恐怖や痛みは … 書かれていない
c0027188_23585598.jpg


 パッケージには、その恐怖や痛みは書かれていない

 その強姦だとか、手足の切断だとか、赤ん坊を再三、亡くすことだとか

 そこには、なにも書かれていない

 その目の前で、他の動物が殺されることなんて、決して伝えはしない

 次は自分の番で、最後の呼吸を無理強いさせられている、

 そんなこと

 決して、伝えてはくれない

 エママーフィー


 They won't write on the packets of the panic and the pain,
 The rape, the mutilations or the babies lost again.
 They won't say that the animals saw others meet their death
 While forced to wait their turn to take their own last dying breath.

 Emma Murphy


(英文を、直訳ではなく、理解できやすいように私なりに訳させて頂きました)


肉や卵、チーズや牛乳、動物から頂く彼らの命。

それがスーパーに並ぶ時、それをコマーシャルで宣伝する時 …

消費者には決して伝えない真実、事実、現実がある。

明るいイメージ、笑顔の牛の絵。

だったら、明るく笑顔で知らない振りをしてて、良いのだろうか?

食べるな、飲むな、買うな、と言いたいわけではない。

目隠しを外して、ちゃんと現実と向き合って、見て、そして感謝して欲しい。

と、それは消費者である私たちすべての、義務なのではないかと。
by yayoitt | 2015-06-14 04:02 | 愛する動物のこと | Comments(0)
<< 犬の天国にいる、モエからの手紙 Willow と過ごす >>