松井五郎という人に …

うううう~ん

と唸らされることは、数え切れず。

これも、その一つ。

こういう詩が作れるって …

まったくに感嘆! 

c0027188_02292085.jpg



瞳に風が吹いて 坂道を
ひとりで 下りてみたい気がしてた

愛称(なまえ)で呼べそうな 履き古した靴からは
忘れかけた詩が聞ける

ふりかえると 何もない空なのに
僕だけが むずかしくて
もしもここで 君に逢わないでいたなら
心まで 渇いたろう

涙をあつめてきたハンカチに
迷路の地図ばかりを 描いてきた

それぞれに過した わずかな物語には
なくせない場面もみてた

なにもかもが ためいきをつく一瞬(とき)に
やさしさを 逃がしている
あきらめれば 泣かなくてすむだろうけど
微笑も消えるはず

遠くふたり みえないほどはなれて
あの夏に生まれてきた
君の髪が綺麗な秘密を教えて
しなやかな ささやきで

瞳に風が吹いて そのときに
誰にも かなえられる夢がある

by yayoitt | 2017-10-07 02:23 | やっこの思想 | Comments(2)
Commented by coco at 2017-10-11 11:16 x
あ、あ、、、68歳の私をキュンとさせる人。

きみの名は・・・・

やっこちゃん、教えてくれてありがとう。

後、すこし、がんばるぞ~~~。
Commented by yayoitt at 2017-10-12 05:05
coco さん

うふふ

キュンって、なって下さいましたか!
嬉しいっっ。
きゅうううん! うふっっ 
<< キャバリア仔犬、ケイティーのこと お年寄りのグレイハウンドと歩く >>