エジンバラにて2度目の皆既日食
初めての皆既日食は確か、15年くらい前。

私がまだ30代前半で … うう

スコットランドに来て間もない頃で … あう

ホテルのレストランで忙しく働いていた朝で … はう

徐々に薄暗くなって、夕方っぽくなったらまた、明るくなったのだった。

45分ほどの間に、夕暮れが来て朝が来た、そんな感じだった。

2度目の皆既日食は、やはりエジンバラで。
c0027188_615863.jpg

仕事の一番、忙しい朝に訪れた。
c0027188_621836.jpg

私はもう40代半ばを過ぎていて … はぁ
c0027188_623218.jpg

スコットランドで15年近くを過ごしていて … ふう
c0027188_624519.jpg

動物病院のオフィスで忙しく働いている朝で … はう
c0027188_63623.jpg

やっぱり、薄暗くなってきて

決して、真っ暗にはならないけれど

同僚と外に出たら、周囲の店などから職員の人が外に出て空を見上げてて

 直接、日食の太陽を見つめちゃいけないんだったな

と同僚と言いながらも
c0027188_66457.jpg

瞬間的に見つめた太陽が、下弦の月みたいで

 15年前の日食よりも、良かった

なんて思うのだった。
c0027188_663740.jpg

そんな、皆既日食、金曜日。

それにしても、太陽を食べるとは、よく言ったもの …。
by yayoitt | 2015-03-20 05:55 | スコットランドって... | Comments(4)
Commented by coco at 2015-03-21 10:51 x
この写真を見て、ふと思ったのだけれど、
韓国ドラマで「太陽を抱く月」というのがあるのですが、
これが原題名の直訳かどうかは分からないのですが、
食べるよりはロマンチックではありませんか?ふ、ふ、ふ
韓国ドラマ奥が深い!と勝手に思っています。(笑)

韓国のバラエティで「花よりおじいさん」と言うのを見たのですが、これがまたドラマと違った面白さ。
で、友人にかりたDVD7枚を3日で見てしまいました。
何と、一日3時間弱です。←狂っていますね。(3日間大笑いをしました。)
年配の男性の俳優4人を中堅40代独身の俳優が限られた旅費で海外を案内してめぐると言うものなんですが、
ご存知のように韓国は目上の人を敬う儒教の教えが根ずいています。
だから、4人に見知らぬ外国でィ・ソジン(イサンと言うドラマでとて有名な俳優)ツアーコンダクター、荷物持ち、運転手、料理人とかいがいしくお世話をするのですが、彼とて見知らぬ外国ですので四苦八苦するのです。
そしてその合間に4人(70才から82才までいます。)の俳優がそれぞれとても感慨深いコメントをします。
観光案内にもなる番組です。(行ったところの歴史とかをアナウンスします。)
今、日本と韓国の関係は慰安婦問題でぎくしゃっくしているのが残念です。
愛国心・・・・
私にとっての愛国心=Independenceなのです。
これは20代の私が英国で感じた言葉です。

カトリックの女子寮で色々な国の人々と一緒に何か月か暮らしましたが、同じ部屋(6人部屋一番安かったのです)の人々はアルゼンチン、スコットランド、スペイン、南アフリカ、イタリア、日本とそれぞれ国は違いましたが、みんな仲良しでした。
しかし、事ある事に日本人としての自分をちゃんと持っていないとだめだという事をここでも教わった気がします。
何だか話がどんどん違う方向に行ってしまいました。

合っていろいろなお話をしたいなァ~。
やっこちゃん!



Commented by ちえみ at 2015-03-21 16:14 x
私が、つけっぱのテレビをふと見た時、スコットランドの皆既日食の映像が…あーっっっ!!!スコットランドぉーー!と叫ぶと家族がナニナニと寄ってきたときは、
オランダ航空機の中でCAさんが眼鏡を乗客に渡している画像に変わったんですよ。
スコットランドのタイムリーな画像が見れて幸せなあたしでした。
Commented by yayoitt at 2015-03-22 08:35
coco さん

あああ~なるほど、太陽を月が抱いて …
なんて素敵な表現でしょう! ほんと、日食とか月食、
食べるって表現よりは、抱くなんて、とても素敵ですね。

Cocoさん、韓国って、すぐお隣の国だけど、日本とは
色んな意味で違いがあって興味深いのでしょうね。
DVD7枚を3日って凄いです! しかも、大笑い!
これ、字幕付きだったんですか? でも、リスニングの
良い勉強になりますよね。素晴らしい!

彼らの頑なな文化を守る(目上の人を敬う姿勢など)、それが
日常に沁みこんでいる、そういう姿って、日本とは大きく違うから
とても興味深いです。

愛国心。
本当の意味での愛国心は、きっと、自国を離れて、
自国を外から見て、感じて、他の国の人々との交わりを通して
生まれる 心。自国にあらためて向いてみて感じる気持ち、
それこそが愛国心なんだろうと思います。

世界では、日本は実に アジアの一国 。
そして、自分は、世界のほんの1人。

Cocoさん。
お話、したいです!!!
美味しいご飯、頂きながら!!

うふふ
Commented by yayoitt at 2015-03-22 08:38
ちえみさん

おおおおっっ。
なんと、スコットランドの日食ってことで、放映されてたんですね!
北ヨーロッパで見られた今回の日食ですが、
あの、スコットランド独立選挙から、日本でも、
スコットランドの知名が上がり、多くの人々がきっと
興味を持ってくれているのかも知れませんね。
嬉しい~~~。
以前は、スコットランドが何処か、ほとんどの人
(近所のおじさんとか、友人)知らなかったから。

うふふふふ

ちえみさん。
本場に足を踏み入れる日は … 近いかもですよ~。

と、また誘ってみる。

<< 今日、処分したい … 首があったか、心はうきうき >>