ここに存在するべく、すべての権利
c0027188_4141211.jpg


 動物には 幾(いく)らかの権利 がある

 けれど

 彼らには

 この場所に存在するべく すべての権利 がある



人間が、それを奪う権利はなく

人間から、それらを奪われるべきではない
by yayoitt | 2013-10-24 03:29 | 愛する動物のこと | Comments(2)
Commented by タンタン at 2013-11-07 18:11 x
やっこさん♪私も同じことを思います。

家の軒にツバメの巣を作られて、
嫌がるひとと、めでたいと喜ぶひとがいますよね。
下が糞で汚れるし、親鳥がシャッシャ通るけど、
私的には、暖かく子ツバメの巣立ちを見守るひとたちと
友達になりたいです〜(笑)

少子化の進む日本では、人間の子どもより
ペットの頭数の方が上回りました〜(笑)
人間さまがアノ動物はよし、コレはダメと決めてますが、
何の権利があって制限するのよ〜と常々思います。

ゴールデン・レトリバーの娘たちと暮らすようになって
大阪の山の方へ引っ越しました♪
だってノーリードで走り回らせたたいですもんね。
イノシシに襲われてギャーってなったときには
まあ、仕方ないかな〜(笑)

スコットランドは同じ島国なのに、
動物にまだおおらかなようで
うらやましいです!
ぜひ、行ってみたい!!

Commented by yayoitt at 2013-11-08 04:57
タンタンさん

日本のツバメの巣に関しては、とても色々な受け取り方がありますね。
私も、年に一度帰る日本で、胸を痛めたり、とても温かい対応に
心が温められたりしています。

玄関の内側にかけられた巣、朝から夜まで、玄関のドアを少し開けて
親鳥がエサを運べるようにしていたおうちを見た時は、とても感動
しました。

人はまるで、自分達だけが、この地球に暮らしているかのように
毎日の暮らしを営んでいますよね。クマだって同じ日本に住んでるのに
そう、イノシシだって ...、高速道路を作る為に木々を倒したら、
どれほどの野生動物が瀕死においやられることか …
人は、考えないのでしょうね。

愛するレトリバーたちとの山での暮らし、きっと、とても素晴らしくて
楽しいものでしょうね。

英国は、きっと、大昔に人間が絶滅させた熊たちとかのことを
今になって、とても悔やんでいるんだと思います。

タンタンさん。
ご案内しますから、いらして下さいよ~~~。
お待ちしておりますよ。 うふふ
<< 続いていますっっ 続けていきますっっ 梯子(はしご)を飾りたい >>