毛皮反対プロジェクト 紀里谷和明氏より …
映画監督、写真家である 紀里谷和明氏 による作品である。



 毛皮にされる動物 

 犬、猫、きつね、タヌキ、あらいぐま、ウサギ、ミンク、リンクス、カンガルー、
 いたち、スカンク、アザラシ、チンチラ、山羊、羊、リス、ビーバー、アナグマ、
 コヨーテ ほか


 殺され方

 毒殺、ガス殺、棍棒による撲殺、窒息死、首の骨を折る、電気ショック …
 時には生きたまま皮を剥がされています


 犠牲になる数

 年間7500万匹以上
 *ただし、あまりに大量に殺されるウサギは、信頼できるデーターがないため、
  数に含まず。年間10億匹を超えるという説も。


 毛皮の用途例

 コート、上着の襟、袖口、裏地、手袋、帽子、かばん、財布、ブーツ、
 動物の置物、おもちゃ など


 一枚のファーコートに必要な数

 リンクス(オオヤマネコ)― 12~15頭
 キツネ ― 15~20頭
 アライグマ ― 27~30頭
 ミンク ― 60~80頭
 リス ― 60~100頭


 2012年、毛皮製品の売り上げが過去最高を記録。


(上はビデオからの言葉です)

真実は … 

言葉以上に、ビデオで感じる以上に …

もっともっと悲惨な状況である。

それでも本当に、本物の毛皮(リアルファー)なの?


 











 
by yayoitt | 2014-11-01 00:30 | 愛する動物のこと | Comments(0)
<< 断髪から6週間の本音 冬の短い陽があたる場所 >>