もうすぐ、この季節 ブランブル
エジンバラには、沢山の遊歩道がある。

もとは線路だった道が、自転車と歩行者用の散歩道になっている。

その遊歩道は

平日ならば自転車の通勤者や、週末になると、

行楽の自転車、散歩する人々、犬と歩く人々で賑わう。

私も、この散歩道をよく歩く。

ノーマンとの散歩は必ず、この散歩道を通ったし。

今でも仕事の帰りに、天気が良ければ、ここを歩いて帰って来る。

この散歩道の両サイドは、木々や草の茂みで覆われていることが多い。

その茂みを見ると … 

イバラが多いのに気が付く。

沢山の 木苺(きいちご ブランブル) が茂っているのだ。
c0027188_4655.jpg

赤い色から、きらりと輝く黒い色になるのを待つ。
c0027188_47047.jpg

これを、歩きながら摘み取って食べる。

ノーマンも大好きだった。

摘み取って渡してあげると、嬉しそうに私の掌から食べたもの。

小鳥たちと分け合い、私も少し頂く。
c0027188_483894.jpg

こんなブランブルな季節が、嬉しい。
by yayoitt | 2016-08-26 03:53 | スコットランドって... | Comments(2)
Commented by ポレポレ at 2016-08-28 09:03 x
美味しそう‼
こちらで食べられる実と言えば
椎の実、桑の実、ヤマモモ、山栗、、、最近は原発やらで、摘まめないわね‼
そういうところが、まだ残っているのねエジンバラって(^^)v
いいわね!
Commented by yayoitt at 2016-08-29 02:03
ポレポレさん

これが、新鮮で美味しいんですよ~。
甘いのもあれば、甘酸っぱいのもあって。
ああ、原発で …。
なるほど ... そういうところで、原発事故の
深刻さって、しみじみ、感じさせられます。
目に見えないだけに、怖いですよね。

エジンバラは、それでも木々が壊されて森がなくなり、
どんどん人が住む家ばかりが建ってるのも事実なんですよ。

そんなに人間ばかり増えてどうなるのか …。

ありがとうございます、ポレポレさん。
<< 丘と友と、笑顔と 違いとか差別とか虐めとか >>