救出された酪農動物の ビフォー アフター (その1)
 以前の ヴェルマ 

  田舎の道路で、見つけられ、ニューヨークのシェルターに保護された
c0027188_440549.jpg

  その後の ヴェルマ

  とっても元気で、何にでも興味を持つ明るい性格
c0027188_4421089.jpg


 以前の スージー

  餓死されそうになっていたところを、保護された
c0027188_4441272.jpg
 
  その後の スージー

  他のヤギたちと、ヤギのジャングルジムで元気に過ごしている
c0027188_4452816.jpg


 以前の ライリー

  ニューヨークの酪農動物オークションで保護された

  立つこともできないほどに、弱っている
c0027188_446738.jpg

  その後の ライリー

  病気によって、今も少し頭が傾いているが、とても遊び好きな子豚だ
c0027188_4475728.jpg


 以前の オピー

  乳牛農夫から見捨てられて、手当ても受けず死ぬまで放って置かれた
c0027188_5103018.jpg

  その後の オピー

  保護されたサンクチュアリーで、牛の群れのトップとなり

  それから18年もの間を生きている
c0027188_4515649.jpg


 以前の ニッキーと仔豚たち
c0027188_511185.jpg

  2008年の大洪水で、何千頭ものブタが酪農家たちから放置された  

  ニッキーもそのうちの1頭で、自らの力で草むらで子供を産んだ

  レスキューが到着するまで、子供たちを守っていた
c0027188_513616.jpg

  その後の ニッキーと仔豚たち

  離れることができない、強い絆で結ばれ、元気に過ごしている


(英文を、私なりに訳させて頂きました)  
by yayoitt | 2013-08-28 04:38 | 愛する動物のこと | Comments(4)
Commented by chocorachocora at 2013-08-31 19:26
どの子も体が綺麗になって、健康になっただけではなく、満ち足りた目をしてるね。
たった1度の「生」を生きていけて良かった。

こういう子たちを見つけて助けている人たち、本当に大変だと思います。
私はこうやって「良かったね」しか言えないことが恥ずかしいな。

Commented by yayoitt at 2013-09-01 05:15
Maama

その通りだね、Maama!!

たった一度の生を、生きていけて、本当に、本当に良かった!!

ひとつの命を救うのって、とても容易いことじゃないと思う。
特に、いつ、どんな状況で、心の準備や、何も思いがけない時に
そういう 命 と出会うことがあるものだものね。

そんな時に、行動できるって、すごくパワフルで愛情に満ち溢れて
素晴らしいことだなぁって、尊敬するよ。

私たちが 良かった! って感じることが、でも、それは
この救われた命と、救った人とのことを、感じて、そして、賞賛する
ことだから、きっと、未来に繋がることでもある、って思うよ。

本当に、感じてくれて、ありがとう、だよ!! Maamaっっ。
Commented by なるみ at 2013-09-02 05:58 x
すごい!
あんな状態だった動物たちが(多分、人間のせいであんなにされたんだろうけど)元気になって、今も幸せに生きてるって、知るだけでも素晴らしいね☆ 教えてくれてありがとう、やよいさん!
Commented by yayoitt at 2013-09-03 03:14
なるみちゃん

凄いよね、こんな状態だった動物たちが …

人は、お金にならないってことになると、それが命であっても
ポイ捨て できる人が多いんだよね。

悲しいことだけれども …。

人道って何だろう?
心って? モラルって? って思うよ。

ありがとうね、なるみちゃん、第二段もあるからね!!
<< 恐怖の象徴、引っ搔き傷 牛のハッピースキップ >>