ある朝が焼けて
開け放したままのカーテン。

そこから差し込む朝の光が、赤かった。
c0027188_0535546.jpg

朝焼けは、雨が降る兆候。

濡れても良い生地の靴を選ぶ。
c0027188_0541119.jpg

傘は …

フードがあるから、大丈夫。
c0027188_0542641.jpg

真っ赤な空を見ながら、少しだけ計画を立てる。

そんな
c0027188_0544727.jpg

慌ただしくても、燃えるような美しい色に魅了される朝。
by yayoitt | 2016-04-02 00:48 | スコットランドって... | Comments(2)
Commented by coco at 2016-04-05 22:19 x
綺麗な朝焼けですね。

一つの屋根に煙突が何本かあるこの風景はまさに私の中にある英国の風景。
今も、45年前も変わらない風景。
いえ、もっと昔から、
そして、これからも変わらない風景なのでしょうか。

余りにも美しい朝焼けにちょっと、むねきゅん。

Commented by yayoitt at 2016-04-06 04:05
coco さん

そうですね、私も、英国と言えば思い描く風景のひとつは
この煙突だと思います。

今はもう、煙突が煙突として使用されているものは
数パーセントだろうけれど、名残が残っているのは
嬉しいものです。

胸きゅん、ああ、なんだか、わかります、
45年前かぁ … きゅうううん!!
<< 太陽の光降り注ぐ港、ネコ、そし... エイプリルフールだからこその ... >>