子供のトラ? それとも ブタの切り身肉??
 カリフォルニアの動物園での出来事

 一頭の母トラが、珍しい三つ子の、子供を産んだ

 不幸なことに、妊娠中の合併症の為、未熟児で生まれてきた子供たち
 あまりに小さ過ぎて、生まれてすぐに3頭とも亡くなってしまった

 出産後の母トラは …
 身体的には問題は何もないものの、見る見るうちに、衰え始めたのである

 獣医師は、彼女が仔トラを亡くしたことによって意気消沈しているのだろうと感じた
 そして、他のトラの子供の代理母になれれば、調子が良くなるだろうと思った

 国内の色々な動物園に尋ねてみた
 しかし、母トラに預けられる、適当な年齢の子供のトラがいる動物園はなかった

 そこで、獣医師は、どんな動物園でもまだ、試したことがないことに挑もうと決めた
 
  ときに、母親は、違う種の子供を育てるではないか ...

 早急に見つけることができた子供たちは … 
 乳離れしたばかりの仔豚たちだった

 動物園の従業員と獣医師たちは、仔豚たちを、トラの皮で包み …
 母トラの傍に、寝かしてみたのだった
c0027188_4132855.jpg

  仔トラになれるか? 切り身の豚肉になってしまうか??

 さぁ … 写真で、見てみよう
c0027188_4135252.jpg

c0027188_4141125.jpg

 私たち人間たちも、どうして、こんな風に行動できないのだろうか??

c0027188_4142853.jpg


(英文を、私なりに訳させて頂きました)


In a zoo in California , a mother tiger gave birth
to a rare set of triplet tiger cubs.

Unfortunately,
Due to complications in the pregnancy,
the cubs were born prematurely
and due to their tiny size,
they died shortly after birth.

The mother tiger after recovering from the delivery,
suddenly started to decline in health,
Although physically she was fine.

The veterinarians felt that the loss of her litter
had caused the tigress to fall into a depression.
The doctors decided
that if the tigress could surrogate
another mother's cubs,
perhaps she would improve.

After checking with many other zoos across the country,
the depressing news was that there were no tiger cubs
of the right age to introduce to the mourning mother..

The veterinarians decided to try something
that had never been tried in a zoo environment.
Sometimes a mother of one species
will take on the care of a different species..

The only orphans' that could be found quickly,
were a litter of weanling pigs.
The zoo keepers and vets
wrapped the piglets in tiger skin
and placed the babies around the mother tiger...
Would they become cubs or pork chops?

Take a look...you won't believe your eyes

Now, please tell me one more time ..
Why can't the rest of the world get along?
by yayoitt | 2014-02-11 03:35 | 愛する動物のこと | Comments(8)
Commented by hanahana at 2014-02-13 06:10 x
お母さんトラの事を考えると胸が痛みますが
幸せそうなママと子供達。素敵ですね。人間にも
きっと出来ると思いたいです。
Commented by ダンとカノコの母 at 2014-02-13 20:28 x
私も、全く同感です。
我が家でも昨年11月におそらく産まれて、即、遺棄
されたと思われる黒猫3匹を保護しましたが、おす犬
のタイ4才が黒猫達の育児を手伝ってくれました。
排泄を促して、抱き抱え暖めてあげ、体をなめてあげ、本当に大助かりでした。
残念ながら、一番小さかった80グラムの仔だけ育ちませんでしたが、今では2匹とも2キロを超え、
いたずらをして私に怒られるとタイのところへ
逃げていきます。親だと思っているみたいです。
我が子を虐待する人間に、あのタイのチビ猫を見る
優しい目を見せたいと思ってしまいます。

Commented by yayoitt at 2014-02-14 05:43
Hanahanaさん

母性なのですよね。
生まれたばかりの、または、おなかにいる間に子供を失って
嘆き悲しむのは、人も動物の母親も同じなんですよね。

人間も、種を超えて、異種を受け入れられる 心 を持てたら …

私も、心から願います。

ありがとうね!!
Commented by yayoitt at 2014-02-14 05:51
ダンとカノコの母さん

なんと、黒猫3猫ちゃんを保護されていたのですね。
そして、オスの犬のタイが手伝って … あああ、なんて素晴らしい
話(現実の)なのでしょう!! 人間だと、自分の子供であっても
ほとんど育児に首を突っ込まない男の人も多いのに …。

愛するタイ、そして、愛する小タイニャン(ふふふ)たち …。
とても愛おしい、命たちですね。
虹の橋を渡った小さかった小タイニャンも、短い時間でも
とっても幸せだったに違いありませんね。

素晴らしい体験話を、共有して下さり、ありがとうございます。
もしも良かったら、彼らの成長の様子、また、教えて下さいね。
心から応援しています!!
Commented by snow3grandma at 2014-02-16 17:41
トラ柄の子ブタがなんとも可愛いこと(≧▽≦)
母性の強い母トラなのですね。
育児放棄してしまうものも、
その反対も…、動物の世界も奥深いです。

うちのニャンコも、目が開いたら、
grandmaが母で、ワンコが兄弟だったもので、
人間のような犬のような猫です。

この子ブタちゃんはどう成長するのかしら。
Commented by yayoitt at 2014-02-17 07:36
snow3grandma さん

本当に、母性って、凄いなぁ、偉大だなぁって思います。
動物の世界、ときに、人間の頭では、とうてい、考えられないような
奥深さを、見せられますよね。

ニャンちゃんは、そうなのですか!
犬と猫とが共に暮らす生活、実は、私の 夢 なのです。
いつか、犬と猫、一緒に生活、できたらなぁ … と。

きっと、ある程度、子ブタちゃんが大きくなったら、離すのでしょうね。
だけど、子ブタちゃんたちが、食用になってしまったりしたら …
正直、複雑な思いです。

ありがとうございます!!
Commented by Sirius at 2014-04-21 15:49 x
すみません、すごく気になってるのですが、
子豚たちが来ている毛皮って、亡くなった三匹の子どもの虎の毛皮ですか?  それにしては量が多いような気がして……
でも、ヤッコさんはそこまでご存じないですよね?
すみません、せっかくいい話なのに、
気になってしまって……。
Commented by yayoitt at 2014-04-22 04:13
Siriusさん

実は、私も あれ? これは … と思ったのです。
仰る通り、私もそこまでは、知らなくて、また英文の記事でも
そこまで記載がなかったのですが …

一体、どうしたんだろう??

と思っているのは確かなのです。

お答えができなくて、ごめんなさいね。
<< あああ~ … 嗅ぎたいっっ 大切な君の為を想っての、寂しい決断 >>