Rainbow Bridge
                  Rainbow Bridge
c0027188_42857.jpg

Just this side of Heaven is a place called Rainbow Bridge.
When an animal dies that has been especially close to someone here,
that pet goes to Rainbow Bridge.
There are meadows and hills for all of our special friends
so they can run and play together.
There is plenty of food, water and sunshine and
our friends are warm and comfortable.

天国のちょっと手前に、“ 虹の橋 ”と呼ばれる場所がある。
この世で誰かと、特に親しくしていた動物は、死の後に、その“虹の橋”へ行く。
そこには、草原や丘があり、私達の愛した動物達は一緒になって、走りまわり、
遊んだりしている。 そこには、たっぷりの食べ物と水、そして暖かな太陽の光に恵まれ、私達の愛した動物達は、暖かく、幸せに過ごしている。


All the animals who had been ill and old are restored to health and vigor;
those who were hurt or maimed are made whole and strong again,
just as we remember them in our dreams of days and times gone by.
The animals are happy and content, except for one small thing:
they each miss someone very special, someone who was left behind.

病気で苦しんでいたり、歳をとっていた動物達は、そこで、健康と活力を取り戻し、
傷を負ったり、障害を負っていた動物達も、元通りの強い丈夫な身体を取り戻す。
まるで私達が、過ぎ去りし幸せな日々を、夢の中で見ていたかのように。
動物達はそこで、ただ1つだけ除けば、とても幸せに暮らしている。
その1つとは、彼らの後に残して来た、それぞれの動物にとっての特別なだれか。
そこに、その誰かがいないのを、とても寂しく、悲しく、感じている。


They all run and play together,
but the day comes when one suddenly stops and looks into the distance.
His bright eyes are intent; his eager body begins to quiver.
Suddenly, he breaks from the group, flying over the green grass, faster and faster.
You have been spotted, and when you and your special friend finally meet,
you cling together in joyous reunion, never to be parted again.
The happy kisses rain upon your face; your hands again caress the beloved head,
and you look once more into those trusting eyes,
so long gone from your life, but never absent from your heart.
Then you cross the Rainbow Bridge together...

物達は、皆で一緒に遊んで時を過ごしているが、
ある日、ついにその日がやってくる。

そのうちの一匹が、ふと足を止め、はるか遠くをジッと見つめる。
そして、その目は大きく見開かれてきらきら輝き、その体は興奮で小刻みに震え出す。
突然、彼は今まで一緒に遊んでいた皆から離れ、緑の草原を飛ぶように走り出し、
その足は更に速く速く、その身体を乗せて走るのだ。
そう、彼はあなたを見つけた、とうとう、ようやく愛する特別な友と再会できたあなた達は、お互い強く抱き合い、再会を喜び合う。
もう、2度と別れることはないのだ。
喜びに満ちたキスが、あなたの顔を降り注ぐ、あなたは再び、その手で愛する友の頭や体を愛撫する。
そしてあなたは、信頼に満ちた、その瞳をもう一度、のぞきこむのだ。
あなたの人生から、長い時間 姿を消していた愛する友、
だが決して心からは一日たりとも消えたことがなかった、その瞳を。

そうして、あなた達は共に “虹の橋”を渡るのだ。


                   *Author Unknown* 作者不明

私なりに訳させて頂きました。
c0027188_4283438.jpg

by yayoitt | 2006-02-24 04:20 | 愛する動物のこと | Comments(14)
Commented by kusabowbow at 2006-02-25 06:36
横にまっすぐにかかる虹を みたことが ありますか?
Commented by Rie at 2006-02-25 06:46 x
Rainbow Bridge、本当に存在してほしい。
Commented by akibrandy at 2006-02-25 08:47
そうか。虹の橋なのか~。三途の川を渡るより、やっぱり虹の方がいいな~。
Author Unknown...虹の国の人ね
Commented by fiona at 2006-02-25 16:24 x
やっこちゃん、お話しを書いてくれて、ありがとう。

二重に架かった虹を見たことがある・・・・。きっとあのときは、とっても大勢のひとと動物が、お互いを見つけて虹を渡っていたんだなぁ。
Commented by Gon at 2006-02-26 02:11 x
こういうところがあって、今までに出会った動物たちが
みんなココで、病気も怪我もなく、幸せに暮らしてくれていたら
そして、私たちのことを待っていてくれたら・・・。

イギリスの方が、虹がたくさん見えますね。
Commented by yayoitt at 2006-02-26 03:36
草ぼうぼうさん、そんなに大きな虹は見たことがないけど、スペースがないからなのかな?一杯建物が立ってるから??
Commented by yayoitt at 2006-02-26 03:38
Rieさん、いつか自分が愛する動物と別れた時にきっと、この虹は、存在して来るんだと思うよ。
Commented by yayoitt at 2006-02-26 03:51
アキさん、三途の川...そこにも、橋はありましたっけ?どうやって川を渡るんでしたっけ?橋ってあったかな?急に知りたくなってきた
Commented by yayoitt at 2006-02-26 03:52
fiona...二重の虹かぁ...

虹... そこには愛する命との再会があり、そこには宝が埋まっており...虹って不思議だね
Commented by yayoitt at 2006-02-26 03:53
ゴンちゃん、うん、きっとあるって、思いたいね。

英国は雨が降ったり、その横で日差しがさしたりするからね...
Commented by akibrandy at 2006-02-26 11:45
あはは、三途の川は船ですよ、船。ギリシャ神話もレテの川をどんぶらこと渡してもらうし...やっぱ、虹がいいわ~
Commented by yayoitt at 2006-02-27 01:23
アキさん、船なんだ...
それはまるで、ロードオブザリングのような...

虹、渡ってみたいよね...
Commented by akibrandy at 2006-02-27 18:07
虹の先にはポット一杯の金貨が!←いやしいぞ。
でも、ポット一杯の金貨って、なんか非現実的で夢々しい~
うふふ、あははって感じ。

ロードオブザリングの船だったら乗りたいぞ~~!!!
Commented by yayoitt at 2006-02-28 07:41
ロードオブザリングの船で、ヘーブンに...そこで永遠の命を得る...

いつか、乗れるかな?ガンダルフに会えるかな?
<< 放屁 初めてのボーディング、ロージー >>