薫り高き高価なコーヒーの裏側で …
シベットキャット(ジャコウネコ)

c0027188_4375583.jpg

多くのシベットキャット

インドネシア、フィリピンの農夫たちによって

小さく不潔で汚れたケイジに閉じ込められ …

皮膚の感染症に苦しみ …

生きている。

世界で最も高価なコーヒーを送り出す為に …。
c0027188_4382352.jpg

シベットキャットは、熟したコーヒー種子(粒)を必要な食材として食べる

そのフンを、地元の農夫が集めて、綺麗に洗い、炒るのである

そうして売られるコーヒーは …
c0027188_44559.jpg

深みのある、とろけるような香り、ユニークで酸味のない甘いコーヒーとうたわれる。
c0027188_4384790.jpg

狭く汚いケージに入れられ、コーヒー種子を食べ続けるシベットキャット ...

彼らは、ひどいストレスにより、歩き回り、くるくる回り、頭を振っている。

つまり、野生の動物が示す 狂ってしまった状態 に陥っているのだ。

コーヒー果実ばかりを食べさせられる為、その他の必要なビタミンなどが欠乏する。
c0027188_4392398.jpg

このコーヒーを農夫たちは 野生のシベットキャットから採取したとして売っている。

そんな珍しいコーヒーであるからと、そのコーヒーは高額で世界に売られている。

とくに、アメリカ、日本で、人気を誇っている。
c0027188_439541.jpg

Sari Makmur という会社の Wahana Luwak というコーヒーなどである。

会社は、シベットキャットを閉じ込めてコーヒーを炒る事実を否定しているが …

BBC のレポートでは、明らかな動物虐待がカメラにおさめられている。

ロンドンの高級デパート、ハロッズでも、そのコーヒーが売られている。

1キロ、£300(4万5千円)にもなる。
c0027188_4401363.jpg

しかし ...

その高額の裏には、何年間も悲しい苦しい辛い状況を強要された野生動物がいる。

野生では …

シベットキャットは、頻繁に木に登ってコーヒー果実を見つける。
c0027188_4403561.jpg

しかし、ケージの中では、生きるに必要な量をはるかに超えた果実を食べさせられる。
by yayoitt | 2013-10-04 03:05 | 愛する動物のこと | Comments(8)
Commented by hanahana at 2013-10-06 06:53 x
シェアありがとうございます。何も知らずにいる事が悲しいですよね。
消費者として買う時に、作られた正しい背景を知りたいです。
虚偽ではなく。その上で買うかどうか決めたいですね。
自然にと願うのは甘いのでしょうか?
Commented by dutelovecat at 2013-10-06 09:38
「こんなコーヒーいらない!」と誰もが思うはず、この事実を知れば、見れば。思うだけで無く、その続き延長線で「いらない!!」と声に出す事が出来れば、現状はその周りから少しずつ変わって来るはず。いらない!もそうだけど買わないもそうで、アクションが必要だよねひとり一人の。
そんな勇気誰もが本来は持っているはず!なのだけど。人間としての地球での在り方考えるよね。
Commented by petal at 2013-10-06 19:30 x
コピルアク、名前を聞いたことしかないけれど・・・このコーヒーが好きで買う人にはこのような現実を伝える必要があるような気がします。好きなものでも、知った後には買わないという判断ができますから。
 やっこさんのブログをみてから、毛皮類は買わないことにしました!もちろんコートなんか買おうとは思わないけれど、小さなマフラーくらいならいいかなと思って買っちゃったことがあるんです・・・。日本ではこれからの季節デパートでファー商品が増えるでしょうが、確かにスコットランドの売り場では見かけませんでした!多くの人が知ることで「常識」になっていくといいですね。
Commented by yayoitt at 2013-10-07 04:41
Hanahanaさん

いつも、本当に、ありがとうございます。

まさか、コーヒー豆の為に、そんな風な辛い毎日を送る動物、
野生動物がいたなんて、まったく、私も知りませんでした。

こういう情報が得られる現代に、感謝ですよね。
それでこそ、私たちが 選択 できるのだから …。

自然にと、きっと人は盲目になって真実を知ろうとしないかも知れない。
気持ちよく消費する為に、できることなら、苦しむ動物がいないことを
願うから … けれどきっと、自然に、野生に ... となると、
大量消費なんかはできないはずなのですよね。

人間の欲深さによる、彼ら野生動物は、大きな犠牲になってますよね。

Commented by yayoitt at 2013-10-07 04:44
しづちゃん

すべての人々が、そういう事実を知った時に、選択として、そんな
ものは買いたくない … って思うことを願うよ。

そう、自分の選択だけではなくて、声を出して、もう一歩、歩み出て
くれたなら、もっと声は広がるものね!

一人が、行動し、誰か一人に伝えるだけで、その声は倍になるよね。

しづちゃん。
啓蒙の大切さをひしひしと感じるよ。
生きていく限り、その 声 を嗄らさないでいきたいよ。

本当に、ありがごうね!!
Commented by yayoitt at 2013-10-07 04:49
petal さん

このコーヒーの名前を聞いたことが、おありなんですね。
やっぱり、日本で人気があるだけ、ありますよね。

本当に、この事実を、伝えたいですね。
知ったらきっと、そのコーヒーを今まで通り、美味しく飲めなくなる
のではないかと、そう、信じます。

知ることが、すべての最初の一歩なのですよね。

欧米では、大きく扱われなくなった毛皮類、日本ではまだまだ、
色々な形で消費物に使われていますよね。

スコットランドなどだと、本物の毛皮を着た人が、パブで酔っ払った
おじさんから、罵声を受けた … という話を聞いたことがあります。
モラルの違いを、しみじみと、感じさせられますよね。

… 多くの人が知ることで 常識 になっていくと良い

まったくに、仰るとおりです!
日本も、確実に、変わってきていますよね。
アクセサリーやキーホルダー、置物にもリアルファーが
使われている日本だけれど、数年のうちに、きっと、個人の消費者が
あえて、それを買わなくなる日が来ると信じています。

いつも、真正面から向き合ってくださり、本当に嬉しいです。
ありがとうございます!!
Commented at 2013-10-07 08:40 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by yayoitt at 2013-10-08 05:57
鍵コメ at 2013-10-07 08:40 さん

本当に、欲、お金の為に、人間は、どうして、こんなに残酷で
醜い行為を、またしても、繰り返すのでしょうね …。

フォアグラは、あまりにも酷すぎますね。
なのに、いかにも、高級料理として、人々が注文し、それに舌鼓を
打つというのが、不気味で恐ろしくてなりませんよね。

そうですね、今の情報時代だからこそ、こういう、今までは入って
来なかった現実、事実が、わかるようになったのは、ありがたいです。

消費するなら、せめて、頂くものの責任として、それが、どこから
どんな風にどうやって、来るのかを、知るべきであるのですよね。

本当に、真正面から向き合って下さることを、感謝します。
どうも、ありがとうございます!
<< ワンコ談デート 見過ごされてしまう猫 >>