リスの赤ちゃんを見つけた男性が …
ある男性が、庭仕事をしていた

庭にすえる土の入った袋の中から、彼が見つけたのは …

生まれたばかりのリスだった

大きな身体の、この男性 …

果たして、そのリスを、どうしたのだろうか?

 彼は、リスをジップと名付けた
c0027188_4282650.jpg

 1週間後のジップ
c0027188_4284054.jpg

 2週間後のジップ
c0027188_4285332.jpg

 3週間後のジップ
c0027188_429710.jpg

 生後4~5週のジップは、ずいぶんとリスらしくなってきた
c0027188_4292091.jpg

 6週を過ぎたジップは、とても健康なリスだ
c0027188_4293414.jpg

 ジップは、とても愉快なリスだ
c0027188_4294965.jpg

 ジップ、ラズベリーを欲しがる様子
c0027188_430525.jpg

 ジップは、とても立派なリスに成長した

c0027188_4345115.jpg

大きな身体の男性の手元に現れた、小さな小さな命だ


(英文を、私なりに訳させて頂きました)
by yayoitt | 2013-05-19 04:23 | 愛する動物のこと | Comments(14)
Commented by hanahana at 2013-05-21 11:15 x
可愛い子。きっとこの子もいつかは…
緑や木々が大好きな子になってほしいと願います。
Cocoさんも大阪の方なのですね(^w^)私もですよ。
乗り突っ込みは出来るように、なってました。
でも天然なので突っ込み所満載ですが(汗)
ウッキーは落ち着く注射を何度も使わなくては
眠らなかったそうで、お昼からは心配する程
眠っていたらしいです。足元が、いつも以上に
ひょこひょこしながらも彼らしく、いてくれます。
彼がいないと…ダメダメな私です。
Commented by chocorachocora at 2013-05-21 12:57
一生懸命生きる姿は可愛いね。

でも、この小さい生き物を見て、「りすだ」って分かったこと人すごい!
私はリス特有の大きな尻尾がないと絶対わからないよー
Commented by ポッキーママ at 2013-05-21 20:49 x
リスの赤ちゃんって、こんな小さくて、こんな格好なんですね~
見つけた時、私だったら、リスってわからないな~~
もちろん、最初はミルクで育てるんですよね~
犬用?スポイドか何かで?興味あるな~
産まれたばかりだから、彼が見つけたからこそ、
生きてるんだね
Commented by nailedit at 2013-05-21 23:09
私の元同僚は、黒電話機くらいの大きさにそだった亀を愛していました。
亀の体調に異変が起きたとき、普通の病院では視てもらえないと思い、最寄りの動物園に電話をして、亀の診察をしてくれる病院を尋ねたそうです。
もし、私がこの子を発見したら、これはなんですか?と 動物園に行ったかもです(笑)
この大きな手が撮る写真も、優しさに満ちていますね。
ジップ…名前もかわいい。君。よかったね。
Commented by 風つわぶき at 2013-05-21 23:40 x
うわ~~スゴイ!連続育児写真。。ていうか。
最初、無理に出てきたので育たないのではないか、とちょっとだけ予想したんですが、元気にお育ちになったんですね。よかった!
この男性を親として毎日、まとわりついておいでなのでしょうか。
その後が気になります(^^)
Commented by kworca at 2013-05-22 00:13 x
リスって赤ちゃんの時から毛が生えてるとばっかり思ってた!
よくこんなに幼い状態から育てられたよね。
それに他の人なら、忌み嫌われがちなネズミと勘違いしてそのまま放置される可能性もあっただろうに、ほんと良かったねぇ〜
Commented by yayoitt at 2013-05-22 05:12
hanahana さん

その後、このリスが、野生に帰ったのかどうかがわからないままですが
この男性のことなので、きっと、このリスに一番、適した良い方法で
暮らさせてあげているのだろうと、思っています。

Cocoさん、そうですよ~。
むっちゃ、優しくて素敵な大阪女性です。
大好きな彼女です。 うふ

… 乗り突っ込みは出来るようになってました



… 天然なので突っ込み所満載ですが(汗)

がはははっはっっ
きっと、私でも、突っ込めるんだろうなぁ~~。ひひひ

ウッキー。
ホッとしました。
ウッキーも、Hanahanaさんやご家族がいないと …
なのに、違いないですね。

でも、彼はきっと、もしも、病院にいても、それがご家族の意向のもと
であれば、ちゃんと理解してて、幸せだと思いますよ。
フィンガーズクロス(幸運を祈るの意味)!!! 
Commented by yayoitt at 2013-05-22 05:16
Maama

ほんとに、そうだね!!
… 一生懸命生きる姿 … なんて美しくて愛しいんだろうね!!

可愛い可愛い、命だよね。

確かにね、毛のない生まれたばかりの姿って、ネズミなのか
なんなのか、わからないよね。私もわからないと思う。

きっと、この男性は、色々と病院に行ったり、ネットで調べたりして
必死に、育てたんだろうね …。

ありがとうね!! 
Commented by yayoitt at 2013-05-22 05:19
ポッキーママ

動物は、どの赤ちゃんも、人の赤ちゃんも、なんだか、同じようだよね。
そして、理屈抜きに愛おしいよね。

私も、↑ Maamaも言うように、きっと、リスとは思わないだろうな。

うんうん、特殊なミルクなのかな?
猫用のミルクとかかも知れないよね。
色々と調べたんだろうね、彼は、きっと、必死になって。
庭仕事も放ったらかして … ふふふ

この、動物を愛する人に、見つかってもらって、良かった。

本当に、良かったね!!

ありがとうね!!
Commented by yayoitt at 2013-05-22 05:37
nailedit さん

黒電話機くらいの大きさに育った亀さんですか!!
なんて、心温まる、勇気の出る話でしょう!!

そうなんですよね。
動物病院で、あまり診ていないエキゾチックの動物などは、
動物園に連絡を取るのが良いのだと、こちらでも、言われています。

ぶふふふ
これはなんですか、と動物園に …。
私もきっと、リスとは思えないだろうって思います。
毛のないシッポから、咄嗟に ネズミ と思うだろう … って。

でっかい男性が、その、でっかい手でもって、大切に、優しく愛しんで
育てたジップ … 幸せですよね。

あり溢れる動物虐待のニュースの中で、心救われる記事ですよね。

優しいコメント、ありがとうございます。

その後も、元同僚様は、大好きなカメさんと一緒に暮らして
いらっしゃるのでしょうか? 
Commented by yayoitt at 2013-05-22 05:40
風つわぶき さん

… 連続育児写真

その通りですよね。
一週ごとに、こんなにも、リスらしくなって行くものなんですね。

本当に本当に …
自然に、何かそぐわずに、うまくちゃんと母リスの元にいなかった
この赤ちゃんが、こうして、人の、しかも大の男の人の(ふふ)
手でもって、こんなに元気に成長するなんて、とても感動ですね。

私も、その後、どうしてるのかが気になりますが、
きっと、彼は、このリスにとって、最善の方法と選択でもって
幸せを確保できる生活を与えたのに違いないと信じています。

どうも、ありがとうございます! 
Commented by yayoitt at 2013-05-22 05:44
桂子っちん

私も、リスの赤ちゃんって、想像すらしたことがないから
この写真を見て、リスって言われて納得しただけで、実際に目の前に
この 動物 が現れたら、なんだろう?? ってわからないだろうと思う。

本当にね、きっと、彼は色んな専門家に尋ねたり、動物病院に
連れて行ったり、ネットで調べたりしたんだろうな ・・・ って
想像するよ。

… 忌み嫌われがちなネズミ

ほんと、そうだよね。
あんなに愛おしくって、賢く小さな体で動き働き回るネズミたちは
人間に、クモと同じく 気持ち悪い 怖い 汚い って
ただただ、敬遠されるものね …。

この、男性で、ほんとーーーーに良かった!!

ありがとうなっっ!!
Commented by しづづ at 2013-05-22 13:25 x
よ~く死なせずに立派になるまで育てたね~★
可愛いんだろうな~育てたそのコはまさに子なんだろうな。
小さな大きな幸せと喜びだよね。周りの人々も暖かく幸せに気持ちにしてくれる。
大きな手に小さな(どうしたらよいのか?!分からない命)助けを必要とする命。彼にとっては今や宝物で、育て上げた自信と誇りが身に付いただろうに。
リスにはしっかりとした安心出来る頼れるお母さん(お父さん)が出来たね、頼もしい!
Commented by yayoitt at 2013-05-23 04:58
しづづちゃん

ふふ

本当に、よく育てたよね。
きっと、必死になって、大急ぎで、庭仕事も放り投げて
色んな人に尋ねたり、ネットで調べたりしたんだろうなって思うよ。

我が子、のような思いだろうね。

その手のひらに余る大きさの体に宿る、重すぎる大き過ぎる
尊い命を、きっと彼は、ひしひしと、経験でもって感じるのだろうね。

素晴らしいよね。

こういう人の経験は、聞いた人に、大きな感動を与えるね。

ありがとうっっ しづづちゃんっっ ふふふ
<< スコットランドの気温と体感温度 桜の花びら キャンドル レンブ... >>