犬と猫と人間と2 動物たちの大震災
今年の5月より、公開予定です。

被災地の動物たちと、人々との映画。

 犬と猫と人間と2 動物たちの大震災

 壊れ果てた街を前にカメラを回しながら、
 心塞がれる思いで立ち尽くしていた時でした。
 突然、カメラの前を1匹の茶色くすすけた犬が、
 とぼとぼと走り去っていきました。
 心細そうに辺りを見やりながら、犬は、
 道路をまっすぐに駆けていきました。
 「動物たちも被災していた」
 そう感じた私は、その犬の後姿をじっと見つめていました。
 「どこへ行くのだろう」
 犬は自分の帰るべき家を知っているようでした。


  (監督 宍戸大裕 の言葉より)



 大震災というものを経験はしていないけれど …

 その時に、日本にすらいなかった私だけれど …

 画面を通される光景でしか、それは知らないけれど …

 犬や猫、そして家畜動物たちを巡って出会う、様々な人々の心の模様を …

 是非とも、この目でもって、見つめさせて頂きたい

 そう、望みます

by yayoitt | 2013-03-25 04:22 | 愛する動物のこと | Comments(0)
<< 本屋でさ、あれ、ほら、なんでな... 驚愕の … ロマンスグレー >>