私たち、人間の為に … ニワトリのこと
 この写真のニワトリは、生まれて6週間の小鳥である。

 暗い棚の中で生まれ、母親の愛情も知らず …

 ニワトリとしての喜びなど、ひとつも味わうことのない42日間。

 食される肉となる為だけに生まれてきた命である。

c0027188_2335129.jpg


 ニワトリは、地球上で最も悲劇的な運命を背負った動物である。

 アメリカ合衆国では …

 年に、7億羽ものニワトリが、肉となる為に殺されている。

 そして、4億5千200羽ものメスのニワトリが、卵を産む為に生かされている。

 ニワトリの99%が …

 この世に生まれてきた瞬間から、殺されるまでの間を …

 完全に閉じ込められた状態で生きている。


 地球上、すべての動物の数より、肉の為に殺されるニワトリの数の方が上回る。

 そして、このニワトリたちを守る、救う法律は、実に稀少なのである。



(英文を、忠実に訳させて頂きました)


頂いて、生かされているからこそ …

この事実を憶えて、感じて、私たちは生活するべきなのでしょう
by yayoitt | 2013-07-10 04:02 | 愛する動物のこと | Comments(4)
Commented by hanahana at 2013-07-12 09:21 x
シェアありがとうございます。この数に愕然としました。
そうなんですね。何だろう、そこまでして
食べなくちゃ・生きなくちゃいけないのか
考えてしまいますよね。
ファーストフードには遠ざかりましたけど…私には
まだ何か出来るのかもしれません。考えさせられます。
ありがとうございます。
Commented by なるみ at 2013-07-13 00:43 x
そうか…よく考えてみると、そうだね。。一番かわいそうな動物。
大事な事を教えてくださってありがとうです。。
Commented by yayoitt at 2013-07-13 04:06
hanahana さん

いつも、真正面から向き合ってくださり、本当に、ありがとうございます。

こういう犠牲のもとに、現代社会の私たちの食生活が
成り立っていることを憶えて、感謝しなくてはなりませんよね …。

例えば、お肉なしの日を週に一度持つだけでも …
または、感謝して、無駄をせずに頂くだけでも …

こういう命の未来は、変わってくるのだろうと思います。
Commented by yayoitt at 2013-07-13 04:08
なるみちゃん

ニワトリって、卵の為のニワトリたちを思ってもそうだけれど
それは酷い状況で、生まれ、生き、殺される生涯なんだよね …。
私たち人間の為に犠牲になる彼らのことを覚え、
感謝するだけでも、彼らの未来はきっと、変わってくるのだろうって
そう、思います。

ありがとうね。
感じてくれて、知ってくれて …。
<< 照れ屋な母からの言葉 聖子ちゃんの歌 聞きまつがい >>