死にゆく母から生まれた命
この仔牛は …

屠殺所に行くトラックの中で、生まれた

c0027188_4452556.jpg


彼は、道路に置き去りにされた

母牛にとって、とても喜ばしき日 …

その代わりに、彼女は死んだ

彼女は仔牛に挨拶することすらできず

別れをいうこともできなかった

幸運なことに …

この小さな仔牛は、道路警察に助けられた

彼が新しい一生を歩き始める頃 …

彼の母親は、ゆっくりで苦痛に満ちた死を味わっているのだ


This calf was born in the truck
whilst his mother was going to the slaughterhouse.
He was abandoned on the road.
As a mother it should have been a great day but instead,
she was put to death.
She couldn’t even say hello to him let alone goodbye.
Luckily for the little one, Traffic Police rescued him.
Whilst he will start a new life,
his mother died a slow and painful death.

これが、毎年、何百万頭もの動物たちの身に起こる、日常

あなたに、この日常を変える力がある


This is the reality for billions of animals per year.
You have the power to change reality.


(英文を、私なりに訳させて頂きました)


まずは、知ること、そして、感謝すること。

それだけで、世界は大きく違ってくると信じています。

私たちの生活が、どれほどの命の犠牲の上に成り立っているのか …

目隠しせず、耳を塞がず、口をつむがないで。
by yayoitt | 2014-08-23 00:35 | 愛する動物のこと | Comments(4)
Commented by coco at 2014-08-24 21:26 x
ひぇ~、辛すぎる。

今までやっこちゃんに色々な写真を見せて貰ったけれど、
この写真を見て初めて、ヴェジタリアンになろうかと思いました。
でも、実際は難しい。
でも何かをしなければ。
出来る事はほんの少しのことかもしれないけれど、
まず、肉を食べない日を作ろう。
Commented by yayoitt at 2014-08-25 02:53
Cocoさん

これは、本当に辛すぎますよね。
しかも、これが日常だという …。

Cocoさん。
ベジタリアン、と線でくくらなくても、良いと思うのです。
そう、休肝日、のように、休肉日があっても良い。
身体の為にも、動物性たんぱく質を減らす生活へと、変えていくとか
そんなことでも、良いのですよね。
自分の心の傷に、納得という薬をつける為にも、
できることを、本当に、したら、良いのだと、思います。
ベジタリアン、ヴィーガンと、線を引いたら、しんどいです。

そんな風に言って下さったCocoさんを、心から尊敬します。

ありがとうございます、由喜さん。

実は同僚も2人、ごく最近に、乳牛産業の現実を知って、
1人はベジタリアンに、1人はヴィーガンになったんですよ。

心が動かされて、行動することだから、辛くないんですよね。
Commented by katcat2121 at 2014-08-25 10:45
多くの犠牲の上に成り立っているわけで その事実は変わらないと、思うけど
せめて 逝かねばらないものたちへ 感謝をする気持ちをもち続けたいです

ありがとう
Commented by yayoitt at 2014-08-26 04:17
katcat2121 さん

仰る通りだと思います。
せめて、感謝をすること、感謝ができるということは、その犠牲が
何処から来ているのか、知っている、ということ、そして感じている、
ということ …

そして、感謝をしたら、無駄にしたり、不必要に購入したり
しなくなりますよね。

とても大切な、第一歩だと思います。

こちらこそ、読んで下さり、コメント、ありがとうございます。
<< 捨てるときに、必ず意見を請う夫 ちょっとお疲れ、週も終わりに近... >>