森の中の、放置された家屋に …
フィンランド人のカメラマン(Kai Fagerström)による写真たち

 森の中の、ある空き家
c0027188_4343391.jpg

主人が火事で亡くなってから、放って置かれている避暑家。

その空き家に …
c0027188_4332048.jpg

集まり、暮らす生き物たちが … 
c0027188_434029.jpg

いた。
c0027188_4345216.jpg
c0027188_435239.jpg
c0027188_4351283.jpg
c0027188_4352012.jpg
c0027188_435339.jpg
c0027188_4354418.jpg
c0027188_4355448.jpg

カメラマンの彼は、こう言う。
c0027188_436697.jpg

 野生がどんな風に、その空間を取り戻していくのか

 それを見るのは、とても興味深いことだ 

 もともと 人間が野生から、貸してもらっているだけのものだからね
 
c0027188_4364038.jpg
c0027188_436535.jpg
c0027188_437536.jpg
c0027188_4371883.jpg
c0027188_4373317.jpg
c0027188_4374975.jpg
c0027188_438134.jpg

c0027188_4391391.jpg

The House in the Woods より
by yayoitt | 2013-08-31 04:15 | 愛する動物のこと | Comments(12)
Commented by なるみ at 2013-09-02 05:53 x
すんごい、いいっっ!!
そうだね、私たちが自然から借りてるんだもんね。
それにしても、素敵な写真たちだ♡
Commented by タンタン at 2013-09-02 19:03 x
弥生さん、はじめまして♪
私の叔父がアメリカに住むスコットランド人でして、
いつか大好きなおじさんの故郷を訪ねたいと思い、
こちらのブログにたどり着きました。
どの記事も印象深くて、素晴らしいです。

いつか、弥生さんとご主人のお宿に
ゴールデンレトリバーの娘たちと一緒に
泊まりに行きたいな〜。

Commented by hanahana at 2013-09-02 19:25 x
素敵な写真ですね。自然に色んな命が共生するって憧れます。
シェアありがとうございます。
ウッキーは薬の鎮静剤のせいで、発作後以外はなきません。声が
無くなりました。でも笑っていてくれるから良いと言い聞かせています。
Commented by kworca at 2013-09-02 22:10 x
「野生がどんな風に、その空間を取り戻していくのか…」
私も先週末、その様子を目の当たりにしてきたけど、
この風景のように優しいものではなかったんで、ただ切なくなってしまったよ。

「人間が野生から、貸してもらっているだけのもの」
ほんとその通りなんだけど、それを分かってる人間は思ったよりも少ないものだから、日本をはじめ世界各地の現在の状態があるんだろうね。
Commented by chocorachocora at 2013-09-02 22:42
すごいね☆
童話の世界が実在しているね。
動物たちの話し声が聞こえるよう・・・

ワンコは仲間に入れてもらいたいのかな?
こんな時は、動物に姿を変えて家の中探検したいよね。
Commented by yayoitt at 2013-09-03 04:37
なるみちゃん

とっても、素晴らしいよね。
これね、写真集になって、英国を含むヨーロッパの国で
手に入れることもできるらしいよ。

自然から、私たちは土地を借りているのだ … という厳かな
気持ちで、いつもいたいなぁって、思うよ。
だって、その通りだものね。

ありがとうね、なるみちゃんっっ!!
Commented by yayoitt at 2013-09-03 04:42
タンタン さん

はじめまして!
メッセージを、本当に、ありがとうございます。
とても、とても嬉しいです!!

叔父様は、スコットランド人でアメリカにお住まいなのですね!
海外に住むスコットランド人は、スコットランドに住むスコットランド人
よりも、スコットランド人としての誇りや意識をとても強く持って
いらっしゃる方々が多いのだ、と聞いたことがあります。

叔父様も、そんなスコットランド系アメリカ人、なのかと想像しています。

是非とも、スコットランドにいらしてください!!
その時は、是非ともご連絡ください! ふふふ
そして、是非、スコットランドは北へ、北へ、旅をして頂きたいと
心の底から思うのです。スコットランドの北は、素晴らしいです。
本当に、美しいです。

今は、宿をお休みしていますが …。
いつの日か、機会があれば、タンタンさんと、そして、タンタンさんの
愛するゴールデンレトリバー(スコットランドの犬ですね!!)たちと
お会いできたら … と願います。

本当に、ありがとうございます!! 
Commented by yayoitt at 2013-09-03 04:46
hanahana さん

いつも、本当に、ありがとうございます!!

ね、ね、素晴らしいですよね。
… 自然に色んな命が共生する
本当に、そうなんですよね。そこに、人間も交われたら … ね。

ウッキーは、以前と比べての変化は、どうしてもあるとは思いますが
けれども、ウッキーなりに、穏やかで落ち着いていて、幸せな
時間を過ごしているんだと思いますよ。

本当に、愛されている命は、幸せだよね。
幸せ、ウッキー。
あなたの一瞬一瞬のこの時間が、やさしく流れますことを …。

ありがとう! 
Commented by yayoitt at 2013-09-03 04:54
桂子っちん

あの、ダムの底に沈んでしまう場所のことだよね。
エゾシカとかも、タヌキとか、キツネとか、まだ猫たちもいるかも
知れないのに、虫たちも、放水が始まってからでは、逃げ切れるか
どうか …

切ないなぁ。

考えると、想像すると、胸が痛むよ。

きっとね、そういう風に理解している人間は、実に少数なのかもね。
いや、多くの人々がそう思ってはいても、国単位とか、街単位、
または自治体単位とか、人が集まる所では、そういう 当たり前の考え
というのは、人間の都合の為に、かき消されてしまうのかも知れない。

高速ができて、便利なのもわかる。
けれど、その 便利 の為に、永久に失うものの大きさは …
計り知れないよね。

ありがとうね、桂子っちん。
Commented by yayoitt at 2013-09-03 04:59
Maama

ね、ね、そうそう、本当に、イソップの童話の中のようだよね!

なんて、素晴らしい写真たちなのだろうね。
彼らはきっと、静かに、他の生を邪魔することなく、丁寧に、その場所
を利用して、厳かに歩き回り、決して、欲張ったりなんかせずに
他の生と共生しているのだろうね。

うんうん、こそこそって、声が聞こえるようだね。

ふふふ

この、中垣になって仕方がないワンコはぁ …

きっと、親切な飼い主さんの判断で、ちょっと外を探検しただけで
家に戻って行ったのでは … と、思ったりするよ。

うんうん、この家の中を、トムとジェリーのジェリーのようになって
ちょろちょろと、探検、してみたいね!!

ありがとうね、Maamaっっ。
Commented by ゆた。 at 2013-09-03 15:12 x
せっかく、たのしく、自由に、のびのびと暮らしていたのに。

なにかを持った人間がやってきたよ。

息をひそめて、ウチのなか、あちこち、静かに静かに探ってる。

窓から覗いてる犬は、人間がつれてきたのかな。

コワイな。

でも、コワイって考えると、めざとく吠えられるかもしれない。

あーあ、はやく、いっちまわないかな~。

隠れてないで、人間の用事につきあってあげたら?

はやく帰ってくれるかな~。

・・・・・・なんて、ささやきあって、
かれら、かのじょらは、
その姿、写真家にうつさせてくれたのかな(笑)
Commented by yayoitt at 2013-09-04 05:39
ゆた。さん

まるで …

童話を読んでいるような気持ちになりました。

… 隠れてないで、人間の用事につきあってあげたら?
という部分で、思わず噴出した私です。

ふふふ

想像って、素晴らしいですよね。
なんて、楽しい!

そういう 囁き声 が、この映像から、確かに聞こえてきそうです!!

ゆた。さん、ありがとうございます。 ふふふ
<< 愛おしい子の足跡(paw pr... スリーピングビューティー(ズ) >>