見られたくない、会いたくない、生きたい
故郷の同級生が撮った写真。(お借りしました)
c0027188_3271514.jpg

それを見て、嬉しいような切ないような、やりきれないような …

複雑な気持ちがうごめくのを感じている。

熊側も、人側も、出会いたくないのだ。

お互いに、出会いたくはない。

けれども、やはり、土足で、その土地に踏み入っているのは人間側で。

追いやられて、食料の実のなる木々を切られて、生きるのに必死な熊たち。

熊たちは、姿を見られるだけで、殺されてしまうのだから …

捕獲されて二度とは小熊たちのいる山には帰れないのだから …

 お嬢さん

 お逃げなさい

 人間よ

 私の姿を見かけても

 どうか、逃げて
 
 ただ黙って、私たちが出会ったことを忘れて

 他人を呼んだりして、私と私の子供たちを傷付けたりしないで

 私が生き取りになったら、子供たちは死んでしまうのだから

 お嬢さん

 お逃げなさい

 すたこらさっさっさのさ



 
by yayoitt | 2015-05-08 03:16 | 愛する動物のこと | Comments(4)
Commented by ちえみ at 2015-05-09 18:06 x
私が学生の頃、北海道でクマ牧場に旅行のコースで行きました。
行くまでは牧場というもんだからクマが伸び伸びと青い草の上で遊んでいるものと想像して…びーっくり!!!ただ、深いコンクリートの中にいて、クマは人間が投げるせんべいを手を叩いておねだりするだけ。観光客は手を叩く姿が可愛いと笑ってましたが、私は涙ぐみました。この熊は一生ここから出られない囚人だと…クマ牧場を跡にして忘れたい気持ちだったけど、あれから40年、きっと死んでも人間の酷さを忘れないでしょう。
Commented by タコ at 2015-05-10 00:15 x
ベルンの熊公園みたいなのが増えて欲しいね。熊も伸び伸びできるし人間は癒されるし、いいとこばっかりやん♬
Commented by yayoitt at 2015-05-11 01:21
ちえみさん

実は私も、実家の近くにある熊牧場に行った時のことを
忘れることができません。
まったく、ちえみさんが仰る通り、そしてきっと、
他の熊たちと一緒にできない熊たちなんだろうと
思いますが、狭く暗い檻の中で、ずっとずっと
同じ動き、頭を振り続ける、繰り返しているんです。
それが今になって、野生の熊たちが極度の精神的ストレスに
追いやられた時の精神障害の現れなんだということを
学んで、今更、泣けて仕方がありません。

忘れないでしょう、くまたちは。
同じように人間たちも、彼らの苦しみを忘れないで
欲しいって … 

そう願うけれども、それは、あり得ないのかも知れませんね。

人間だもの。

ちえみさん、とても貴重な経験をシェアーして下さり
本当に、ありがとうございます。
Commented by yayoitt at 2015-05-11 01:23
タコちゃん

むっちゃ、覚えてるよ、タコちゃんが教えてくれた、くま公園の話。

本当にね、日本は、それがどうしてできないかな。
日本も、変わって来てるのにな。

熊牧場なんて、悲惨すぎる …。

ありがとうな、タコちゃんっっ。
<< 母の日に … モリッセーの言葉から ちょっとした行為、取り返しの付... >>