スコットランドの気温と体感温度
スコットランドに住み始めて、延べ13年の月日が経つ。

それなりに、色々なことに慣れてはいるけれど …

どうも、いまだ馴染めないのが 気候 である。

スコットランドは、年中通して 寒い …。

夫のマイケルと、いつも感じる気温差が5度はあると思っているけれど。

スコットランドに生まれて育ってきた彼と、それだけの差があるのが納得できる。

ここには 暑い夏 がない。

また、日本で一番に暑い時期の7月、8月は、ここでは寒い。

年間の最高気温でさえが、20度ちょっと越えるくらいの国である。

ここ数日、太陽が差して、気温が20度くらい。

私の経験から、絶対的に断固として言えるのは …

 スコットランド人は、気温ではなく太陽の光で服装を選ぶ

また

 20度という気温は、スコットランド人には、とても暑い

今日の人々の服装は …

サマードレス サンダル タンクトップ ショートパンツ 半袖 …。

影に入ると、私には肌寒く感じる気候でも、人々はアイスクリームを買い漁る。

この気温に対する感じ方は、10年以上暮らしても、馴染みはしない。

家の隣の川端に出ると …

同じフラットの住人の男性が、彼のボーダーコリーと日向ぼっこしていた。

彼も犬のボニーも、足を川に浸けて涼んでいる。

 むっちゃ さむっっ

と、その姿を見ただけで震える私。

 いったい …

 この温度差は、縮むことがあるのだろうか?


首を縮めて、溜め息つきながら、今日も考え込むのである。
by yayoitt | 2013-05-20 04:48 | スコットランドって... | Comments(8)
Commented by coco at 2013-05-22 11:35 x
確かに、体感温度というのは寒い国の人と、南国の人とは温度差があると思います。

タヒチの人たちが日本の5月に寒い、寒いと言っておられたのをテレビで見たことがあります。

私も昔、ロンドンで真夏に厚手のセーターを着て、驚かれたことがありました。
だって、夏服では震えるくらい寒かったです。

その昔、若い人はタンクトップ、お年寄りは冬のコートというのが街中で同時に見れましたから。
しかし、この頃はあまりこういう風景見かけません。
もっとも、真夏に英国に行く事が少なくなったこの頃です。
航空運賃が高くなるからです。と、ほ、ほ。

やっこちゃん、とにかく寒さに負けない子に育ちましょう。(爆)
Commented by chocorachocora at 2013-05-22 14:48
生まれ育った気候によって体感温度は確かに違うよね。
岡山育ちの私にとってきっとスコットランドはずっと寒いんだろうな。
そして、スコットランドの人たちは岡山の夏はまるでサウナのような感じかな?
今5月で、仕事場の温度計を見たら、32度(*゚Д゚*) もう岡山は夏のようよ。
脇汗ハンパないよー(-公- ;)

だから、スコットランドの人たちにとって太陽の光はとてもありがたい物なのかな?
Commented by HollyNoahDaisy at 2013-05-22 14:58 x
やっこさん、オレゴンも同じですよ。気温が75度を超えると、すぐに日本でいうところの<真夏>の服装。若い男性はタンクトップとトランクスみたいなパンツとか、女性のほうは肩丸出しの(超太っていても)ドレスや、胸が半分ぐらい見えるトップにカプリパンツとか。(って私あんまりファッションのこと知らなくて表現が乏しい) 足元は、サンダル、ぞうり、そしてみんなサングラス。そんな日でも私はなぜか長袖にスカーフです。湿度がないから汗もかかないの。でもその分風がさわやかで気持ちいいですね。

昔半年暮らしたハワイでは、冬(11-2月)にはお年寄りがコートを着ていましたよ。

でも、やっこさんは飛騨高山の、冬には雪がたくさん降る寒いところの出身ではなかったかしら?
Commented by yayoitt at 2013-05-23 05:04
coco さん

体感温度、その違いって、生まれ育った環境で、きっと、大きく
違うのでしょうね …。

… ロンドンで真夏に厚手のセーターを

エジンバラなら、普通な感じだけど、ロンドンは、もっと暖かいから
なのでしょうね。だけど、夏という自分の常識に、寒いってのは
やっぱり、辛いですよね!!

エジンバラでも、真夏の人々の格好はまちまちです。
スコットランド人は、真夏の格好、けれど、ヨーロッパ人や観光客は
マフラーしたり厚手のジャケットを着たり … 
地元の人かそうじゃないかがはっきりわかります。笑

確かに、真夏は、高いですもんね。
私は、7月中旬からの、あっつい、じめーな日本が、ものすごく
楽しみです。うっふっふ
母に、そんな、あっつい頃に帰ってくるなんて … って言われました。

くふふ 

贅肉、つけちゃおうかな。 もっともっと … 肉襦袢ですね。笑
Commented by yayoitt at 2013-05-23 05:14
Maama

岡山は、とっても過ごしやすい場所だろうなぁって想像するよ。

そうそう。
スコットランドの人たちは、湿度の高い暑さが、とてつもなく弱い!!
だから、太陽が照っていても、冷たいくらいの強い風が吹けば
彼らは、暑い~ でも、心地良い~ って感じるみたい。

ええええええええっっ 32度ってっっ

ここの、二倍だよ???

… 脇汗ハンパないよ

ぶぶぶぶぶっっ

私、白いシャツとか、腋の汗で汚れるから、着れないわぁ … 告白っっ

そうそう。
本当に、そう。
太陽の光線が、すべて。
気温は、二の次。

だから、日傘なんてありえないし、太陽が出たら、みんな、なるべく
肌を出して太陽を直接に肌にあてる!!! 

興味深いよね。 ふふふ 
Commented by yayoitt at 2013-05-23 05:26
由喜さん

オレゴンもそうですか…。
75度というと、摂氏で何度くらいですか?
って、調べてみました。 23.8度でした。

うわっっ、ここで23.8度だったら、熱中症とか続出しますよ!! 苦笑

・・・ 超太っていてもドレス!!!



そうなんですよね。
日本人の私たちには、湿度がないと、なんだか、暑い~って
思えなかったりしますよね。日本の夏と違うから。

確かに、気持ちは良いでしょうね!!

はぁ~~(羨ましいの溜め息)

飛騨の冬は、零下20度とかまでいくくらいに寒いので、家の中で
暖房をがんがんと使用するんです。だから、家の中とか、バスとか
暑いんですよ。外が寒い分、部屋の中、しかも、じんわりではなく、
人がいる所を集中的に、熱くするんです。

そんなところで生まれたり、育ったせいか、建物の中が、じんわりと
暖かいくらいだと、私は、寒くてならないんです。

多分、生後数ヶ月で決まる、汗腺の数との関係でしょうね。
Commented at 2013-05-24 05:18 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by yayoitt at 2013-05-26 05:49
鍵コメ at 2013-05-24 05:18 さん

えええ~、それはきっと、関係ないですよ~。
鍵コメさんは、体が、こちらの温度に適応化したんですよ!
私はまだ、修行が足らないのだと思います(笑)。
もっと10数年、積み重ねないと!! ぶふふっっ なれるかな …?

ダイエット、すごいですね!
とても感心します。誰でも、したい、したいって思っていて
実際に成功させる人って、そうはいないものですよね。
本当に、鍵コメさん、素晴らしいです。
是非とも、この夏こそ(今度こそ~~~)会いたいよおおおおお。

うふっっ
<< 京都だよっっ (ほぼ)全員集合~♪  リスの赤ちゃんを見つけた男性が … >>