その思いの繋がる、先にある …
その春、初の、牧草地への移動で

牛たちは、こんなにも身体全体で喜びを現す



ほとんどの人々が

牛たちを   牛乳 でしか理解しない

彼らを  として理解しない

 牛が食べたい

 本革でないと嫌だ

 もっと牛乳を飲みましょう


人々が軽々と口にする、そのずっと繋がりには直接、この命がいる

心を抱えた命が
by yayoitt | 2016-04-11 03:32 | 愛する動物のこと | Comments(4)
Commented at 2016-04-12 10:57
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 通りすがり at 2016-04-13 21:51 x
私はずっと、ホルスタインは歩けないんだと思っていました。放牧してるのさえ見たことなくて。八ヶ岳に住んで初めて、生きてる牛を見ました。放牧されてる牛がスキップしてるのも見たことあります。都会の人は本当に、知らないんだという場合があります。
命をいただいているんだと思わない。牛乳は最初から牛乳で、牛と繋がってないような…。
Commented by yayoitt at 2016-04-14 04:48
鍵コメさん

コメントを、本当に、ありがとうございます。

そのことが、とてもとても、大切だと思います。
感謝すること、感謝して、意識して、無駄にせず、残さず
”いただく”ことが。

簡単にお金で買って、捨てて、また新しいものを買って …
それでは、その為に命と一生を苦痛の上に犠牲にさせられた
動物たちが可哀想でなりません。

鍵コメさんのように 感謝する という気持ちを、
すべての人が持っていてくれたなら …
物を購入する消費者の態度、度合いは、かなり違ってくるはずです。

子供だからこそ、本当の真実、現実を、知らせる必要があると
正直、思うのですが …。
こちらの国でも、現代の子供は、過剰に庇護されていて、
都合の悪い現実はすべて、隠されているものです、
彼らの親によって …。

ありがとうございます!!
Commented by yayoitt at 2016-04-14 04:52
通りすがりさん

とっても正直な言葉だと思います。
そして、とても興味深い言葉です、ありがとうございます!
まさしく、日本で、牛舎の中にいる以外の牛なんて
見ないですよね?

なのに、輸入じゃなくて牛乳が日本国内で飲めるのは?
霜降りの和牛があるのは?
彼らの一生とは???

そんな風に考えてみると、現実の悲しさ、苦しさが
わかって来るものです。

消費者が、そんな現実を知ったら、肉や牛乳を
購入しなくなるから、そこは、ひた隠してあるんですよね。
そして、可愛い、とか、アニメ化された絵によって
ハッピーなイメージだけ抱いてしまって …。

大量生産社会、消費社会に生きる私たち、
本当の 真実 というのを知ることが、とても大切なのでしょうね。

通りすがりさん、本当に、どうも、ありがとうございます!!
<< スケートするラビラドール い~つでもふ~たりは~シンデレ... >>