革(レザー)を考える時 …
 
 革(レザー)は …

 牛、ブタ、ヤギ、羊、アリゲーターのような爬虫類、ダチョウ、カンガルー、
 または、犬や猫から来ている

 これらの動物たちは、中国で、肉の為に屠殺されたものたちである

 そして、その皮が、革製品の為に世界中に輸出されているのである

 革(レザー)製品は通常、標識(ラベル)がないために、
 それが何処から来ているのか、消費者の私たちにはわからないのである
c0027188_515162.jpg

 革(レザー)のほとんどは、中国とインドなどの発展途上の国から来ている

 この国々には、動物に対する法律は 存在しない か 強調されていない 

 インドで PETA の調査員が目撃した事 …

 屠殺所まで100㌔もの道を歩かせられる牛たちが、疲労から倒れたりするのを、
 シッポをへし折り、目に唐辛子やタバコを塗りつけて無理やりに歩かせた
c0027188_5155681.jpg

 合衆国では …

 その皮(革)の為に屠殺される何百万頭もの牛たちの多くが、
 飼育工場で暮らす間、さまざまの恐怖に耐えている

 それは — 

 過剰に密集した場所での生活であり、また、さまざまな 剥奪 である

 剥奪 は、去勢、焼印(烙印)、 シッポの切り落とし、そして 角の切り落とし
 が含まれるが、そのすべては、鎮痛剤なしで行われる
 
 また、屠殺所では、動物たちは喉を切り裂かれ、
 ときに、まだ意識がある動物の皮を剥いだり、身体を切断したりするのである
c0027188_5164444.jpg

 革(レザー)製品を購入するということは …

 こういう飼育工場や屠殺所へ、直接に貢献することとなるのである

 なぜなら、皮(革)は、食肉産業において、最も経済的に重要な副産物であり
 また、革(レザー)は、環境の友でもない

 その理由は、製革(なめし)に使用される毒物も含めて
 食肉産業が引き起こす環境破壊に深く関わっているからである



英文を私なりに訳させて頂きました

本文は こちら です

その革製品は …

決して、幸せに死んで行った動物たちから来ているのではないこと …

無駄にせず、無闇に買わず

今、手元にある革製品を、大切に感謝して使わせて頂きたい

と、そう思う

by yayoitt | 2014-02-18 03:54 | 愛する動物のこと | Comments(4)
Commented at 2014-02-20 12:33 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by yayoitt at 2014-02-21 03:42
鍵コメ at 2014-02-20 12:33 さん

まずは、鍵コメさんのように、知っていること …。
そして、自分はどう感じて、どう選択するのかを、ちゃんと、考える
こと、それが、とても大切なことなのだと思います。

他人に、伝えることはできても、こればかりは、強制はできないこと。
知ってもらうことで、その人が、また、その人の選択をしてくれたら
それが、どんどん広がって、少しでも、動物に優しい地球に
未来になるのだろうと、信じます。

鍵コメさん。
本当に、どうも、ありがとうね!!
Commented by snow3grandma at 2014-02-21 23:31
最近は、皮製品や毛皮のついた商品を
買う事を極力やめようと
思うようになりました。

して、こういう話を娘や孫に伝えています。

これからは、すこしづつ実践。
Commented by yayoitt at 2014-02-22 04:32
snow3grandma さん

とても、素晴らしいことだと、思います。
現実を、事実を知るとき、そして、何かを感じ、そこで、自分が
どう行動するのか、どう選択するのか …
それは個人の選択であり、同時に、とても、とても大切なことでも
あるのですよね。

本当に、嬉しいコメントを、ありがとうございます。

すべての(動物から来る製品、食品)が、元々、どういう形(命)
であったかを子供たちに伝えることの、大切さも … 感じます。

ありがとうございます!!
<< 心を鬼にして、首を折ることなん... Willow と レオンの共通点 >>