お肉を食べるということの、考えを変える9つの写真
 PETA の お肉を食べるということの考えを変える16の写真

から …

16枚の写真から、9枚を選択したのは …

すでに、そのうちの7枚を こちら で紹介したためです。



 それは … この子牛が、不衛生で、ハエのたかる子牛肉クレートにいるからで
c0027188_3382855.jpg


 それは … このヤギは、いま、まさに殺されようとしているからで
c0027188_33978.jpg


 それは … このカモたち、フォアグラ工場から救出され、肝臓が必要だからで
c0027188_34126100.jpg


 それは … この牛は、屠殺所に向う途中で炎上したトラックから救出されて
c0027188_3415623.jpg


 それは … この牛は、それほど幸運ではなくて
c0027188_3423971.jpg


 それは … このニワトリは、痛み止め無しで、口ばしを火で焼かれたからで
c0027188_3434121.jpg


 それは … この雄ニワトリが、ハリケーンカトリーナで崩壊して火事になった
      工場から救出されたので
c0027188_345037.jpg


 それは … このブタは、たった今、屠殺所に到着したのであって
c0027188_3455044.jpg


 それは … 生まれたばかりでの、ハエのたかったオスの子牛が死んだのだ

c0027188_3493828.jpg

      
 (英文を、私なりに訳させて頂きました)
 

 一瞬を捉えた写真が、多くを物語ることもあります。

 その一瞬だから、より多くを語ることもあります。

 お肉や牛乳を頂くことを、止めよう と伝えたいのではありません。

 スーパーで見かける、すでに 肉 牛乳 となった動物たち。

 それは、命であったのだということを …

 決して、忘れないでいたいと、思うのです。

 感謝して、無駄にしないで、頂きたいと …

 最後まで読んでくださり、ありがとうございます。






 
by yayoitt | 2014-01-02 03:00 | 愛する動物のこと | Comments(4)
Commented by 風つわぶき at 2014-01-03 21:41 x
yayoittさん

わたし、何とも言えません。。。。。。。

ただ、
わたしは日本に住んでいますから、
生の鮮魚を、しかも格安で、口にすることができる、恵まれた海のそばに住んでいますから。

しかし、魚の悲鳴を聞いた事があるかも、、、しれません。。

よくぞ、訳してくださいました。ありがとう。




Commented by ブルドッグ大好き~♪ at 2014-01-04 03:17 x
命を食べて、命を保っているのですから、
食事は、絶対に残さず食べています。
子供達にも、そう教えながら、育てました。

犬の世界に入り、子犬の値段を上げる為の、ドッグショー出陳と知りました。
「私は、ブルドッグが大好き~♪」
その初心を忘れず、過ごしています。
「お金の為なら、何をしても良い。」
そんな、ドッグショーに、見えて悲しいです。。。
健全な血統を残し、飼い主が愛犬と、楽しく過ごす為の、
ドッグショーだと、思っていたのに。。。
Commented by yayoitt at 2014-01-04 06:16
風つわぶきさん

きっと、とっても正直な、お言葉と想像します。
風つわぶきさん、その、言葉から、伝わる思いが、あります。
本当に、本当に、ありがとうございます。

先進国に暮らし、自分で狩をしたり、漁をしたりするわけでもなく
スーパーから、手軽に何でも手に入る生活をしている私達 …
そこには、消費者の私達には決して見えてこない、命の犠牲が
あるということを、知り、感じ、そして感謝することは
何よりも、とても大切なことだと、思います。

止(や)めなくても、人々が、知る、ということだけで、
その命に対する犠牲はきっと、ぐっと小さくなるものと、信じています。

読んで頂き、辛いけれど、見て頂き、本当に、ありがとうございます。
Commented by yayoitt at 2014-01-04 06:22
ブルドッグ大好き~♪ さん

それこそが、何よりも、大切なのだと、思っています。
頂いているものが … 命であること。
人のそれと何の変わりもない、命であること。

大量生産、消費社会に暮らす私達が犠牲にする命は、無数ですよね。
そこには、生きる為に必要ではない、命の犠牲もあります。
それは、もしかしたら … 
一緒に暮らすペットのことも、そうだと言えると思います。
人の (ある意味)娯楽 の為に、ペットショップなどで犠牲に
なる命、お金で買われて、保健所に持ち込まれる命 … 。

ブルドッグ大好き~♪ さんが、最初に仰った言葉を忘れられません。
ブリーダーではあっても、その1犬1犬の幸せを第一に考えて、
なかなか手放すことができない … 私の同僚のキャバリアの
ブリーダーも、同じです。

そういうブリーダーさんだけが存在してもらいたいです。
(正直に言うと …)

そこに、お金の為 … 欲の為 …

そういう 人間だけが持つ生臭さ が見え隠れすると、それはもう、
命の犠牲としか、言えなくなりますよね。

とても興味深いコメントを、ありがとうございます。 
<< やっこ、2014年、最初の鼻歌 一緒に迎えられる新年に >>