その痛みはわかりえないけれど...
以前に働いていた病院の救急室に運ばれてきた女性。

工場で働いていたその女性、長い黒髪が機械に挟まり、そのまま頭髪が皮膚と共に広範囲に剥がれたのであった。

頭は血だらけで、想像し得ない痛みの為に叫んでいたその女性。

生きたまま皮を剥がれるということ...

事故ではなく、人間の欲の為にそうされるということ...

そして、そのまま放置されるって...

その痛みって、どんなものなのだろう。

http://www.ifaw.org/ifaw/general/default.aspx?oid=89520

今一度...
c0027188_424992.jpg

by yayoitt | 2006-03-19 03:54 | 愛する動物のこと | Comments(16)
Commented by kusabowbow at 2006-03-20 06:41
No more blood sucker!
Commented by akibrandy at 2006-03-20 08:03
Yeah, NO MORE BLOOD!!!
Commented at 2006-03-20 09:22 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ジョイママ at 2006-03-20 10:08 x
恐ろしいことです。その方は助かったのですか?心配です。
生皮を剥ぐ。考えられません。
でも事実です。子猫を笑いながらピンヒールで執拗に踏み殺した女。
人間ではないです。

革製品、毛皮、使わないようになってきてます。
靴も合皮を探すようになりました。
Commented by トモ at 2006-03-20 13:08 x
そう!そうなの!私もイメージするの・・・その子になって・・・
もし、自分ならって・・・だから、苦しくて辛くて悲しくて叫びたくて・・・
だから、何日も何週間も何ヶ月も頭から離れず・・・
きっと、自分ごとに考えられないんだろうね・・・
人間のみに与えられた想像力なのに・・・
本当はそんなヤツ、一人残らずセイバイしてやりたい・・・
きっと、やっこさんも頭から離れずに苦しんでるのね・・・
Commented by chirorin_wan at 2006-03-21 01:23
想像力って大切だなぁ・・と最近しみじみ思います。
何か行動を起こす時、自分だったら・自分の可愛がっている動物だったら・・まともな人間だったら想像出来ると思うんです。
なのに想像する事も出来ない、痛みを感じられない人が沢山居ると言うのは、ものすごくこわいことだと私は思います。
やっこさん達のように、目線を保護されなければ生きて行けない子達の為に、向けてくれる人が増えたら、地球は変るかもしれないと思います。
Commented by DANEL at 2006-03-21 01:30 x
私もそのことが電車に乗ってても布団の上でも頭から離れず、胸を締めつけられ涙がたまり、しゃがみこんだり何かを投げたり叫んだりしてしまいたくなります。。。
動物達の痛みや恐怖は計り知れないものです
Commented by Gon at 2006-03-21 01:44 x
頭髪って危ないですね。
バイクの事故の話も、よく聞きます。
その女性、ご無事だったんでしょうか・・・?

このコ、何度見ても、ウチのゴンやキーの垂れてる姿にそっくり!
だから写真を直視できない・・・。
皮をはぐなんて、想像もできない。
なのに革製品は・・・。
Commented by yayoitt at 2006-03-21 05:37
草ぼうぼうさん、そうです、無駄な血は流させたくない、それを吸って欲望の為に生きる人間...
Commented by yayoitt at 2006-03-21 05:37
アキちゃん、そうだよね、もう、こんな血は流させないで!!
Commented by yayoitt at 2006-03-21 05:40
鍵コメ様

その女性、命は助かったはずです。

そう、ちょっとした火傷でも本当に痛いですよね、擦り傷で薄い皮が剥けただけでも夜目覚めるくらい痛いのに...。

心が張り裂けそうですね、こんな事実...でも、これが真実。
Commented by yayoitt at 2006-03-21 05:45
ジョイママ、その女性、命は助かったと思います。

世の中には、信じられない人間が沢山いるものです。でもそれは悲しきかな、最高等動物といわれる人間しかしないこと...欲の為...。

革製品や毛皮、今の時代、一杯フェイクもあるし、ビニールもあるし、代用品には困りませんよね!!

ナイロン万歳!!ビニール万歳!
Commented by yayoitt at 2006-03-21 05:52
トモさん、苦しい思いをさせちゃってること、謝ります。情報を送るって、ある意味とても無責任だったりするから...一方的で...そういう意味でトモさん、気をつけてご自分を守ってくださいね(情報発信した私が言うのも変なのですが)。

私も幾晩となく泣きながら目を覚ますことがあります。夢もよく見るし、保健所の犬のこと思うと真夜中でもノーマンの顔見に起きて泣けるし。

すっごく苦しいけど、でも、知って受け止めて、自分に出来ることをするしか、他にはないんだな、と思うんです。世の中、悔しいけど、悪いことはそうは簡単に短時間に変えられない...悪くすることはあっと言う間に出来ても。だから、地道にやるしか、トモさん、ないんですよね...

トモさんの信じていることを、そして、愛する動物のことを...

あと、実際に動物にこういう手を下す人よりも本当に責められるべきなのは、無知のまま、何も考えずに購入する消費者だと思います、醜い辛い痛い部分は見ずに聞かずにいて、美味しいとこだけを得ている...こんな消費者がいるから、いつまでも、こういう産業は失せない。
Commented by yayoitt at 2006-03-21 05:55
chirorin_wanさん、そうですね、消費者として想像する、考える、それだけで随分違うと思います。人間、そこまで皆が悪人や愚かではないと思いますよね(思いたいですよね)。

痛みを感じない人、痛みから目を反らす人、それでは前に進めませんよね...。物を言わない(人間と共通の言葉を解さない)動物だからこそ、私たちが無言で守らなければ...

ありがとう。
Commented by yayoitt at 2006-03-21 06:08
DANEL さん、真実を知る、見るということは、時に自分自身を深く傷つけてしまいます。まずは、自分自身を守ってくださいね...何でも心にずんずんと受け止めていると、立ち直れなくなります。情報に対して少しだけ目をつぶる事(見たくなければ映像は見ないとか)も大事です。

そうした上で、できることから、地道にちょっとづつ、時間はかかるけどでも、信じて行動して行きましょう...それが本当は一番の近道だったりするのだと思います。信じて行きましょう!!一緒に。
Commented by yayoitt at 2006-03-21 06:11
ゴンちゃん、頭髪の事故って結構ありますよね...

事実を知ってくれてありがとう。そこからの行動はあくまでも人それぞれだと思います。でも、事実を知って革製品をかって使うのと、知らずに何も考えずに買って使うのとでは、大きな違いがあると思います。

知ってくれることが何よりも大切です。

本当にありがとう。
<< 心が満たされるということ がんばる女の子達 >>