自然界では
             自然界では

     自身のために生きている自然というものは

          存在しない

             木は、自分の木になる実を食べない

      太陽は、自身のために照り輝かない

                     花の香りは、花のためではない

                 お互いのために生きる 

             それが、自然界のルールなのである


c0027188_5551090.jpg


                 そう

                          私たち

             人間も

                自然界の一員

                      そのはず
by yayoitt | 2015-01-09 05:49 | 愛する動物のこと | Comments(2)
Commented by katcat2121 at 2015-01-11 19:11
ニンゲンは いつから 傲慢になったのでしょうか?
自分ひとりでは 生きられないってこと
ナニモノかの犠牲の上に成り立ち 支えてもらいながら
恩恵を受けながら 生きているてこと
意識しながら 生きなくてはと、反省です! (´ε`;)ゞ
Commented by yayoitt at 2015-01-12 06:17
K◎さん

もともと人間は、自然界の一員として、そのサイクルの
一端として暮らしていたはずですよね。
発展発達、それにより、得ているものよりも、
もしかしたら失っているものの方が、ずっと多いのかも
知れませんね。

自分と同じ種でないと、敬えないのでしょうか。
本当に、高慢な生き物が、人間ですね。

私も、心から、反省しています。
K◎さん、どうも、ありがとうございます。
<< 今年初の、ティールームデート ずるずる~ノーマン >>