね。

基本は、野生動物に触れない、彼らの領域を侵さない。

だけど、人間による自然破壊、自然への進入、それが進むから、動物が追いやられて食べる物がなくなり、人里に下りてきている、それを怖がり、迷惑がり、人間がその動物を殺す、そして、絶滅へと追いやる...

もう何十年とそうしてきて、今、守る方法を取り始めているにもかかわらず、まだそんな(間近の益しか見られない)方法を取っていると思うと、先進国とは思えないですよね...

Coo&わんさ さん、勇気を出して声を挙げることができれば、そうでなくても、同じ考え、思いを持っている人が他にもいれば、何かそれを食い止める方法もあるのかも...!!

と、遠くにいて、こうして言うのは簡単ですよね、ごめんなさい...。

どこかに相談できるところはありませんか??
Commented by yayoitt at 2006-03-24 06:27
鍵コメさん

是非、そうしたいです!!札幌には、実はとっても会いたい人がいるんです。

でもでも、沖縄に姪っ子の結婚式では行くのですが、北海道には行く時間がどうしても、ありません...とっても行きたいです...。

そして、会いたいですね、で、一緒にそれを食べたい!!
Commented by yayoitt at 2006-03-24 06:40
ゆきさん!!

シルバーバーチ、初めて名前を聞きましたが、この言葉、とっても胸に残ります。まるでクリスティアニティーの聖書のような言葉なのに、その教え(人間は神に一番よく似た生き物で特別だから、他の動物は人間の為に使われて良い、という)とは全く違う。

もし良かったら、ここででも良いので、詳しく教えてくれませんか?実在した人だとも書いてあるし、何とか、スピリチュアルな霊訓とかとも書いてあるし、もっとよく調べてみますが、ゆきさんが感じるこの教え、とても興味があります。

私が不幸な動物を救う為に生きられるのなら、本当に嬉しいと思いますが、弱くていけません...。彼らの為に、身代わりにさえなって上がられない、弱い、怖がりな、ちっぽけな、人間です。でも、できることは、したいです。

ゆきさんにとっての転機の年...とっても楽しみですね!!きっと、そうなりますよ!!

あなたの心が救いを求め
  心に雲がかかる時
  やさしく風をおくります
  あなたが本当の自己の姿を
  見失うことのないように・・・・
Commented by yayoitt at 2006-03-24 06:43
チャーママ、針が身体のあちこち(顔とかにも)に通してあって、そこから紐が出てて、それを人間が操作すると、痛くて仕方なく立ち上がり動き回る、それがまるで踊っているように見える、っていう熊の見世物。

この紐を、切り離してあげたい!!本当に寄付金が、その紐を、切り離し、彼らを自由にするのなら...

信じて、やっていくしかないね!!ママ!!
Commented by yayoitt at 2006-03-24 06:47
カッタン、私、信じてるの。

世も末...本当に世も末だって。

だから、早かれ遅かれ、この世は滅亡するって信じてる、どういう形でかはわからないけれど。

それは、100%人間の責任であるから、人間が一番苦しむって、だってそれが自然の原理だと思うんだ。そんな日を何となく楽しみにしてる自分もいたりして、ちょっと怖くなる、自分自身が。

だけど、痛めたぶんだけ、痛まなきゃ、ね!そこで後悔しても後の祭りだから。

ただ、今現在、死に追いやられたり、苦しむ動物は救わなくっちゃね、精一杯のことをして、救わなくっちゃ。
Commented by yayoitt at 2006-03-24 06:49
daさん(?) きっと、Daniel さんかな??

ご署名、ありがとう!!!

哀しいかな、人間、痛みはわからないんだね、欲に目がくらむと、そんな他人や他の命のことなんて、どうでもよくなっちゃうんだよね...

辛いね、哀しい。
Commented by yayoitt at 2006-03-24 06:53
ゴンちゃん、そのテレビの話...そういう話が、多くの人々の “ 人里に下りてきた熊 = 殺す ” という発想を変えてくれることを願います。
だって、人間が熊の自然と生活と食べ物を奪ってるんだから、その結果なんだからね...。

親熊を殺す = その子供達が皆、死ぬ だから、たった一頭でも殺せば、急速に撲滅へと導くんだよね。

自然には、触れないこと、侵さないこと、これが約束で原則!!
Commented at 2006-03-25 00:30 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by yayoitt at 2006-03-25 06:21
鍵コメさま

どうもありがとう。ちゃんと調べてくれてありがとう。
元々は人間の手が入ったことから、その増殖や減少はコントロールが出来ない、だから殺すしかない、という結末になることって実はとっても多いですよね。寂しいです。

元を断たなきゃ駄目、の、元は、人間なんですからね...

うん、滅亡...きっとそうなると思う、どういう形でか...

今回、そうですね、やっぱり北海道へは行けませんがでも、ここで、そして良かったらメールで、一杯、話しましょうね!!これからもこちらこそ、宜しく!!!本当にどうも、ありがとうございました。
Commented at 2006-03-26 01:37 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by yayoitt at 2006-03-26 03:13
fiona、言っている意味、とってもよくわかりました。そんな言葉があったんだね、そういう言葉は、そういう状況、経験をしていないと出ない言葉だよね...

精神 と 肉体 の間に = (本当の意味でのイコール)は結ばれない
と思う。それは相互関係であるけれど断絶された単独のものでもあるんじゃないかって思うから。

想像力、うん、敬う気持、うん、これもすっごくよくわかる、そこから感謝もするしね。

感謝の気持、敬う気持のあとに、何か行動ができたら...と願う、自分の生を、そこに使えたら... とも思う。

ありがとう、力むよ、きっと、ずっと、毎日泣くし、力むわ、でも仕方がないんだよなぁ... けど、信じてるから、いつか...って信じてるから大丈夫!!それが原動力になるし。

あんがと!!な!!
Commented by fiona at 2006-03-26 23:07 x
わかってくれて、ありがと。
やっこちゃんの言う、「精神と肉体の間」が「=」で結ばれない・・・・・・それは、でんでん太鼓に描いてある巴の柄みたいに、結びつきつつも隙間があって、補完しつつも独立した関係なんだろうか・・・・と思ったよ。

こんなふうに、思いを喚起させてくれるやっこちゃんが、だいすきだよ~!!
応援しちょる。
Commented by yayoitt at 2006-03-27 17:10
fiona、わかってるつもりだよ、こういう意味でよかったの?

でんでん太鼓は、いい例えだね~~、気に入ったぁ。

うん、ありがとう、あたしだって、応援しちょるし!
<< ブラウン先生の生活 日本に帰ったらやりたいこと >>