もっとも残虐に扱われる動物が、仔犬に出会って
6ヶ月のボクサーの仔犬

農場の牛たちから、歓迎の挨拶を受ける様子 …



それは、優しく美しい牛たち …

人間の手によって、最も残虐に扱われる彼ら …


(A Peaceful Planet より)

乳牛の母親牛たちの悲鳴。

生まれてきたばかりのオスの仔牛の、悲しく辛く、短い一生 殺さぬとも、殺すとも …

ありがとうございます。 
by yayoitt | 2014-12-10 04:02 | 愛する動物のこと | Comments(0)
<< 枕の使い方を知っている犬 グランパの椅子 >>