ある春の夜の、帰り道
寒さは残っていながらも、エジンバラなりに春らしくなって来た …

この頃。

仕事の帰り道に、バス停数個分、前にバスを下りて。

歩いてみる。
c0027188_5152835.jpg

すると、月夜。

鼻歌、自然と出てきて。

それが、ユーミンだったりすると …
c0027188_5154828.jpg

幸せな気分になるもの。

 春よ 遠い春よ

 まぶた閉じれば そこに

 愛をくれし君の 懐かしき声がする

c0027188_5161171.jpg

春が来た

やっとで来た







 
by yayoitt | 2016-03-23 04:34 | スコットランドって... | Comments(4)
Commented by yuki at 2016-03-25 15:58 x
以前の記事(人種差別について)のコメントになります。

今は主人の仕事でインドに駐在しています。
2年前ほど旅行でイギリスとスコットランドに
訪れたのですが、イギリスでは受けないような
人種差別をエディンバラで受けました。
私と主人でバーに入った時、ウェイターが全然私達のオーダーを取ってくれず周りのスコットランド人達も笑って見てるだけ。。。
本当に感じ悪くスコットランドが嫌いになりました。
この旅行に主人を誘ったのは私からでした。
以前、語学留学でWindsorに滞在していたので
是非ともスコットランドの素晴らしさを主人にも
見せてあげたかった。。。
なので人種差別にあった時、主人に申し訳なく思いました。。。
今でも少しトラウマになってます。。。
イギリス人の友人たちに言わせると

「スコットランドは田舎で視野が狭く人種差別はあるよ。。。」
と言われました(言葉が悪くてごめんなさい🙇)

またスコットランドに行きたいなぁっと思いますが、やはり過去のトラウマがあり躊躇するものがあります。
本当に残念な経験でした。。。
Commented by yayoitt at 2016-03-26 06:30
yuki さん

エジンバラは、比較的、都会だし、今では外国人、
特に中国人やアジア人が増えて、見慣れているはずなのに
そんな哀しい、虚しい、きっと、マイノリティーの人では
あろうけれども、意図的に、他人に対して、嫌な思いをさせるのは
本当に、許せませんよね。
とっても悲しくなります。
ここに何年住んでいても、忘れた頃に、人種差別が起こります。
それは、個人的攻撃ではないとわかっていても、辛いです。
バカな人々、と忘れられたら、どんなに良いかと、思います。
マジョリティーは、良い人たちなんですけどね …。
こういう、差別って、深く傷付くものなんですよね。
Yukiさん、心から、そのトラウマになったお気持ち、
察します …。
Commented by yuki at 2016-03-26 15:54 x
スコットランドの事悪く書いて本当に
ごめんなさい。

でも、またいつかスコットランドには行きたい
と思っています。
やはり建築物とか素晴らしいし!
次は是非とも母を連れて(^_^)v
一生に一度でいいからヨーロッパを旅したい
と常々言ってるので!

その時は是非ともアジア人にも優しい
レストラン情報頂けると嬉しいです。
Commented by yayoitt at 2016-03-27 05:20
yuki さん

私も、この国で、決して多くはないけれど、嫌な思いは
幾つもしているので、とてもお気持ちがわかります。

それに、お話を聞いて ええ、それは何かの間違いじゃ? とは
決して思えない、あり得る話だと思えるのが悲しいです。

とは言え、一般的にスコットランドの人々は、とても助け合う気持ちが強く、
外国人が困っていたら率先して助けてあげる、というのが
よく聞く話でもあるので、そういう人がマジョリティーであるとは
信じています。

エジンバラのレストランやパブなどで働く人々の多くが、
いまやヨーロッパ系外国人なので、もしかしたら、そういう
人々だったのかも?
とは言え、周りのお客様が笑って見てる、というのも不愉快ですよね。

スコットランド人から最も差別を受けやすいのは、
イングランド人だと言われます。
どの国でも、どこに行っても、人って、差別をする生き物なのかも
知れませんが、それを黙って見過ごしてはいけませんよね。
変わらなきゃ …。

はい、是非とも、いらして下さい!
心からお待ちしております!!
その時は必ず、お声をお掛け下さいね。
<< また、戻れる夢の中 ダックス、ダックス、ダックス、... >>